通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オレって、こんなに飛んだっけ? (ゴルフダイジェス... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯有り】使用感は少なく概ね良好な状態です。●Amazon専用在庫 ●全品簡易クリーニング済 ●防水ビニール包装発送 ●通常ポスト投函、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり) ●付属品はある場合にのみその旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ●シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ●Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ●コンディション記載と著しく違う際は返金・交換対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オレって、こんなに飛んだっけ? (ゴルフダイジェスト社新書) 新書 – 2012/6/27

5つ星のうち 3.8 27件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 926
¥ 926 ¥ 24

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オレって、こんなに飛んだっけ? (ゴルフダイジェスト社新書)
  • +
  • 飛ばしのスゴ技 寄せのウラ技 (ゴルフダイジェストレッスン絵本)
  • +
  • 非常識ゴルフメソッド (ソフトバンク新書)
総額: ¥2,397
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ツイスト打法で楽勝+100ヤード! 週刊ゴルフダイジェスト連載でお馴染み、“雑巾王子"初の著書! ボディターンじゃ飛ばせない! ベタ足で手を返せば、誰でもかんたん、飛距離 アップ! 「インパクトで腰を逆回し」これが飛ばしの秘密です。 `すべてにおいて常識の「逆」をやる'―これが雑巾王子のツイスト打法なんです。

著者について

「雑巾王子」の異名を誇る、身長166センチの小さな飛ばし屋。わずか1年間で飛距離を100ヤード伸ばし、そのノウハウを生かした奇跡のレッスンで、多くのアマチュアを飛ばし屋に変身させた人気者。岐阜県出身。1976年生まれ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: ゴルフダイジェスト社 (2012/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772841458
  • ISBN-13: 978-4772841450
  • 発売日: 2012/6/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,792位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
遠心力を最大限活用するスイングだが、レッスン書だけでは具現が
難しいと思っている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
週間ゴルフダイジェストを購読していて、この「ツイスト打法」の概要は知っていました。
でも、イマイチぴんとこなくて、頭の片隅に沈殿したままでした。

日頃からスイングについて考えたり研究したりしているのですが、
あるときアンソンジュの素振りをTV中継で見てひらめきました。
「両腕を返し始めるタイミングが、想像をはるかに超えて“早い”!」

※注:「速い」ではなく「早い」です。スピードではなくタイミングの話なので。

これは武市プロの言っていた打法、まさにそのものだ! と思いました。
アンソンジュの素振りのイメージで、この本の打法を実践したら・・・飛ぶ!
今までの7~8割の力で、今まで10割の飛距離が出ています。
これは半年たった今でも同じです。

その視点でプロのトーナメントに足を運んでみてみると、
プロは全員両腕(フェース)を返し始めるタイミングが早いとわかりました。
練習場に目を移すと、アマチュアの9割は返し始めが遅い。

これまで、シャフトのタメやハンドファーストのインパクトを強く意識していましたが、
それらと腕の返しは別ものと考えて取り組んだ方がいいとわかりました。

...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
このまねができればかなり飛距離が伸びることは間違いと思いますが、私にはまねできませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
84歳になり、飛距離が落ちてそろそろゴルフを止めようかーと考えていた時に、ツイスト打法の動画を見て買いました。
本当かな?と半信半疑でドライバーを試してみた処、飛距離が30ヤードほど伸びて私も友人たちも驚きました。
桑田泉さんの理論に似ているが、いままでは信じませんでした。
ただ、現在の段階では、アイアンが未だよく打てないので、研究しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
読者が体の回転に対して腕の振りが足りてないスイングであることを前提として、
腰の回転を減らして腕を積極的に使うことを強調した教えです。
ボディーターンを意識しすぎて振り遅れる「ボディーターン症候群」への処方箋的なものであり、
森守洋氏や桑田泉氏などと同じ系統の教えと言えるでしょう。

この本では「腰の回しすぎを抑える」ための動きとしては以下のような動きが推奨されます。
・ベタ足
・体重移動を意識しない
・インパクト前後で腰の回転を止める意識(実際には左に回る)
・ダウンスイングで右ツマ先を開く

「腕を振る」ための動きは主に以下のようなものです。
・積極的なアームローテーション
(バックスイングでハンドルを左に切りダウンスイングで右に切るイメージ)
・ダウンスイング早めに右腕を内旋させフェースを返していく
(右肘を絞ったりしてタメすぎない。右足前でヘッドを返す)

上記の内容も体系的には説明されず、スイングと直接関係のない過去の経験談等を混ぜながら
散発的に語られるのでポイントが掴みづらいです。
また、図解などが少なく主に感覚的なイメージで説明されますので、ピンとくるものと
理解し
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
著者の今までの雑誌での連載等では
スイングの全体像が分からなかったが
本作では全体像が理解できる。
成程、理には適っている。
これを読んで左に飛ぶイメージしか湧かないというのは
きちんと読めていないからに他ならない。
ただし、説明が下手であることは間違いなく、
ある程度の理解力は必要である。
「左折」だの「右折」だのは著者は分かり易いと考えているのかもしれないが
正直非常に分かりにくい。
まあ、極めて感覚派な人なんだと思う。
自分の通ってる練習場はHSやミート率が分かるのだが
このスイングを試したところ
ヘッドスピードが本当に5m/S程度簡単に上がった。
ただし、コンスタントに真っ直ぐ飛ばすのは難しく
相当な練習が必要だと思う。
本当はもう少し理論的な分析が出来る人が
著者のスイングを分析して書くと、
分かり易く、良い本ができるんだろうと思う。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー