中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装またはエアクッション包装でお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オレンジ・アンド・タール (光文社文庫) 文庫 – 2010/12/9

5つ星のうち 3.4 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 110
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

高校でアウトロー的存在のカズキは、スケボーに熱中して毎日を送る。今日も伝説のスケートボーダーのトモロウのところへ相談に行く彼の心に影を落としているのは、同級生が学校の屋上から落ちて死んだことだった。そして、目の前で事件は起きた。自分って何なんだよ、なんで生きてるんだよ―青春の悩みを赤裸々に描いた快作。

内容(「MARC」データベースより)

自閉、妄想、刺傷。友人の自殺をきっかけに、高校生たちのリアリティが歪みはじめる。追いつめられた彼らは、限られた生の現実に何を見たのか-。『朝日新聞』に掲載された連載小説の単行本化。「シルバー・ビーンズ」も併録。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 248ページ
  • 出版社: 光文社 (2010/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334748848
  • ISBN-13: 978-4334748845
  • 発売日: 2010/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 101,342位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
本好きな自分ですが、藤沢周作品は全く手に取ったこともなかったので若林さんが強く言っていたのを思い出して読んでみました。何人かの方が書いている通り学生時代に読んでいたら共感できるのか・・・それとも自分が女だからイマイチわからないのか??面白そう・・って思い始めるのにだいぶページを進めました。1回読んだくらいでツマラナイと決めつけるには惜しいような本ではあると思うので、また1年後くらいに読んでみたいと思う。その時はまた違う角度から理解できるのかもしれない
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
オードリーの若林さんおすすめということで読みました。
十代の頃とかに読んでいたら、もっと惹き付けられるものがあったかなぁと思いますが、母親になった今ではそこまで…。

前半のカズキ目線で登場するトモロウは、「自分というものをもっと突き詰めて考えてみろよ」みたいなカッコいいことを言っていて素敵だったのに、後半のトモロウ目線のお話では、どうにも思考がガキっぽくてがっかりでした。
お前に「自分」のこと、どうこう言えるのかよ?とか思ってしまって、なんか冷めちゃったなぁ。
まぁ、まだ23歳なんだから仕方ないのかもしれないけど…。

うーん、わたしは前半のカズキ目線のが好きですね。

あと、スケボーの専門用語が多すぎて、どういう状態かイマイチ想像しにくかったです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
朝日新聞連載時にも読んだがもう一度読み直すとまた違った感動を覚えた。この本は朝日新聞に載った小説が前半におかれ、同じ事件を別の人物を主人公にして描いた小説が後半に収められている。さながらバルザックの小説作法を真似ているようでもある。個人的には後半の作品のほうが素晴らしい。前半も後半も、世間に違和感を覚える若者の物語だが前半が新聞連載のためどこか当たり障りのない感じを受けるのに対し、後半は違和感を覚えながらも結局大人社会に適応していく若者や、その反対に自殺や犯罪に進む若者というよくある話に陥ることなく、それぞれに自分の道を模索する現代の、そして近い将来の若者を描いている。その大人から判断された彼らの姿と、彼らが心に秘める冷静さや優しさとの対照は、読み終えたあと私の心をしめつけてやまなかった。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
テレビでやると、それを正解と捕らえる傾向ありますよね。

正直言って、自分には何がイイのかわからなかった。

描写がいちいち邪魔だしカッコつけすぎ。

これが?リアル?現代の?

感情移入できないな。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
中高生に読んでほしい、私は中学生の時に読んで世の中の見方がガラリと変わりました。
毎日の意味は?生きるってなんだろう?
思春期は頭でっかちになっちゃうけど、それもどうなんでしょう?

私はこちら読書感想文にさせてもらいました。
大人になった今も思い入れの強い作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読んだあとに本を投げたのは初めて、反吐がでるくらい時間の無駄でした。こういった内容は好きです伝えたこと 
あとは読者の想像に任せることとか個人的には大好きです。ただ・・読みにくい・・表現の仕方が気に入らない・・中途半端・・
読んでてイライライライラして、最後まで読んだ自分を褒めたいくらいです。内容は良いのにもったいないです。

小説みたいな閉鎖された日常・・だけど現実はもっと何もなくてもっと淡々していると思います
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
目の前で友人キョウが投身自殺を遂げてしまったことから、自分を見失ってしまった高校生カズキ、コミヤマ、モリヤ。キョウの「なんか意味ねぇって感じ、ない?」というセリフに象徴されているのだけれど、何かをすることの意味を見出せなければ、自分の存在そのものが否定されてしまうという感覚が、カズキらと同世代のコの共感をよぶのだろうか。

カズキが頼りにする23歳のホームレス トモロウは、カズキらの「頭の中の宇宙の狭さ」を指摘する。「キワキワだっちゅうの」と。トモロウが語る”自分って何”は、曖昧な言葉の羅列でメチャクチャなんだけれど、不思議な説得力をもっている。なんとなくわかったような気になるのは、読者に解釈の幅を与えているからなんだろう。その人その人、そして、その時々の心情によって、いろいろな受け止め方ができるのかもしれない。

「オレンジ・アンド・タール」は、カズキらのふっきっれた感で幕を閉じる。これが、なんだか気持ちが悪い。トモロウという、伝説のスケートボーダーが、カズキらのメンターになって問題解決という美しさ。”リアル”じゃない。

ところが、本書に収録されているもう一編「シルバー・ビーンズ」が「オレンジ・アンド・タール」はそんな不満を吹き飛ばす。トモロウの視点で描かれた本作品は、トモロウ自身の「頭の中の宇宙の狭さ」なのだ。「シル
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック