通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
オーパ! (集英社文庫 122-A) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆全体的に日焼けがあります。全体的に使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オーパ! (集英社文庫 122-A) (英語) 文庫 – 1981/3/20

5つ星のうち 4.6 44件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 999
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オーパ! (集英社文庫 122-A)
  • +
  • オーパ、オーパ!!〈アラスカ篇 カナダ・カリフォルニア篇〉 (集英社文庫)
  • +
  • オーパ、オーパ!!〈モンゴル・中国篇・スリランカ篇〉 (集英社文庫)
総額: ¥3,145
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ジャングルを蛇行するアマゾンは魚たちのユートピア。名魚トクナレや殺し屋ピラーニヤ、黄金の魚ドラドなど、巨魚・怪魚を求めて褐色の大河に挑んだ60日、驚異の16、000キロ。(解説・菊谷匡祐)


登録情報

  • 文庫: 350ページ
  • 出版社: 集英社 (1981/3/20)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4087504026
  • ISBN-13: 978-4087504026
  • 発売日: 1981/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,494位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/13
形式: 文庫
はじめてハードカバーで読んだ20何年前、そっと一人で写真を眺めながら文章を読んでいるとブラジルに居る気分になった。読み終わってふと自分の周囲がブラジルでは無い現実に気付き、ブラジルに行きたくなった。で、実際にブラジルに行って、この本のままだということに気付いてからまた読み直し文章の上手さに感動。文庫本でもその雰囲気は充分伝わります。
これだけ版を重ねているのも日本での日常に無いものがストレートに伝わってくるからでしょう。一読後、ぜひ現地に行って「オーパ」というちょっとコミカルな含みもあることばを実際に聞いてきてください。この本のタイトルと内容がぴったりな事には、心から「オーパ!」(びっくり)です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
高校生だった時に初版本を見て、迫力に圧倒されました。
今再びキンドル版で忠実に再現されています。fireタブレットHD10の大画面でkindleサービスと大判写真の迫力を存分に楽しんでいます。このたびのOn Deck機能の実装により、microSDHCスロットがあるfireタブレットはkindle本をmicroSDHCカードに保存できるようになりました。カラー書籍でも容量を気にせず思う存分ダウンロードできるというものです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「オーパ!」久々に読みましたが、心ワクワクしながら楽しめました。
『無敵艦隊のオオカミ」という、名前だけは立派なオンボロ船での釣り魚行が文豪の筆致で存分に楽しめました。ピラニアの凄さ、悪魔のような所業を持つどじょうのようなカンジェロ、豪快にジャンプし釣り人と戦う黄金の魚ドラド・・・アマゾンに住む魚たちの話だけでも興味津々。
登場する日系人たちの奔放な個性や活力にも何とも言えない魅力があり、彼らの生活の場であるあるアマゾンの奥深さには圧倒されます。
高橋曻氏撮影の写真の数々は電子書籍で見ると一段と素晴らしく、感動しました。
日頃の仕事の煩わしさを忘れアマゾンでの釣行に酔わせてくれる、大人の楽しみを味あわせてもらえる本だと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
作品の内容については、何を述べても陳腐な表現になってしまいそうです。とやかく言うまでもありません。
是非、電子版をシリーズ化して下さい。小学館のkindle版全集も少しずつ買い集めていますが、やはり、オーパ!シリーズを始めとする写真入りの紀行文は、オリジナルに興奮した身としては文章だけでは物足りない気がします。
一つお願いしたいのは、写真についてです。
各章末にそれぞれ何枚かずつ写真が挿入されていますが、殆どの写真が巻末にまとめられていて、文章と写真が同時進行で見られないこと、写真とキャプションが別々になっているために、写真のキャプションを見るためにいちいちページを飛ばなければならないこと、このあたりを解決して頂けると、オリジナルの雰囲気がさらに味わえると思います。
本文に出てくる色んな風景の写真を見ながら文章を味わうというのが紙版の楽しみ方でした。
写真のキャプションについても開高先生が磨きに磨いた珠玉の一言だと何かの本で読みました。写真を眺めながらキャプションを噛み締め味わい楽しみたいものです。
シリーズ化と、写真の配置についての工夫を是非お願いしたいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2014/5/11
形式: 文庫 Amazonで購入
釣りはいろんなことを、教えてくれる。

大人になるにつれ、何でも解ったフリ、知ったフリをして、感動することが段々少なくなってくる。 子供のころのような純真(素直)さを、時々取り戻そう(脳の活性化にも)。

●:先人のやり方を教わり、活かす(最初から無理、無駄って思わないで、自分のやり方もやってみることも大事)。

●:思い切って行動、何でも挑戦してみる(事前に、入念な準備は必要だが)。

●:タイミングを計り、時に、諦め方向転換することも。

●:自分では、どうすることもできない環境に文句を言う前に、それを受け入れ、何かできることは無いか考え、善処する。

写真を見てるだけでも、まさしくオーパの連続。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヴェトナム戦記である「輝ける闇」以降のヘミングウェイ的路線を行く
開高に対しては賛否両論が分かれるが、私自身は開高文学のあり方から
すれば必然的なものであったと考える。彼はサントリーの同僚である
山口瞳のように日常生活をアイロニー、悲哀、ユーモアの力で奥行きの
深い世界として描く作家ではなく(それが日本の文学的伝統であるが)
あくまでも「非日常」「祝祭」「饗宴」(全て現在の日本には「ニセモノ」
しか存在していない)を求める作家であり、海外に目が向かうのは
ごく自然なことであると言えるだろう。本書では、開高がアマゾンの
大自然を背景に「饗宴」の限りを尽くしており、その華麗な文体は
開高の体験の一部たりとも逃してはいない。アマゾンの自然を
実物として知らない(大方はそうだろうが)読者でさえもあたかも
その場に居合わせているかのように感じ、「饗宴」の参加者と
なることができるであろう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック