最も早いお届け日: 本日
3 時間 11 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
オリンピックと自衛隊 がカートに入りました
+ ¥357 配送料
お届け日 (配送料: ¥357 ): 4月27日 - 5月2日 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ENTER本店
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品として概ね良好な状態です。新品ではございませんので、多少の擦れや焼けなどがあることがございますが、通読に問題のない状態です。帯は基本的に付属いたしません。値札が付いていることがあり、ご購入の金額とは差異がある場合がございますがご了承ください。ゆうメールにての配送となりますので、ポスト投函となります。追跡番号はございませんのでご了承ください。昨今の郵便事情もあり、発送までに3日程度の期間を設けさせていただいております。【返送】着払いはお受けできません。返送前に一度メッセージよりご連絡をお願いいたします。【付録、特典】中古商品の場合、基本的に特典はございません。プロダクトコードなども対象外となります。語学本などの再生に必要なCD等のみ付属品となります。雑誌等の付属バッグなどもついておりません。上記の付属がないなどの返品も受け付けておりませんので、ご了承ください。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

オリンピックと自衛隊 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/1

5つ星のうち4.8 7個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/6/1
¥1,760
¥1,760 ¥594
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

(著者のことば)
2013年9月、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催された第125次国際オリンピック委員会(IOC)総会で、2020年夏季オリンピックの開催地が東京に決まった。冬季オリンピックを含めると、日本での開催は2020年で4度目となる。
ところで、過去に国内で開催されたそのオリンピックすべてを、自衛隊が支援していたことはご存じだろうか。もっとも記憶に新しい1998年の長野冬季オリンピックで、競技会場の設営を行なう姿をテレビなどで目にした人はいるかもしれない。では約60年前の東京オリンピックでは? 東京大会開催が決まったあと、法律を改正してまで自衛隊の支援が求められたことを、どれほどの人が知っているだろうか?
防衛庁が陸上自衛隊を中心とした「東京オリンピック支援集団」を組織し、約7000名もの自衛官が訓練を重ねて東京オリンピックの支援に従事したことは、人々の記憶から抜け落ちている。いや、そもそも最初から知られていなかったし、関心を持たれることもなかったのだろう。
けれど実際は、自衛隊の支援なしにオリンピック東京大会の成功はなかったと断言できるほど、自衛隊が果たした役割は大きかった。それゆえ、4年後の2020年東京オリンピック・パラリンピックでも間違いなく協力を求められる自衛隊の過去の支援業務を知ることは、自衛隊という組織そのものを知ることにもつながる。
自衛隊がどのような体制でどのような支援を行なったのか、その支援はどう評価されたのか。重量挙げの三宅義信選手やマラソンの円谷幸吉選手は、なぜ自衛官でありながらアスリートでもあり得たのか。ほとんどといっていいほど知られていない事実を、公式記録や支援に関わった自衛隊OBの証言、そして各部隊に残されている資料などから明らかにした。

本書が自衛隊の活動の一端を知る一助となり、微力ながら国民と自衛隊をつなぐ架け橋の役目を担えれば幸いである。

内容(「BOOK」データベースより)

1964年東京五輪は自衛隊の支援がなければ成功しなかった。開会式でブルーインパルスが五輪マークを大空に描き、陸海空音楽隊が行進曲を演奏し、防大生が各国選手団を先導した。大会を通じて約7000名の自衛官が馬術、射撃、ヨットなど9つの競技を支援し、自衛隊体育学校の三宅選手、円谷選手がメダルを獲得した。法律を改正してまで自衛隊に支援が求められた東京五輪。自衛隊OBの証言や各部隊に残されている資料をもとに自衛隊とオリンピックの知られざる関係を明らかにし、2020年東京五輪・パラリンピックで求められる自衛隊の役割をさぐる。

登録情報

  • 出版社 : 並木書房 (2016/6/1)
  • 発売日 : 2016/6/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 319ページ
  • ISBN-10 : 4890633391
  • ISBN-13 : 978-4890633395
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 7個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
7 件のグローバル評価
星5つ
76%
星4つ
24%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2016年6月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年6月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年6月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年6月12日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年10月4日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告