この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

オリジナル・サウンドトラック「ボーン・スプレマシー」 Soundtrack

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ジョン・パウエル ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2005/1/26)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: ジェネオン エンタテインメント
  • 収録時間: 48 分
  • ASIN: B0006SLEIS
  • EAN: 4988102243456
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 262,647位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. インド、ゴア
  2. 過去の悪夢
  3. マリーの死
  4. 指紋照合
  5. ドイツへ
  6. 屋上
  7. 蘇る記憶
  8. ベルリンでの追跡
  9. アレクサンダー広場 / アボットの告白
  10. モスクワでの終結
  11. ビン・バン・スマッシュ
  12. 贖罪
  13. エクストリーム・ウェイズ

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

大ヒットした『ボーン・アイデンティティー』の続編で、音楽もジョン・パウエルが続投。前作同様、小刻みのストリングスにドラムンベースを多用したスリリングな音楽は健在で、なんだか聴いていて手に汗握ってしまったりして(笑)。Mobyの主題歌も入ってます


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
続編もの・スパイ映画でここまで凄まじい音楽は後先出るか出ないか…‥。

マットデイモン演じる寡黙なジェイソンボーンという男を音楽で表すとこうなる。作品がスパイ映画の一級品ならば音楽もまさに一級品。格好いいだけでは済まされないのがボーンシリーズ。上っ面では語れない類を見ないサントラと言えるでしょう。
個人的に好きな11曲目は本当に凄い。カーチェイスに使われる曲なのですがテンポが非常に良いのと本編カーチェイス後半のトンネル内での音楽はまさに胸を締め付けられるほど息をのむ。
そして、エンディングに至ってはまさかの前作の使い回し…‥ではなく、素晴らしいの一言。ボーンのテーマ曲としてこれ以上のものはないでしょう。本編最後の続編への期待に引き付けさせといてジェイソンボーンが去ると同時に流れだすこの曲、もう言うことないです。次回作のエンディングにも使用して欲しいですね

ジョン・パウエル氏だからこそ成せたこの作品、この世界観を一層引き立たたせてくれるのはこのサントラ。
ボーンシリーズを好きな方、またはスパイ映画好きな方には是非、お薦め致します。損は絶対にしないはずです。

そして、3作目となる『boune ultimatum』の公式ページを見る限りではまたやってくれそうな勢いですね。予告編に使われる音楽もまた引き付けられます。

気になる方は見てみて。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 m-16a2 投稿日 2005/5/30
形式: CD
前作同様、重厚かつスリリングな曲が多くさらに、全体的にマリーの死によって再び孤独になったボーンの悲壮感を感じさせる曲がおおい。聞き飽きることのないサントラとしては傑作。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
映画を観て、エンディングの歌が欲しくて購入しました。「...アイデンティティー」のDVD(私が購入したのはツインパックです)にプロモーションビデオが特典として収録されていますが、気軽に聞くにはCDが便利ですね。
「...アイデンティティー」も「...スプレマシー」も同じ歌がエンディングに使われています。「...スプレマシー」を見終わった時に「...アイデンティティー」のラストが思い起こされて涙が出そうになりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作のテイストを残しつつ、重厚さを増したサントラ。
カーチェイスのシーンで流れる「Bim Bam Smash」の派手さも去ることながら、
サスペンス部分の曲も徐々に盛り上げていく形をとり、退屈なものには仕上がっていない。
サスペンスアクションのサントラとしては文句なしです。
Mobyの「Extreme Ways」が収録されているのも大きい。

2作目でこれなのだからアルティメイタムはどうなるんだろう。
今から楽しみで仕方ない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジェイソン・ボーン・シリーズは、現在われわれが観ることのできる最良のアクション映画のひとつであるといえるだろう。
ダグ・リーマン(Doug Liman)とポール・グリーングラス(Paul Greengrass)という新しい感性をそなえた監督により生みだされたこのシリーズは、事実上、ハリウッド映画における21世紀のヒーロー像を変容させることに成功した。
この映画を非常に優れたものとするのに、大きな貢献をしているのが、イギリス出身の作曲家ジョン・パウエル(John Powell)による音楽である。
しばらくのあいだ、パウエルは、ハンス・ズィマーの主催するメディア・ヴェンチャーズと関係をしていたが、ハリウッドにおける自己の足場を固めると、そのことに呪縛されることなく、すぐに独自の道を歩みはじめることに成功した数少ない作曲家のひとりである。
周知のように、ハリウッドのアクション映画における音楽の「方程式」は、ジェリー・ゴールドスミス(Jerry Goldsmith)が確立したが(因みに、ジョン・ウイリアムスは、そうしたところとは離れたところで、純粋にひとりの偉大な存在として君臨する純粋な作曲家であると思う)、個人的には、1990年代には、既にゴールドスミスという作曲家の感性そのものは既に時代遅れのものとなりはじめていたと思う。
そうした空白
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック