通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オーバーロード7 大墳墓の侵入者 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

オーバーロード7 大墳墓の侵入者 単行本(ソフトカバー) – 2014/8/30

5つ星のうち 3.6 49件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 577

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オーバーロード7 大墳墓の侵入者
  • +
  • オーバーロード8 二人の指導者
  • +
  • オーバーロード9 破軍の魔法詠唱者
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

シリーズ累計40万部! !

期待と欲望に目を輝かせた"ワーカー"の集団が
未知なる遺跡――地下墳墓へ踏み込もうとしていた。

闖入者は、少数精鋭の“フォーサイト"、歴戦の戦士が揃う“ヘビーマッシャー"
伝説の老公“グリーンリーフ"、不敗剣士によるワンマンな“天武"
生贄を絡めとるがごとく、次々と姿を現す大墳墓の住人たち。
悪夢のようなナザリックから生還することはできるのか?

内容(「BOOK」データベースより)

期待と欲望に目を輝かせた「ワーカー」の集団が未知なる遺跡―地下墳墓へ踏み込もうとしていた。その偉大なる地へと依頼を受け、挑む闖入者は、“脱落者”。胸に秘めた想いを持つ、冒険者の影の側面を求めた者たち。少数精鋭の“フォーサイト”、歴戦の戦士が揃う“ヘビーマッシャー”、伝説の老公“グリーンリーフ”、不敗剣士によるワンマンな“天武”。生贄を絡めとるがごとく、次々と姿を現す大墳墓の住人たちが棲む悪夢のようなナザリックから、彼らは生還することができるのか?


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 395ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2014/8/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047298093
  • ISBN-13: 978-4047298095
  • 発売日: 2014/8/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,443位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 ナザリック攻城編開始といった感じで、守護者達に攻めてきた冒険者たちが蹂躙される話でしたね。色々評価はあるみたいですが、狩るライオン側と食べられるシマウマ側みたいな話で、これはどちら側に視点を置くかで感情が変わる話ですしね。
 私はこのお話はこういう話だと思ってるので、余り気になりませんでした。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
商品説明にある通り、ワーカー(冒険者崩れの何でも屋)の集団が調査という名の盗掘のために不運にもナザリック地下大墳墓に足を踏み入れてしまい…(以下お察し、という内容。

1~3巻までの「ダークヒーローもの」としてのオーバーロードを期待している方はきっと落胆する、あるいは胸糞悪く感じる内容だと思います。
今巻の「正義」は良くも悪くもアインズ様(強者・支配者)の意向だけです。相手の事情?なにそれおいしいの?
しかし、ワーカー達の個性を細かく描いた上で、アインズ引いてはナザリックの己勝手な都合という理不尽で塗りつぶす、という今巻の内容は「ダークファンタジーもの」としてのオーバーロードの方向性を確定させる重要なエピソードであり、一つの集大成であると感じました。

果たしてアインズは世界の絶対的支配者となるのか?はたまた後に現れるかもしれない勇者によって滅ぼされる魔王となるのか?今後の展開に期待!


他の方のレビューを見るとワーカー達の末路についてかなり意見が分かれているようですが、個人的にはアインズ(というかナザリック勢)が行った事は1~6巻とそれほど変わらないと感じました。
”アインズ・ウール・ゴウンを普遍の伝説にする(デミウルゴス曰く世界征服)”という最終目標を達成するために全てを利用
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
地下墳墓を舞台におびき寄せられた侵入者達が各々生還しようとあがく姿を描いている七巻。仲間同士の絆と残酷かつ理不尽な面が強く描写されています。
侵入者達は信頼する仲間同士でチームを組んでおり、彼らが強大な存在に立ち向かう姿は涙を誘った。ギャグ成分が薄く感情移入させるような構成となっているため、なんとも後味の悪い結末、読後感でした。

作中で気になったのはアルベドの行動、そして絶対者という偶像にアインズが縛られている所。下僕のコントロールが上手くいかないアインズですが、侵入者達と相対した際は良い魔王っぷりでした。
伏線は既刊でひっかかっていた部分が回収されており、また、新たな布石や過去にいたプレイヤーらしき存在の痕跡も描写されていて、web版との違いも大きく楽しめました。

イラストは既刊と比べアニメ絵寄りになっていて、色々可愛く、格好良く描かれていた印象。個人的に一番良かったのは後半の見開き絵。
いい意味でオーバーロードらしい絵なのですが、あれはアニメ化する作品の挿絵とは思えませんね。
色々おだやかでない七巻でしたが、次巻は恋愛と日常モノ。何か仕込んであるんじゃないかと心配ですが楽しみにしています。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
確かに後味は最悪でした。

なんかもぉ、神も仏もない感じ。

個人的には嫌いな結末でした、が!

そもそもそれが面白いからここまで来たんだよなぁっと、

この結末が好きで残虐される描写が良いなんて事は、決して、決して!思いません!

ただこんな事する物語を、自分の大切な物の為には残虐さえいとわない主人公を、読んだ事ないから、だから面白く感じるんです!

それでも繰り返しは読めないけど。

物語としては面白かったので星4つです!

ふるいをかける為にこのエピソードがあるわけじゃない。

オーバーロードは元々こういう物語だと気づけなかった方の浅慮でありますよ?



デミさんなら言うと思います。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 今回は様々な理由で金銭を求めて主人公の居城「ナザリック大墳墓」に侵入した者達を罠をもって絡め取ります。
 今後の展開を除いてメイン部分はほぼweb版の内容と変わりませんが、既読者は生存したはずの者が容赦なく殺害されているのと、初見の方もエピローグの余りの救いようのなさに驚いていると思います。
 
 原因としてはわざわざ誘い込んでおいて踏み込まれたことへの怒りを露わにすると言う身勝手さ。
 一応、小説版では主人公のクレバーさと人間味で相殺されている感があります。
 あとは、毎度の如く詳細に語られ、特に今回は同情すべき事情が読者には語られているのに、それを知る由ない主人公には冒涜される有様。
 
 ただ、色々と転機になる巻であったと思います。
 まず、舞台が今までの王国から帝国に移り、新たなる建国事業に大目的が移った点。
 次に、主人公の賢さが上がりつつも、次第に人外の価値観に呑まれつつある危うさ。
 敵対者も次第に動き出しています。

 このシリーズは人を選びます。
 身内相手には「魔王」として動かざるを得ない主人公は今までも弱肉強食の名の下に非道を行ってきました。
 一応、名分の立つそれに昏い喜びを感じる読者相手に許容点を試してきたのでしょう
...続きを読む ›
1 コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー