サンプルを聴く
再生中...
読み込み中...
一時停止

オーバーロード7 大墳墓の侵入者(前編) Audible版 – 完全版

5つ星のうち 3.4 80件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
Facebook Twitter LINE
Audiobook Image
オーバーロード7 大墳墓の侵入者(前編)
丸山 くがね (著), 吉開 清人 (ナレーション), 森 史絵 (ナレーション)
無料体験終了後は月額1,500円。いつでも退会できます。
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。
  • 購入したタイトルは退会後もずっとあなたのもの。

Audibleが販売・配信します。
AudibleはAmazonの関連会社です。


登録情報

  • Audible版
  • 再生時間: 6 時間  5 分
  • プログラムタイプ:オーディオブック
  • バージョン: Unabridged
  • 制作: KADOKAWA
  • Audible 配信日: 2019/2/15
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ASIN: B07NBQLCXZ
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2018/8/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
人外揃いのナザリック住人達、というのはわかっていたつもりだが、やはり恐怖公だけは無理。無理ったら無理。

あと、アルベドが段々怖くなっとる。いやん。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/8/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
魔王側から見ると人間なんてゴミ屑ですから、その居城に報酬や財産目当てに乗り込んできた盗掘者たちなど、まさに人が蚊を叩き潰すのと同様に処分したのですな。その様がこうなるだろうなという展開で表現されていました。面白かったですよ。やられる人間側からみると酷いかもしれませんが、未知の遺跡に踏み込んだ者が当然負うべきリスクでしょうな。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/6/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
ナザリック側の視点では軽快に敵を罠にかけていく様が楽しめますが、狩られる人間側にも感情移入できるように書かれているため人間側の視点に立つと残酷な運命に目を背けたくなるかもしれません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/5/10
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメ2期を見終わって7巻から購入しました
ペストーニャどうした?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/4/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
5、6巻のゆるゆる路線からずいぶん立て直した印象。
物語は進みませんし、構成上これといったアイデアもありませんが。
この雰囲気を維持したまま、大きな展開を期待します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ついに動き出すとは!しかし、救われない人達が多く登場する作品だとは思うのだけど、あの子たちの行く末が気になってしまう…アインズ様ならなんとかして…わけないかな。他のユグドラシルプレイヤーの存在もはっきりしてきたし、どんどん読み進めていきたいと思える作品だね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/6/19
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメから入った勢ですが、なかなか読み応えがあって面白かったです
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
基本的に主題が「オーバーロード」なので、アインズが主人公。なのでアインズ視点からの進行こそが主軸でブレが無い物語の姿だと私は思う。
ので、たしかにこの巻は惨いが、ナザリックにおいて、それに対する者達に対してのアインズの決定と行動は必然である、と思う。
これが「アインズ・ウール・ゴウン」である、と。
正義の味方でも何でもないよ、と。
アニメでも確認してるしねワーカー達に。(モモンの姿で)
目的は「金だ」と答えるワーカー達に「命を懸けるに値する程の対価を得ているのか」と('ω')。彼らはそうだ、と言い、アインズはそれを聞いて『「とてもくだらない」事を聞いた。すまなかったな。』と述べているシーンがあった。
この時点でワーカーの運命は決まってたし、やっぱり必然だった。おそらく返ってきた答え(理由)があまりに「くだらなかった」ので、「なら容赦する理由も必然もないな」と決定したのだと思う。
彼らがもっと違う、何か必死な理由を持っていて、それを伝えるシーンがあったなら、もしかすると運命も変わっていたかもね。
彼らがお金を対価に「賭けた」のは『命』。ゆえに、この結果も必然。
そしてナザリックは、正義の集団でもなんでもなく、むしろこの世界でも元の世界でもイメージとして「魔王の居城」という位置づけに近い場所であり
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2016/8/19
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 まず、この巻は、主な話はワーカーという冒険者とは異なる裏稼業の人たちがナザリック地下大墳墓に侵入しアインズ様たちと戯れるという話です。読んでからAmazonの様々なレビューを拝見しましたが個人的にはとても面白いと感じました。
 ネタバレになりますが侵入した人たちは、もうぼっこぼっこです。まさに「侵入者に救いはないんですか!!」という感じに、何人かの方が気に入らないのは、主にこの部分でしょう。確かに前半部分で侵入者のチームの事情や日常、内情を描き親近感を持たせ、後半にアインズ様達になすすべもなく蹂躙されるのは作者の悪意すら感じます。
 ですが、この本の主軸はアインズ達圧倒的強者による蹂躙や、主人公がありがちな強い正義感を持つ善人ではないことにあると私は思います。なので個人的な考えですが、この巻ではこれらを上手く表現していると思います。
 侵入者からみた圧倒的強者への絶望的視点、アインズ様達の侵入者に対してのまるでモルモット扱うような行動、特にこれらはよく表現されてると思います。
 なので私と同じような視点で見ている方は面白いと感じると思います。ですがヒーロー物を期待してる人には胸糞かもしれません。
最後に…アインズ・ウール・ゴウン万歳!
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
侵入者が可哀想と思う方も居る様ですが、ワーカー達も自分の家にスケルトンが居れば間違いなく有無を言わさず殺すでしょう。ナザリックへの侵入という大罪を犯した者たちは殺されて当然。
私はそれよりもじいはもっと強者なのかと思ってましたが、簡単に堕ちた事に驚きました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー