Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 709

¥ 4の割引 (1%)

(税込)
ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[池井戸 潤]のオレたちバブル入行組
Kindle App Ad

オレたちバブル入行組 Kindle版

5つ星のうち 4.4 391件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 709
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,800 ¥ 886
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

話題沸騰のドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作! バブル期に大手銀行に入行し、今は大阪西支店融資課長の半沢直樹。支店長の命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を半沢に押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢に残された手は債権回収しかない――。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。しかも入行以来いいことなしのバブル世代。しかし嘆いてばかりじゃ始まらない。顔を上げろ、プライドを捨てるな、そのうち負け分を取り戻してやる! 働く者すべての勇気を奮い起こさせる痛快エンターテインメント。

内容(「BOOK」データベースより)

崩壊した銀行不倒神話。給料もポストも減り、逆境にさらされても―銀行員(バンカー)よ、顔を上げろ!融資課長・半沢直樹の意地と挑戦を描く痛快長篇。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 471 KB
  • 紙の本の長さ: 362 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/12/10)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00E7PC00W
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 391件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,159位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
半沢直樹を見て購入しました。ドラマとはまた違う内容なのでドラマを見て気に入った方は読んでみてください。どんでん返しはやはり面白い(^ー^)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
倍返しは話題になっていましたが、土下座とか、ネチネチしたメールとか少し女々しいなあとあもうところもあるが、男社会のいやらしさが出ていておもしろかった、
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ドラマみた方でも十分楽しめると思います。微妙に違う、キャラ設定やストーリー展開かまた読者をワクワクさせてくれる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とっても面白かった。ドラマヒットもわかる気がする。スカッとする最後でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 6138 投稿日 2017/6/12
形式: 文庫 Amazonで購入
大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とし 投稿日 2013/9/30
形式: 文庫 Amazonで購入
ドラマの内容とは、異なりますが、やはり原作がしっかりしてますね
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
めっちゃ面白いです!ドラマも見てましたがやっぱ本の方が面白いです!半沢直樹最高!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
★の数を厳密に言うと4.4個です。僕の生活の中では普段聞き慣れない言葉が数多く出てきたので読むのに苦労しそうな作品だと思ったのですが、あまりに面白く特に後半になるにつれて好奇心を掻き立てられるような内容だったのでよかったです。ただこの話の中で主人公の半沢尚樹は少々気の短い人物だと思ってたのですが最後の結末が、え?マジで…って感じになったので個人的にはあまりスッキリしませんでした。あとこれも個人的に思ったことなんですが、この作品を読んで作者の池井戸潤さんは銀行に怨みでももってるのか?と疑惑をもちました(笑)、
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/8/22
形式: 文庫
「夢を見続けるっていうのは、実は途轍もなく難しいことなんだよ。その難しさを知っている者だけが、夢を見続けることができる」。

ドラマ化されて話題になっているようなので、読んでみた。大手銀行の新規融資の焦げ付き事件、それによって嵌められる主人公とその反撃を描いた小説。

出来すぎたストーリーで、そもそも実際にこんなに上司に反抗する行員が本当いるかはかなり疑問だが、銀行という世界をかなり生々しく描いている。バブル期とその後の銀行を取り巻く状況及び世の中の変化についても、自然な形でストーリーに織り込まれている。さすがは、元銀行員の作家である。

なかなか面白い。一気に読んでしまった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2016/9/25
形式: 文庫
勧善懲悪というより、サディスト降臨?

学歴だけで出世しようとする輩、社内政治だけで出世しようとする輩、出自の良さだけで出世しようとする輩には、退場を願う。 実力なき者は、去れ! これからは、実力があって、人柄の優れた人が出世する時代。

無法者には、手段を選ぶ必要はない。 勝てば官軍、負ければ賊軍。 とられてたまるか!

夢を見ることと、夢を諦めることは誰でもできる。 夢を投げ出さず見続けた者だけが、夢を叶えられる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover