中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【初版】『営業所留』は可能です。漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、他社の値札シール、細かい傷や日焼け等がある場合がございます。特典や付属品はメールにて問い合わせ下さい。ゆうメールで配送できる商品はゆうメールです。ゆうメールで配送できない商品は宅急便にて配送させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オーシティ 単行本 – 2011/2/19

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,667 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ここは世界一のギャンブルシティ。かつて「大阪」と呼ばれていた、人生最高の悪夢に酔うヘブン。 金の臭いでむせ返る町で、絵本探偵・羽田誠は謎のターゲット“耳”を追う。リミット3日、人質は……キン●マ!? 優しい目の極悪刑事、しゃべくり続ける夫婦殺し屋、超人的な聴覚を持つ盲目の娘――最後に立っているのは果たして誰だ? 突然に襲う爆笑と涙、意外性の嵐に油断は大敵。100%規格外の超速クライムサスペンス誕生!

内容(「BOOK」データベースより)

大混乱の嘘つきゲームが終わった時、立っているのは果たして誰だ?ラストは呆然、そして涙のどんでん返し。劇団「ニコルソンズ」を主宰する著者が、大阪への愛と幻想を全開にした傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103290412
  • ISBN-13: 978-4103290414
  • 発売日: 2011/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,083,287位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 財政破綻した大阪はカジノを誘致し欲望と犯罪の街・オーシティとなった。
 その街に巣くう死神・愛染から耳を探せと言われた絵本探偵・羽田誠は自身の命を人質に、謎のターゲットの耳を探す。
 娼館を支えるママ、しゃべくり漫才のような夫婦の殺し屋、超人的な耳を持つ盲目の少女、一癖も二癖もある人物たちが物語を二転三転させる。

 「悪夢のエレベーター」の著者で、劇団ニコルソンズの脚本・演出家の木下半太さんが、生まれ故郷の大阪を舞台に書いたクライムサスペンス。
 一時、大阪府の橋下知事がカジノを誘致するという戯れ言を言い出した時に、話題になった作品ですが、ストーリーは特にそういった話ではなく、オーサカの猥雑さを演出するスパイスにしている感が強いです。

 「悪夢のエレベーター」もそうですが、章ごとに視点が変わるので、好き嫌いが分かれるのではないかと思います。私自身は、「悪夢のエレベーター」ほどのめり込めませんでした。
 もう少し登場人物、ストーリーとも振り切れてしまった方が面白かったような気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
木下半太お得意の多視点で進んで行くストーリー。 皆が争って探していた耳。途中から耳である必然性が薄れ、その隠し場所すら「そう」する必要はなし。 動機付けは麦子の場合は納得いかず。と不満は多々あります。 しかし、シャムとモアイの掛け合いは爆笑でした。 最後のちょっとした仕掛けも僕好みです。 木下半太ファンは是非読んでみてください。 そうでない方は、悪夢シリーズから始めてみたら好きになれると思います。エンターテイメントとしては最高に好きな作家さんです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告