この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オーストラリアで暮らしてみたら。 単行本 単行本 – 2001/11

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小学一年生を筆頭に3人の子連れでブリスベンに移住。そこから一家5人のアタフタドタバタ劇が始まった。日本とはまったく違う尺度で生きる人々の中に裸一貫で飛び込んだ最初の一年の当惑や驚き、そして感謝の気持ちをありのままに綴った体験記からは、住んでみなくちゃわからないオーストラリアの“ホント”がみえてくる。著者ならずとも、いつしか「愉快な国」オーストラリアのトリコになる一冊。

著者からのコメント

こんな人生もある 「出世よりも残業代よりも、自分と家族の時間が欲しい」。そう考え、外資系広告代理店でのコピーライターの職を投げ打って、オーストラリアに移住。物書き生活に突入しました。仕事はなかなか増えないが、アハハとトホホには事欠かない日々。元気のない今のニッポン、特に不況とリストラにおびえるサラリーマンとその家族に、ハチャメチャな笑いをお届けしたいと思います。「なんだ、こんな生きかたもあったのか」と思っていただければ幸いです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 251ページ
  • 出版社: JTB (2001/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4533039367
  • ISBN-13: 978-4533039362
  • 発売日: 2001/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 341,096位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
色々な困難を克服して前向きにがんばっている様子は、すごく元気を与えてもらえて、作者に感謝しています。
今の日本は、働き盛りの30~50台の男性の自殺率がすごく高く(日本は交通事故死者数が年間一万人に対して、自殺者は年間3万人の国です)、移住した本人がオーストラリアに来ることによって自殺したくなる雰囲気に陥るか?というと全く逆のような気がします。
税金に関しても、日本では税金以外の項目になっている年金や健康保険、雇用保険などはオーストラリアでは税金に含まれています。また、日本の住民税はこちらでは所有者が支払うわけで、オーストラリアの方がより受益者負担の公平性があると思います。さらに、課税率も、オーストラリアの最高は47%。日本は65%です。これは日桊œ¬!は共産主義以上に働く意欲(成功する意欲)を殺ぐ精度であるといえます。さらには、「見えない税金」が日本では恐ろしく高く(高速道路代や公共料金などの物価が)生活感覚としての圧迫感はオーストラリアの比ではありません。
また、相対的可処分所得は平均でもオーストラリアの方が高いことは、オーストラリアが住みやすい国であることを物語っていると思います。著者は、為替の利点を指摘されて、オーストラリアに居ながらにして日本円を稼ぐ実例を示したわけで、これからのネット社会での生きる道としての素晴らしいサンプルだと言えます。こ
...続きを読む ›
1 コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/9/7
形式: 単行本
 僕は高校の頃からオーストラリアに留学してます。オーストラリアの自殺者の数は日本より少なくてあたりまえです。人口が二千万しかいないからです。
 でも、若者、特に男子の自殺率が日本より高いのは本当です。僕が高三のとき、学校の課題で自殺のレポートを書かされたことがあります。自殺の日というのもあり、若者に自殺しないように呼びかけています。
 僕など、どうせオーストラリアでは就職できないから関係ないけど、地元の生徒はかなり大変です。若者男子の失業率は20%とか言ってるし、麻薬なんかもかなり広がってるし、日本のように中高年になるまで生きることすら出来ずに、自殺してしまうんです。
 僕も最近、やっとオーストラリアのことが分かってきたのか、始めに思ったほどいいとこではないと思うようになりました。
 この本には、夢はあるが、現実がない。イルージョンで終わってます。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、家族5人でオーストラリアに移住した著者と家族の、定住時期における生活上のエピソードを中心としたものである。そこには、移住者として直面する様々な問題から、オーストラリア社会の一面を明らかにしている。
著者の「移住決断」は、日本でもコピーライターとして十分に生活できていたが、過酷な労働環境から、家族との時間がとれず、収入は多くとも、「生活を愉しむ」ことができなかったためである。そこで、英語圏、時差がほとんどない、妻が英語に堪能などの理由からオーストラリアを選択したという。
このため、本書の記述は、オーストラリアのいい面・悪い面はあるにせよ、「生活を愉しむ」という所期の目的はほぼ達成できたということからも、それらをあるがままに受け入れ、自分なりに解釈し、位置づけていくというものである。また、さすがにコピーライターだけあり、記述には皮肉も効いており、痛快である。
この意味において、本書は、グローバル時代の移住のあり方として、母国でも十分に生活していける者が、さらなるライフチャンスや「よい生活」を求めて移住するということを示すものである。著者はこの点を別のところで「移民第三世代」と位置づけているが、極めて正鵠を得ていると言えよう。
すなわち、日本とオーストラリアという、オール・オア・ナッシングの選択ではなく、著者が述べるように「好きな国が二つあ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/8/27
形式: 単行本
 この著者の本は、どうも、オーストラリアの実態を把握していません。本気にしない分には、いいですが、旅行業者や観光局のパンフレットのような感じです。
 例えば、オーストラリアのついても、客観的な事実が述べられていませんし、この本を読んでオーストラリアに住みたい思うようになる人も多いかもしれませんが、オーストラリアが、自殺率が世界で四位とか、税金が日本よりはるかに高いとか、その割に平均収入がとても低いとか、ぐうたらばかりで、まじめに働かない人間が多いとか。
 著者はオーストラリアのうわべだけしか捉えていないですし、突っ込んだ、オーストラリアの実態を見ていません。
 旅行業者の出版物ですから、本当のこと書いて、お客が減ると困るのかも知れませんが
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック