通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オーダーメイド殺人クラブ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

オーダーメイド殺人クラブ 単行本 – 2011/5/26

5つ星のうち 3.8 35件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オーダーメイド殺人クラブ
  • +
  • ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中学二年のふたりが計画する「悲劇」の行方
親の無理解、友人との関係に閉塞感を抱く「リア充」少女の小林アン。普通の中学生とは違う「特別な存在」となるために、同級生の「昆虫系」男子、徳川に自分が被害者となる殺人事件を依頼する。

内容(「BOOK」データベースより)

クラスで上位の「リア充」女子グループに属する中学二年生の小林アン。死や猟奇的なものに惹かれる心を隠し、些細なことで激変する友達との関係に悩んでいる。家や教室に苛立ちと絶望を感じるアンは、冴えない「昆虫系」だが自分と似た美意識を感じる同級生の男子・徳川に、自分自身の殺害を依頼する。二人が「作る」事件の結末は―。少年少女の痛切な心理を直木賞作家が丹念に描く、青春小説。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 376ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087714039
  • ISBN-13: 978-4087714036
  • 発売日: 2011/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 447,845位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 gonroku 投稿日 2015/12/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
「何?」って、だるそうに会話をする徳川君の別小説が読んで見たい。

チヨダコーキを愛し、絵画の才能があるのであれば、時代が許せば、

スロウハイツの住人だった。なんてこともあるかもしれない。

そんな彼が若かりし中学生時代に何を感じ、どのような行動を起こしたのか。

彼の心の葛藤が知りたくなりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
女子中学生の日常の話がとても長く感じた。同じことを何度も繰り返し繰り返しで話が中々進まないのでもやもやしながら読みました。
そんなに日常の出来事を執拗に描く必要があったのかわかりませんでした。

クライマックスを迎え徳川の印象がガラッと変わったことにもどうにも納得がいかない感じでした。あれだけ病的な徳川が個性的くらいに変わる変貌ぶりには正直落胆した。読まなきゃよかったという印象です。

著者の作品は初めて読んだのでこれから読むかどうかはわかりません。
中二女子の気持ちなど、女性のどろどろした部分を読めたことは唯一よかった所です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アン自身が認めていたように自意識過剰な中二病。アンはそれがちょっと強烈みたい。
芹香たちに無視されただけでこの世の終わりかのような絶望に襲われたり、平凡な一少女、a girlで終わらせたくないから、事件の犠牲者でありたい、命を捨ててでも、特別な存在でいたい、その堅い意思? 河瀬や徳川を好きなのかどうなのか、微妙に揺れ動く心・・・

アンは「中二病」がちょっと極端だけど、誰しもそんな時期あったよね・・・

ただ、いろいろとドロドロの修羅場が登場した割には、最後はあっけないほど、丸く収まって、少し拍子抜け。
誰もが、幸せになって・・・ 別にアンに死んでほしかったわけじゃないけど、この本全体から、完ぺきなハッピーエンドは適してないような雰囲気を感じ取っていた私は、少し落胆してしまった。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初の辻村作品でしたが、完全に翻弄されました。そもそもこの作品を読みたいと思ったのは、電車の中吊り広告がきっかけで、はっきり言って表紙とタイトルと「痛切な青春小説」といううたい文句に惹かれてであり、辻村さんが直木賞を取った人気作家だということなど全く知らなかった。あらすじの時点で私は作者の罠に嵌っていたのだろう。予想は何度も裏切られ、時に怒り、時に悲しみ、時に笑いながら読み終えた。ずっと翻弄されっぱなしだった。
この作品は今中学生真っ只中の少年少女に特に読んでほしい。人間関係の悩み、アイデンティティーの探求など共感できること間違いなしだ。自然と涙が溢れるかもしれない。しかし、青春時代を終えた人々も、きっとあの頃を思い出して共感できることだろう。
私は辻村さんの話のまとめかたがとても好きになった。これから他の作品もたくさん読みたいと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
割とグロテスクなシーンもあります。
ネズミが死んじゃってたり。
表現方法が物凄くリアルで
ゾックゾクしながら読みました。
高校生時代に読んだので特に共感しました。
でも、ここまでリアルなアンの心情が描かれていたのでオーダーメイド殺人までしたらと考えたら見たくなります。どんな感じで殺されちゃうんだろうとか、どんな展開があって殺されるんだろうとかいう心情で読んでたので、良い意味でも悪い意味でも裏切られましたね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
青春小説と書きましたが、決して爽やかな内容ではありません。

メインの登場人物二人はいわゆる厨二病で、周囲の登場人物もどこか嫌な一面を持っています。最初の100ページは読んでいると苛々すること請け合いです。

それでも青春小説と書いたのは、この作品が青春と呼ばれる時期に起こりうる心の動きを丁寧に描写しているからです。こんな時期、あったなぁと共感できる人も多いのではないでしょうか。

また、作者のストーリテリングも素晴らしく、ページを繰る手を止めさせません。

そして何よりラストの予想外の爽やかさ! これを読んでしまえば、青春小説と書きたくなるものです。

個人的には、今まで読んだ小説の中で五本の指に入る傑作だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー