通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オレンジ チョコレート 1 (花とゆめCOMICS... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オレンジ チョコレート 1 (花とゆめCOMICS) コミックス – 2009/6/19

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オレンジ チョコレート 1 (花とゆめCOMICS)
  • +
  • オレンジ チョコレート 2 (花とゆめCOMICS)
総額: ¥864
ポイントの合計: 26pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: 白泉社 (2009/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592187210
  • ISBN-13: 978-4592187219
  • 発売日: 2009/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
この作品は女の子のちろ=呼水千尋(よびみずちひろ)と、男の子のりっちゃん=姫野律(ひめのりつ)の中味が入れ替わるという、「TS(transsexual)」作品でもあります。見開き扉をはさむ前後の2ページは単行本化の際に描き足された部分です。

幼い頃、御霊さん(神社)でジャンケンしながら階段を駆け上がる「オレンジチョコレート」をして遊んでいたちろとりっちゃん。りっちゃんは日舞行川流(なめがわりゅう)の家元の末っ子、そして自分もりっちゃんの父に日舞を教わっていたちろ。りっちゃんみたいに上手に踊れないちろは「りっちゃんになりたい」と言う。そしたらりっちゃんは「じゃ おれも ちろになりたい」と言う。その会話を聞いていた、神社の狛犬。(訂正:狛犬ではなく、稲荷の狐でした。)

ひらがなや独特の言い回しの多いちろの台詞ですが、山田南平さんが中学2年生になった娘さんの言動を参考にした部分もあるそうです。巻末の次巻予告の「入れ替わりのせいであり得ない大事件が続発!!」のキャッチに偽りなしです(既に雑誌で読んでいる)。第1巻時点ではまだ物語が本格的に動き出してませんが、第2巻は4つ星付けられる、期待を裏切らない傑作になると思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
幼馴染の律に憧れるちろに、日々のプレッシャーと闘う律。
ちょっと律がちろになりたいという描写が弱いですが、この二人の思惑を汲んで?
二人の身体が入れ替わってしまうというはちゃめちゃな作品。

いつもは冷静な律がちろと入れ替わることにより、普段は見せない顔を見せたり。
逆に普段は明るく温厚なちろが律になりきる為に頑張ったりとする描写だったり。
初っぱな中学生ちろをおっとりキャラと見せかけいきなりイメージをぶっ壊す描き方には笑えましたが(笑)
そこからのはちゃめちゃぶりなど、遊び心満載な作者の思惑が見て取れます♪

そこに日舞という演技の世界を取り入れることで作品が引き締まっていますね。
日舞の世界を「静」普段の生活を「動」と捉え、その二つの要素の織り交ぜる描き方はさすがだなと思わされます。

そしてほんわかな雰囲気なちろに、弟LOVEな鎮、入れ替わることによりちろの生活に触れて嫉妬心が芽生える律。
各々の愛情が端々に溢れた「純和風LOVEライフ」この言葉がぴったりな作品です。
でもまだ恋心を意識していない律とちろが、ここからどう変わっていくのか非常に楽しみです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きすけ 投稿日 2009/7/24
形式: コミック
昔好きだった漫画家さんなので、何となく手に取ったのですが、
絵の劣化(絵が変わった、というのではなく、「劣化」だと思います)が酷かったです。
内容も主人公である千尋(チロ)に全く共感が出来ず、天真爛漫というより、この子馬鹿なんじゃないか? と思いながら読んでいました。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告