オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組)... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

5つ星のうち 4.6 136件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,298
価格: ¥ 3,136 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,162 (27%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,136より 中古品の出品:7¥ 2,132より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
  • +
  • ブラス! [DVD]
  • +
  • ミュージック・オブ・ハート [DVD]
総額: ¥6,239
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アレクセイ・グシュコブ, メラニー・ロラン, フランソワ・ベルレアン, ドミトリー・ナザロフ, ミュウ=ミュウ
  • 監督: ラデュ・ミヘイレアニュ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: フランス語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2010/11/04
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 136件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003ZUZ0XY
  • EAN: 4907953036420
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,574位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

さぁ、人生を奏でよう。寄せ集め楽団が巻き起こす感動の物語。

■セザール賞で、作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、音響賞、オリジナル作曲の6部門にノミネート、うち、音響賞、オリジナル作曲の2部門受賞

■クラシックの名曲の数々にのせて贈る、奇跡の感動作。「まるで、本物のコンサートを聴いているかのよう」。
チャイコフスキー、モーツァルト、シューベルト、シューマン・・・愛すべきリベンジ楽団の大逆転に、笑って、泣いて、拍手喝采。
本作には、チャイコフスキー、モーツァルトなど数々の名曲の数々が贅沢に使われている。コンサートのシーンはパリのシャトレ座の全面協力を得て撮影され、ヴァイオリン指導にはフランス国立管弦楽団の第一奏者サラ・ネムタヌ、音楽監督には多くのバレエ音楽を作曲し『サガン 悲しみよこんにちは』などを手掛けたアルマン・アマールを迎え、本物のコンサートに匹敵する迫力と感動をうみだした。

■劇中で使用されるクラシックの名曲の数々
♪モーツアルト/「ピアノ協奏曲第21番」
♪チャイコフスキー/「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」「白鳥の湖」
♪バッハ/「無伴奏チェロ組曲第1番」、「二つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043」
♪ロッシーニ/「ウィリアム・テル」
♪シューマン/「夕べに」「なぜ」
♪ドビュッシー/「西風の見たもの」
♪パガニーニ/24のカプリース作品1
♪ハチャトリアン/「剣の舞」
♪マーラー/交響曲第1番「巨人」
♪リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェラザード」
♪ラロ/スペイン交響曲作品21
♪メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64

【ストーリー】
劇場清掃員として働くさえない中年男アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)は、かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だった。彼は、共産主義時代、“ユダヤ主義者と人民の敵”と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶し、名声の絶頂期に解雇されたのだった。
ある日、清掃中にアンドレイは、1枚のFAXを目にする。それは、演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、パリのプレイエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいという内容だった。その瞬間、彼は、かつての仲間を集めて偽のオーケストラを結成、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込むことを思いつく。

【キャスト】
アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ドミトリー・ナザロフ、ミュウ=ミュウ

【スタッフ】
監督: ラデュ・ミヘイレアニュ、製作: アラン・アタル、脚本: ラデュ・ミヘイレアニュ、アラン=ミシェル・ブラン、マシュー・ロビンス、音楽: アルマン・アマール

【封入特典】ブックレット
【映像特典(計約50分)】メイキング、劇場予告編(オリジナル/日本版)、未

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

冴えない清掃員として働いている天才指揮者が、仲間たちと過去の栄光を取り戻そうと奮闘する姿を描いた人間ドラマ。1枚のFAXを目にしたアンドレイはかつての仲間を集め、ボリショイ交響楽団代表に成りすますことを思い付く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2011/3/20
形式: DVD
ちらっとこの映画の内容を知っている人。この作品は、あなたの予想通りに進展します。
でもそこから受ける感動や流れる涙の清冽さは、予想を超えているでしょう。

『アマデウス』がモーツァルトの音楽を、クラシックという枠や教科書的なものから解放したように、
この映画はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲に、生命を吹き込んでいく。

