通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 松栄(shouei)
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2011年。カバーにスレあり。小口に多少の使用感あり。本文は書き込みもなく良好な状態です。【Amazonによる保管・管理・発送を行っておりますので、安心・迅速な対応はもちろん、代引きやお急ぎ便などの発送オプションも利用可能です】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 文庫 – 2011/4/5

5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 394

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  • +
  • そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  • +
  • ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
総額: ¥2,614
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

真冬の欧州を走る豪華列車オリエント急行には、国籍も身分も様々な乗客が乗り込んでいた。奇妙な雰囲気に包まれたその車内で、いわくありげな老富豪が無残な刺殺体で発見される。偶然乗り合わせた名探偵ポアロが捜査に乗り出すが、すべての乗客には完璧なアリバイが……ミステリの魅力が詰まった永遠の名作の新訳版。(解説:有栖川有栖/期間限定カバー:谷口ジロー)

内容(「BOOK」データベースより)

数日がかりでヨーロッパを走り抜ける豪華寝台列車、オリエント急行。さまざまな国の客が乗り合わせたその日の列車は、雪の中で立ち往生してしまう。しかも車内で殺人事件まで起こった。殺されたのは、金持ちのアメリカ人男性。たまたまこの列車に乗っていた名探偵エルキュール・ポアロは、事件を調査することになる。犯人は乗客の誰かにまちがいない。ところが全員にアリバイがあるのだ。はたして、ポアロの推理は…。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 413ページ
  • 出版社: 早川書房 (2011/4/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151310088
  • ISBN-13: 978-4151310089
  • 発売日: 2011/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,102位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/28
形式: 文庫
初めて読んだときの衝撃をよく覚えている。当時中学生だったわたしは、幸せにも結末を知らずに読み進め、ラストのポアロの謎解きに驚愕した。これと前後して、かの有名な『アクロイド殺し』も読んでいるのだが、どういうわけか、そっちはあまりピンとこず…。それよりも『オリエント急行の殺人』の方が衝撃的だった。あれから30年、いまだに人気の衰えない本作を、あらためて新訳版で読んでみようと思い立った。

オリエント急行の殺人は、1932年にアメリカで起こった「リンドバーグ愛児誘拐事件」を下敷きにしている。発表されたのは34年だから、人々の事件への関心はまだ冷めやらぬ状態だった…というよりも、まだ世間は事件の渦中にあった、と見るべきだろう(事件から3年後に容疑者が逮捕され、36年に死刑が執行されている。ただし冤罪説あり)。クリスティーが執筆した当時は犯人が分からず、世間の誰もがモヤモヤした思いを抱えていた、まさに最中だったわけだ。

そういう社会背景を知らなければ、現代の読者には誤解されかねない側面があるな、ということを今回「大人の目線」で通読してまず思った。むしろ、当時未解決だったリンドバーグ事件の知識を持つことで、鑑賞の仕方がグッと深まる、と言い換えてもいいだろう。つまりこの結末には、世の人々の祈りのようなものが込められている、ということが分かるのだ。もちろん
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
クリスティー発のトリックもしくは意外性のあるストーリは
今では何人もの作家がマネをし、新鮮さを失ってしまったかのように感じるが
自分にとっては「そして誰も・・・」「オリエント急行」も唯一無二の名作だ。

これをたった一人の女性が練り上げたのかと思うと感嘆の思いしかない。

初めて読んだのは14歳。入院中だった。
暇をもてあましていたので、一日で読みきった。
あのときの興奮は今でも忘れられない。

ちなみに、ここ数日この古典ミステリーが売り上げランキングに入っているのは
ドラマ化されたせいだと思うが、事件が起こった背景はドラマの方が詳しく書かれているし
あれは原作とは別物のドラマオリジナル作品だと思ってもらった方が良いだろう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は現代ミステリが好きでよく読むのですが、昔アガサ・クリスティーにハマっていたという母に勧められて読んでみました。
古典作品ということですが、予想よりストーリーが凝ってて面白い!しかも、演出がシンプルで、直線的に話が進んでいく(いろんな場所や時間軸を言ったり来たりしない)ので読みやすく、また謎解きに集中できました。謎解き自体はちょっと難しいというか、真相を知ってみると証拠品や証言に必然性がないなと思いました。その犯人だったら何でもできちゃうよ~みたいな。でも、古典だということを考えるとすごいと思うし、作者はガチで読者と推理バトルをしたいのではなく、読者をびっくりさせるエンターテイメントを書きたかったのだということはなんとなくわかるし、ポアロの推理を読むのが面白いので気になりませんでした。また、ベースとなっているのはイギリス文化ですが、ときおり聞こえてくるフランス語やエキゾチックな着物風のガウンなど、いろんな文化が混ざり合う濃厚な世界観も魅力的でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
以前読んだときは、そのトリックのあまりの奇抜さ・大胆さに度肝を抜かれました。今回読み直して、さすがに驚かされる部分はありませんでしたが、国際色の豊かさには改めて感心しました。ヨーロッパが舞台というだけでなく、今で言うところのグローバリゼーションが急速に進んでいた時代の作品だからでしょうか。人物設定がステレオタイプ的なのが少し物足りませんが、主要登場人物が多いので、読みやすさを考えるとこれはこれでやむを得ないのかなとも思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Yum 投稿日 2012/12/20
形式: Kindle版 Amazonで購入
表紙はたしかにいかがなものかと思いますが、Kindleで読む分には表紙は関係ないので、中身についてのレビューです。
オリエント急行殺人事件は大好きな作品で、原語でも読んだし、30年以上前にも翻訳で読みましたし、映画も観ました。訳については良いと思う。昔の翻訳では、例えばミネラルウォーターが鉱泉と訳されていたりしていました。言葉は時代と共に変わるので、この翻訳も楽しんで読めました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー