通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オーデュボンの祈り (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オーデュボンの祈り (新潮文庫) 文庫 – 2003/11/28

5つ星のうち 4.0 275件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,160
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オーデュボンの祈り (新潮文庫)
  • +
  • ラッシュライフ (新潮文庫)
  • +
  • アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
総額: ¥2,234
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   既存のミステリーの枠にとらわれない大胆な発想で、読者を魅了する伊坂幸太郎のデビュー作。レイプという過酷な運命を背負う青年の姿を爽やかに描いた『重力ピエロ』や、特殊能力を持つ4人組の強盗団が活躍する『陽気なギャングが地球を回す』など、特異なキャラクターと奇想天外なストーリーを持ち味にしている著者であるが、その才能の原点ともいえるのが本書だ。事件の被害者は、なんと、人語を操るカカシなのである。

   コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失い、見知らぬ島で目を覚ます。仙台沖に浮かぶその島は150年もの間、外部との交流を持たない孤島だという。そこで人間たちに崇拝されているのは、言葉を話し、未来を予知するというカカシ「優午」だった。しかしある夜、何者かによって優午が「殺害」される。なぜカカシは、自分の死を予測できなかったのか。「オーデュボンの話を聞きなさい」という優午からの最後のメッセージを手掛かりに、伊藤は、その死の真相に迫っていく。

   嘘つきの画家、体重300キロのウサギさん、島の規律として殺人を繰り返す男「桜」。不可思議な登場人物たちの住む島は、不条理に満ちた異様な世界だ。一方、そんな虚構に比するように、現実世界のまがまがしい存在感を放つのが、伊藤の行方を執拗に追う警察官、城山である。本書が、荒唐無稽な絵空事に陥らないのは、こうした虚構と現実とが絶妙なバランスを保持し、せめぎあっているからだ。本格ミステリーの仕掛けもふんだんに盛り込みながら、時に、善悪とは何かという命題をも忍ばせる著者の実力は、ミステリーの果てしない可能性を押し開くものである。(中島正敏)

内容紹介

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島"には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 464ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101250219
  • ISBN-13: 978-4101250212
  • 発売日: 2003/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 275件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,798位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
伊坂作品ははずれがありません。届いてすぐに読みましたが非常に面白かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Sanroppa 投稿日 2013/8/15
形式: 文庫 Amazonで購入
独特ですよね。
伊坂さんの独特雰囲気の小説の
代表的なものではないでしょうか?
5回ぐらい読みました。
ちょっと異色。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
伊坂さんの本、続けて読んでみようと思います。
発想がとてもついていけなくて、次が読みたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ICHIRO トップ500レビュアー 投稿日 2007/7/19
形式: 文庫 Amazonで購入
正直、1度目は読むのが退屈だった。優午というしゃべるカカシなど、
次々と奇妙な登場人物がでてきて、一見、脈絡のない行動をとる。
それが最後に来て一点に収斂されていくわけだが、
最後の数十ページまでの300ページがシュールすぎて
ワケがわからなくなることがあった。

これはいかん。最近、わかりやすい小説ばかり読んでいるから……と
再読して、300ページの無数のエピソードがきっちりと
ジグソーパズルのように関連し合っていることがわかる。
己の読解力を反省しつつ、伊坂幸太郎という作家の底知れなさを実感した。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まずは登場人物が多すぎる。
案山子の優午が殺されその後も殺人事件がおきるが、???こんな人物いたっけ?って
読み直す始末(笑)

これならアヒルと鴨のコインロッカー、
死神の精度の方が何倍も面白い!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
特に読書家でもない私は普段作者で本を選びません。読み終わった作品の作者を知ろうともしません。背表紙や帯、あとはタイトルで選んだ結果…本棚には『伊坂幸太郎』がずらりと並んでいました。(本屋で買ったときに紙のカバーをかけてもらうから並べても気づかなかった)
『オーデュボンの祈り』を買ったのが2003年なので、知らないうちに14年の付き合いになっていました。
私はミステリーというジャンルの定義をあまり理解していないので、どうにも伊坂氏がミステリー作家とは思っていませんでした。
だって、ミステリーってもっと、傍目には不可思議な事件を現実的なトリックなどで論破するようなイメージだったんです。
ところが、『島』でいきなり出ますOZの魔法使いよろしく案山子の『優午』と、いろいろと超越している殺し屋『桜』、そのほかまるで古い童話に登場するかのような登場人物たちのダーク?ファンタジー…と思っていたら、出てきましたよ、『城山』
城山の狂気描写は、ほんと陰鬱な気分になりながら読みました。読みながら、「こいつ!ひどい目にあえ!めちゃくちゃひどい目にあえ!」と願いを込めてしまいました。
…どうなったかは読んでみてのお楽しみということで。(城山以外にもひどい奴は出てきますが、回想のみ…)
最後の演奏シーンまでたどり着いたとき、ひどく残酷なこ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
職業病から退職し自暴自棄になった主人公はコンビニ強盗に失敗し、パトカーに捕まる。

その警察官は偶然にも主人公の恐怖の同級生(親は政治家、端整な顔立ちに成績優秀でありながら、学生時代から密かに様々な他者をいたぶり続けてきて人を壊す事が生き甲斐。見知らぬ他人の信用を容易に得られて犯罪に至れるという理由のみで警察官になったサイコパス)だったため、
何とかパトカーから逃亡した主人公は親切な人に船に乗せられ離島へ。

その離島は150年前から鎖国し続けていた異例の環境だった。
島民は、『奥さんを強姦殺人されてから、常に真実の反対を口にし続ける元画家』や、
『島の人災=彼が人を撃ち殺すには必ず相手が悪い事をしたからであり、誰かを撃ち殺しても唯一許される猟銃使い』や、
『人と会話を交わし、未来がみえるカカシ』等、
不思議だったり何処か壊れた人たちばかり。

そんな不思議な島で起きる事件と鮮やかな終着。

以上、そんな内容です(^-^*)/
2回目再読本ですが、ほとんど忘れていたので純粋に楽しめました!

この作品は伊坂幸太郎さんのデビュー作品であり、
伊坂さんの長所『犯罪に密接に関わるダークな環境でありながらも、雲のように掴み
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ファンタジーとも言えず パラドックスとも言えず わかりませんね。
ご都合主義ばかりで どこがいいのかね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー