通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
オレたち花のバブル組 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オレたち花のバブル組 (文春文庫) 文庫 – 2010/12/3

5つ星のうち 4.6 274件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,800 ¥ 385
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オレたち花のバブル組 (文春文庫)
  • +
  • オレたちバブル入行組 (文春文庫)
  • +
  • ロスジェネの逆襲 (文春文庫)
総額: ¥2,182
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。

「倍返し!」でメガヒットのドラマ「半沢直樹」シリーズ第2弾!

内容(「BOOK」データベースより)

「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 368ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167728044
  • ISBN-13: 978-4167728045
  • 発売日: 2010/12/3
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 274件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,413位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 cow-g 投稿日 2015/11/5
形式: Kindle版 Amazonで購入
何度も読める事
面白い映画の定義にも言えるんだけど、何度でも観れるのは面白いから
半沢シリーズと下町ロケットを一気に大人買いして、一気読みしてから、前にポチってた「空飛ぶタイヤ」やら「ルーズベルトゲーム」やらも読み返し、更に半沢シリーズ二巡目したりして
シリーズになってもブレてない事を確認出来た次第
因みに半沢シリーズはドラマ先行で原作後追いだったんですが、原作を映像が超える事は基本ないと思ってるんですけど、微妙になってきたかもなぁというのがホンネ
まぁ、別物、別次元の比較だと思ってればいい訳で、面白ければ何だっていいんですって事
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mobus トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/18
形式: 文庫 Amazonで購入
今回の軸は「半沢vs金融庁 黒崎」「近藤vsタミヤ電機社長」という二つの構図で展開されます。
前作以上にパワーアップした外敵及び内敵に悪戦苦闘しつつ「売られた喧嘩には倍返し」の精神
で次々にそれらをぶち壊していく姿は、ドキドキわくわくしながら読み進めます。

銀行内の派閥争いに知らず知らずに巻き込まれ、気が付けばど真ん中で五里霧中の半沢。
「タミヤ電機」の粉飾や帳簿の改ざんに気が付き、病んで塞ぎこんでいたがバンカーとしてのプライドを取り戻す近藤。

池井戸さんの作品は、人間の「こころ」の描写がとてもに巧いと思う。
お陰で感情移入しやすいのです。

半沢はある意味、サラリーマンなら誰もが理想とする行動力・信念を持ったヒーローなのです。
ダーティーな部分はあるものの、花という妻、信頼できる同期の仲間、部下に支えられる彼は
人としての魅力がとても素晴らしく描かれていると思います。

ただ、今回のラストは「ロスジェネの逆襲」につながりますが、驚きの結末を迎えます。
世の中そう甘くないのだ!!と。バンカーとしての最大の転機をどう乗り切るのか。
楽しみです。(って、既に読んでいますが。)

※TVドラマの後半はこちらを原作になるようですね。
金融庁最強のボスキャラ黒崎のと戦い!楽しみです。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
言わずとしれた「半沢直樹」原作本です。

ドラマでは、切迫感がありジリジリと緊迫したナレーションで話が進みますが、
原作では、ところどころ砕けた口語体で難しい専門用語を軽く説明しているのが印象的でした。
(原作しか知らなかったら、若干軽い印象だったかも。)

ドラマでの土下座シーンは、ある意味「水戸黄門の印籠」のようなカタルシスを感じますが、
原作では物語の端々にある社会人の気概のような事が書かれているのに励まされました。
数多ある自己啓発本にも、この手の事は多く書かれていますが、
半沢直樹の奮闘の中でふと耳にした時、前向きな気持ちが湧いてきました。
(以下、抜粋)
・目の前の人事一つで全てが決まるわけでは決してなく、人生というものは結局のところ自分で切り拓くものである。
 肝心なことは、そのときどきに自分が全力を尽くし、納得できるように振舞うことだ。

・たとえどんな理由で組織に振り回されようと、人生は一度しかない。
 ふてくされているだけ、時間の無駄だ。前を見よう。歩き出せ。
 どこかに解決策はあるはずだ。それを信じて進め。それが、人生だ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クロネコ 投稿日 2013/11/19
形式: 文庫 Amazonで購入
『俺たちバブル入行組』に引き続き一気に読んでしまいました。
相変わらず半沢さんの上司に対する「倍返し」は気持ちがイイです。

ただ、先が読めてしまうので、どんでん返しを期待すると若干弱い気がしますが、それでも面白いことには変わらないです。

今回は、部下や同期の活躍も並行して描かれていたので、それもまた良かったです♪

新刊の「ロスジェネの逆襲」にも期待したいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
バブルという好景気と不良債権・リストラという不景気の両方を経験しているバブル世代が、銀行や企業の不正に真正面から立ち向かっていくストーリーで一気に読んだ。エリートコースを渡り歩いてきた半沢と、忙しさから病気になって出世コースから外れてしまった近藤、立場が正反対の二人が同期同士でお互いを励ましながら自分が信じる道を貫く様子は読み応えがあった。金融庁の黒崎と半沢の対決はお互い論理的な主張を展開していて読み応えがあったし、銀行内部の不正告発も根回しの様子がリアルに描かれていて最後まで目が離せなかった。特に近藤が銀行員としてのプライド、今まで支えてくれた同期への友情、家族への苦労を天秤にかける場面は緊迫感があってよかった。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック