オリジナル・サウンドトラック「ロード・オブ・ザ・リ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,339
通常配送無料 詳細
発売元: EC工房
カートに入れる
¥ 3,001
通常配送無料 詳細
発売元: 『在庫確実。品切れの心配はありません』 まほろば商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

オリジナル・サウンドトラック「ロード・オブ・ザ・リング」 Soundtrack

5つ星のうち 4.9 27件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,592
価格: ¥ 2,339 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 253 (10%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ハワード・ショア ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オリジナル・サウンドトラック「ロード・オブ・ザ・リング」
  • +
  • ロード・オブ・ザ・リング:二つの塔 オリジナル・サウンドトラック
  • +
  • ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
総額: ¥5,179
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2002/2/6)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 71 分
  • ASIN: B00005UDES
  • EAN: 4943674031597
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 105,689位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 予言
  2. ホビット庄の社会秩序
  3. 過去の影
  4. アイゼンガルドの戦い
  5. 黒い乗手
  6. 踊る小馬亭で
  7. 闇夜の短剣
  8. 浅瀬への逃走
  9. 数々の出会い
  10. エルロンドの会議 (アラゴルンとアルウェンのテーマ)
  11. 指輪は南へ
  12. 暗闇の旅
  13. カザド=ドゥムの橋
  14. ロスロリアン
  15. 大河
  16. アモン・ヘン
  17. 一行の離散
  18. メイ・イット・ビー
  19. (エンハンスド)ウェブ・サイトへのリンクが出来るCDエクストラ仕様

商品の説明

Amazonレビュー

   映画スコアの第一人者であるハワード・ショアは、類まれなる現代的感性で、この『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の第1弾を世に送り出した。中心に英雄物語というテーマをきちんと据えながら、この大作は、力強いリズムの威力と、過去何世紀もの音楽的要素を内包した幅広い音楽性(ルネッサンスの牧歌的な趣のある<2>からあのプロコフィエフの影響を受けた激しく、ドラマチックな<7>まで)によって生命を吹き込まれている。

   このスコアに神秘的で魔術的な雰囲気を与えているのは、あちこちで使われている重厚な合唱の音色だ。なかにはかなり不吉なゴシック調のものもあり、これに比べたら、あの『スターウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』の"Duel of the Fates" など明るい曲に聴こえてしまう。

   エンヤが提供した曲(<10>と歌詞付きの<18>)は心地良い静寂をもたらしてくれる。しかしやはり、サントラ愛好者とホビットのファンに長いこと愛されるのは、ショアがワーグナー的壮大なスケールで書いたオーケストラ・スコアの方だろう。(Jerry McCulley, Amazon.com)