映画の作りは、堅実、丁寧、適確(監督はフランス人。基本はフランス映画で、役者はロシア人。舞台は両方)。

最初はロシアの映画だと思って見ていたので、『ジプシー・キャラバン』や『耳に残るは君の歌声』
(J・デップ主演)に出演した、超絶技巧ロマ・ヴァイオリニストが役者として登場し、演技をしているのを見て、
(あれ?)と思ったが、フランス映画だと知って納得。

少しずつ入るクラシック音楽が、徐々に物語を盛り上げる。
複数はられた伏線が、集結部ですべて収束される(意外な裏切りもあり)。
全体は、きわめてまじめで、映画的だが、コメディのトーンを最後まで堅持する。
そこが逆に映画的知性を感じさせてくれる。

*以下、内容にふれています。

音楽映画でよくあるのが、主人公が設定と違って楽器
...続きを読む ›
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
 コメディの手法で作られていますが、描かれている背景が大変に重いため、政治的な批評を含んだ感動の物語となっています。
 元KGBの職員が、全くもりあがらない共産党集会のために必死で努力しているところなど、単純な悪など存在しないことをちゃんと現していて、感心しました。

 日本では、音楽的な下手を、音を外すという表現で表す事が多いのですが、この作品はきちんとした音楽監修がされており、ちゃんと弾けても下手、数小節弾いても圧倒的に上手いとわかるなどという状況が、きちんと聞き取れるようになっています。

 普通に考えたら、30年まともに弾いていない人達が演奏できるというのは奇妙なのですが、その事情、単なる追放ではなく途中で打ち切られてしまった演奏という状況が説得力を生みだしています。
 音が止まった瞬間から、オーケストラのメンバーの耳の中にその曲は30年鳴り続けたのだろうな、と。

 ありえない話ですが、ありえない話をありえる話にするための細かいリアリティのつみかさねが素晴らしい作品です。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
何度観ても涙が溢れてくる、音楽映画の大傑作。レンタルして観たのだが、監督はおろか、出演している俳優・女優も全然知らないのに、2時間の間、全く飽きることがなかった。観終わった瞬間、金もないのにDVDを注文してしまっていた。そんな魅力たっぷりの作品である。

ガチガチの共産主義者が、かつて「反共的である」として取り締まっていた音楽を聴き、「神よ、あなたは存在したのですね」と言うシーンは、一人の人間がイデオロギーから解放され生まれ変わった瞬間として、何度観ても泣いてしまう。ああ、このレビュー書いてるだけでも泣きそう(ρ_;)
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 ボリショイ劇場の清掃員アンドレイは、以前は超一流の指揮者だった。
国によるユダヤ人団員排斥運動に抵抗した為にマエストロの座から引きずり降ろされ、
アルコール依存症になり、かつての栄光とは程遠い日々を過ごしている。
それでも音楽への愛は喪えない。そんな彼に起死回生のチャンスが訪れる。
パリでの上演に彼が選んだソリスト、アンヌ=マリー・ジャケとは誰なのか?

 笑えて泣けて考えさせられるという、私が一番好きなタイプの映画です。
特に体制崩壊後の滅茶苦茶な無秩序さは、笑った後でじわじわと実感が湧きます。
なんたって偽造パスポートを空港のロビーで作っちゃうんですよ? 流れ作業で。
 パリ公演のリハより、外貨獲得の為の密輸やアルバイトを優先してるし。
演奏前にギャラを支払え、と殺気立って劇場側のスタッフを締め上げるし。
共産党時代の幻を必死で追い続ける人物には『グッバイ!レーニン』を思い出しました。

 作品の鍵になるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は勿論のこと、
パリに来た団員たちが酔いどれて歌う「オ シャンゼリゼ」や、
地下鉄の車内で踊りまくる時に流れる「剣の舞」など、どれも耳に楽しく美しく、
人間は言葉では争うけれども音楽では争えない、と改めて思いました。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...

関連商品を探す


フィードバック