中古品
¥ 90
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

オルゴォル 単行本(ソフトカバー) – 2010/10/8

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2010/10/8
¥ 5,184 ¥ 90
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

直木賞作家が綴る、感動の成長物語。 「それは、世界でたった一人の人にしか、聴けないオルゴール」東京に住む小学生のハヤトは、一人鹿児島を目指すこと。心ゆさぶられる感動の成長物語。

内容(「BOOK」データベースより)

「実は前から、ハヤ坊に頼みたいことがあってなぁ」東京に住む小学生のハヤトは、トンダじいさんの“一生に一度のお願い”を預かり、旅に出る。福知山線の事故現場、父さんの再婚と新しい生命、そして広島の原爆ドーム。見るものすべてに価値観を揺さぶられながら、トンダじいさんの想い出のオルゴールを届けるため、ハヤトは一路、鹿児島を目指す。奇跡の、そして感動のクライマックス!直木賞作家による感動の成長物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 386ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062165694
  • ISBN-13: 978-4062165693
  • 発売日: 2010/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 19.1 x 13.1 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 936,300位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
今年100冊以上読んだ本の中でベストです。 この作者のどの作品にも未来ある子供に対する温かい愛情が注がれていて、大人よりもむしろ子供に読ませたい本が多い。特に本作品は戦争を知らない子供に原子爆弾とは何かを知らせるには最適であり、全国の小中学校での必読書に指定してもいいのではないか。 ジブリでアニメ化してもいいし、実写なら主人公は間違いなく子供店長でしょう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
物語の最初は、この主人公のハヤトという少年が可愛くなくてしょうがありませんでした。
数の多いもの・力のあるものについていこうとするところとか、周りのせいばかりにするところだとか、ひねくれていてダメダメなところとかばかりで、主人公にムカムカしていました。この子は救われないなぁと思っていました。

しかし、です。子供ってやはり未知数の可能性があるんですね。ひょんな出会いやきっかけで大きく成長していき、大人もあっと驚くほど変われるんだというのがこの小説で分かりました。ハヤトくんの成長ぶりが本当に自分の心を温めてくれました。

自分にはまだ子供はいないのですが、よその子供だって周りの大人をしっかり見ているので、子供たちにとって良い手本になるような大人になりたいとこの本を読んで思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
まるで学校推薦図書みたいな…ポプラ文庫作品のようなロードムービー的ストーリー

ひょんなことから東京から大阪…広島を経て鹿児島まで旅する新小五年生の主人公

様々な人との出会いを通じて命の大切さや人として生きる上で大切なものを学んでいく…

大人が読んでもじんわり胸が熱くなる話ですが 特に小学生高学年〜中学生くらいの年代の方にお薦めします♪
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 今まで読んだ小説の中で、本作と似たような展開の作品で一番良かったものというと、喜多川泰の『また会おうと、誰もが言った』だと思う。
  一人の少年が旅を通して学び成長をしていく、誰しもが一度ならず何度も読む価値がある、素晴らしい作品だ。

 本作『オルゴォル』は、同じくらい読む価値がある作品だと思う。

 この作品には、人が成長するためには何が必要なのか、そのヒントがいくつも込められている。

 それはハヤトやシンジロウやサエなどの言葉だったり、福知山線の事故現場や原爆ドームを訪れる描写から読み取ることができると思う。

 何度も読む価値がある作品なので、しばらくしたらまた読もうと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告