メディア掲載レビューほか

ピーター・ジャクソン監督、イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン主演映画『ロード・オブ・ザ・リング』(2002年3月公開)のサントラ盤。エンヤの2曲他、全18曲を収録。音楽はハワード・ショアが担当。スクリーン・セイバー、特製e-mailステーショナリー他を収録したCD-Extra仕様。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
前評判の通り素晴らしい映画作品となった「ロード・オブ・ザ・リング」。まだ、
第1部なのに、次にも期待が寄せられる。
サウンドトラックCDだが、1曲1曲それぞれを聞くだけで、映画のシーンが蘇っ
てくる。ミドル・アース、ショアの大自然、旅の仲間の戦い、数々の印象深いシー
ンを思い出すにはとても良い。一つの交響曲として聞いても十分鑑賞に耐えられる
と私は思う。エンヤファン、映画ファン、さらには音楽ファンなら買っても損は無
いと思う。
付録として、コレクターズ・カード封入、CDから自動的にウェブ・サイトへのリン
ク(英語のホーム・ページだが、簡単です)とお楽しみも一杯です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pfs7 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/1/9
形式: CD
この映画にはすっかりハマって、7回観てしまった。何回目で買おうと決意したかは失念したが、どうしても、サントラが欲しくなって買った。映画の中で流れる音楽がこれほど素晴らしいと思ったのは初めてだ。それに、買って聴いていれば、映画のDVDが出るまでに、音楽でそれぞれの場面を思い出して何とか持たせられるという切ない願いもあった。
特に、大詰めのアモン=ヘンから、フロドの決意、新たな旅立ちをへてエンディングにつながる最後の方の一連は、もう聴くだけであの感動がよみがえる。明るく美しいシャイアのテーマもお気に入りだ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
映画も素晴らしいが、この音楽もまた素晴らしい。基本的にはオーケストラと合唱をフルに使っての重厚なサウンドだが、合間に現れるテーマの笛の音が、アイルランド民謡風で可憐だ、作曲はハワード・ショア。おそらく2002年の映画音楽の傑作の1つとなるだろう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
2004年、ついにCDも第1作目から3作目までが出そろい、改めて1作目の本CDを聞いてみた。そして思ったことは、1作目の音楽が最もシーンをイメージしやすい音楽かもしれないということだ。本CDでは2曲目「Concerning Hobbits」でホビットのテーマが、その他の曲ではアイゼンガルドのテーマや黒の乗り手のテーマなどが提示されている。これらは3作品を通じてたびたび出てくるテーマであるので、覚えておきたいところだ。
私のお気に入りは13曲目の「The Bridge of Khazad Dum」である。モリアの坑道のシーンがとてもエキサイティングなのは多分にこの曲のおかげであろう。くずれおちる通路を危うげに進む旅の仲間達の情景や、「デュリンの禍い」バルログとの戦闘シーンがまぶたに浮かんでくる。
これらの曲の良い点は、前述したようにシーンが容易に想像できることで、言い換えれば画面との調和がものすごく良い。この点は3作品中最も優れている気がする。細かい話だが、例えば12曲目「A Journey in the dark」ではおどろおどろしい音楽でモリア坑道の情景を表現しているが、荘厳なドワロウデルフ(大広間)に到着した際には音楽が自然と荘厳なものに変わっているのだ。このあたりの自然さが見逃せない。
本作品はアカデミー作曲賞を受賞している。エンヤのMay it
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
物語に沿って曲が収められているので、聴いていると実際の映像が目に浮かんでくる。起承転結のはっきりした内容だと思う。
明るい光と豊かな緑、そして楽しげな雰囲気に包まれたホビット庄から、指輪をきっかけとして暗く重苦しい展開に進むところはサントラでも印象的。しばらくは、ホビットの村の美しい風景から離れなければならない。指輪を託されたフロドのように、恐怖や緊張、不安、そして突然の別れなどハワード・ショアによるスコアは、旅の中で体験する様々な出来事を描き出す。
オーク達が登場するシーンの曲は、どこか居心地が悪く不安な気持ちになる。CMでもよく耳にした疾走感のある曲は、そんな気分を切り裂いてくれる。エルフの女王が登場する、後半の神秘的な曲も印象深い。
そして最後の、一行の離散。
どれほどの困難や絶望が待ちうけているのかわからない。だがそのテーマ曲は、力強さに溢れている。ただ滅びの山へ向けて、一歩ずつ二人は進んでいく。神聖な響きがとても美しい、少年の歌声も魅力的。
エンヤの主題歌が、旅の幸運を静かに祈っている。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
『指輪物語』の映画化と共に楽しみにしていたのがこのサントラ。
音楽はハワード・ショアだしなんと言っても、指輪ファンのエンヤ
が2曲も書き下ろしているというのはスゴイこと。
”メイ・イット・ビー”はまさに主人公を案じるような歌詞で最高です。
エンヤの曲は指輪物語の世界観に通じるものがありますよね。
カリビアンブルーやシェパード・ムーンなんかもピッタリ!
CDはエクストラ・トラックでパソコンで起動するとネットの
ヒミツサイトへリンクできるようになってます。映画は日本公開が楽しみです!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック