通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オーガニック革命 (集英社新書 526B) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オーガニック革命 (集英社新書 526B) 新書 – 2010/1/15

5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オーガニック革命 (集英社新書 526B)
  • +
  • サバイバル時代の健康術 ~アーユルヴェーダで頭と体のバランスを整える (宝島社新書)
  • +
  • SOUL RESET 魂の再起動 魂の声に耳を澄まし、未来を見通す方法
総額: ¥2,853
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



AKB48入山杏奈 ファースト写真集「美しい罪」
クールビューティなイメージが定着している彼女の新たな一面に注目! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

高城剛は、なぜ東京を去り、モノを処分し、生き方を変えたのか?
金融危機のロンドンで体感した、「21世紀の処世術」 クリエイター・高城剛は、金融危機の渦中にあったロンドンで、一つのムーブメントに出会う。かつてこの街の路上からパンクやニューウェーブが生まれたように、 21世紀のロンドンの路上からは「オーガニック」というムーブメントが広がっていた。それは単なる健康食ブームではなく、 20世紀的資本主義からの解放を希求する「運動」だ。オーガニックという価値観をキーワードに、 21世紀を生き抜くためのライフスタイルを探る。

内容(「BOOK」データベースより)

クリエイター・高城剛は、金融危機の渦中にあったロンドンで、一つのムーブメントに出会う。かつてこの街の路上からパンクやニューウェーブが生まれたように、21世紀のロンドンの路上からは「オーガニック」というムーブメントが広がっていた。それは単なる健康食ブームではなく、20世紀的資本主義からの解放を希求する「運動」だ。オーガニックという価値観をキーワードに、21世紀を生き抜くためのライフスタイルを探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 184ページ
  • 出版社: 集英社 (2010/1/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087205266
  • ISBN-13: 978-4087205268
  • 発売日: 2010/1/15
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 237,229位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
日本でオーガニックと聞くと無農薬で、でも値段が高くてお金持ちの人が食べる物みたいなイメージが強いのではないでしょうか。
また、ある種のブランドのようなもので、オーガニック食品を食べること自体がステータスになっているように思います。
そのため、品質ばかりにこだわってしまい、オーガニックの本質を見落としがちになってしまいます。

本来オーガニックとはエコなのです。
どういうことかというと、ジャンクフードをやめて本物の食品を食べよう!
じゃあ、本物の食品を作るにはきちんとした土を作らないとね!
でも、きちんとした土を作るには良い気候が必要だね!
よい気候ってエコだよね…

というようにオーガニックを深く深く掘り下げていくと地球問題に繋がるのです。
そうやってオーガニックの本質を知り、地球環境を守り整備していくことが
僕たちも地球も健康になれるよね、と学びが多かった本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ママモステ トップ500レビュアー 投稿日 2013/1/25
形式: 新書 Amazonで購入
高城氏の著作群は、すでに数冊読んでいる者です。そういうわけで、決して「アンチ高城」の人間ではないつもりですが、彼の著作にはいつも「ワクワクさせられる」というより「失望してしまう」ことが多いです。この本に関して言うと、例えば情報収集について「インターネットを過信しない」(24ページ)「自分の目と足で情報を得る、確かめる(ことが一番重要)」(115ページ)など、共感できることや、彼が読者のためを思って言っているのがわかる箇所も多いのですが、全体的にはやはり「薄っぺらい」と思って今います。他にこちらの著作で私が気になった点を挙げると:
・全体を通して「反米・親英」すぎる(なので、一番いい読み方は「イギリスについての本なんだ」だと思います)
・アメリカの問題点はわかるとしても、イギリスのいい点はそこまで伝わってこない。まず、どんな「イギリス」なのかわからない(伝統的特権階級?都市部のリッチ?スマートに生きる移民の成功者?)
・マイクロビオティックの章では、いきなりセレブを持ち出し(157ページ)「だからいいものなんだ」という論調になった(上記の、自分の目と足で、という意見と相容れない)
・そして、最後はなぜか「モテ指南」のようになって終わる(「誤解を承知で」(164ページ)とおっしゃっていますが、その後、観念的なコメントが無かったので、私は「?」と思
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
マスコミで騒がれているような、彼ではないとこの本を読んで再確認した。
物事を突出せずに平均化、俯瞰してみる視点と、未来を見据えた行動には脱帽。
とても読みやすい文体で、すらすらと、しかも納得しつつ読めてしまった。
昨今見られるような、押し付けがましい文献とは違って、読み終えたあとも、
さて、では自分はどうするか?という事を読む人それぞれの心に喚起させるような優しい提案をされている気がする。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書が書かれてから5年以上が経ち、その間に僕も本書と関係なく無農薬野菜の消費者となって今回この本を手に取った。米国流の新自由主義へのアンチテーゼとしての地産地消・オーガニック革命をロンドンからレポートした本書だが、半分くらいは著者自身によるイギリス経済や新自由主義の説明が占めており、そういったことを既に知っている人にとっては少々退屈だろう。個人的には、どうせなら、もっとイギリスや他国のオーガニック革命の詳細に話を掘り込んでもらった方が面白かったので、星は渋めにつけてある。

 ただし、次の文を読んで頂きたい。

  『では、そんな時代をどうやってサヴァイヴすればいいのか?まずは「水・食料」「資源・エネルギー」「外交」「娯楽」の4つを最低限、個人で確保すべきということだ。』(p.20-21)

 著者の他書でも繰り返されるメッセージだが、この文が震災前の2009年に書かれていたということに、この人の感性の鋭さというのが現れていると思う。友人たちと沖縄に風力発電の住居と生活拠点を5年でつくるという著者の当時の計画が実際どうなったかのか、興味が惹かれる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
最初の数ベージであれっと思ったのは、題名から想像するようないわゆる「有機野菜」の紹介を中心とした内容の本ではないぞと感じたことです。
オーガニックのノウハウ本としてより、これまで私には殆ど関心のなかった英国や欧州から発信されている新たな時代の潮流ととらえた一つのマーケット本として、今年一番引き寄せられた本です。

英国の外資へのオープン戦略とグローバリズムによる奇跡的な経済復興と国家威信の復活、そして08年金融危機後の経済環境の悪化。わずか十数年の間に英国民は20世紀を濃縮したような時代変遷を経ました。国家レベルでは世界的にエコロジーやグリーンニューディールですが、英国個人レベルではオーガニック的なライフスタイルに新しい時代の価値観を見出し、そこから新たなエネルギーを発信していると感じました。

いまだに英国と言えば、ビートルズとパンクロック、サッチャー、そして食べ物のまずい国というイメージしか沸いてこない方は、ぜひ読んでみてください。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック