オペラ座の怪人 [Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,328
通常配送無料 詳細
発売元: オンラインレコード兵庫店 年中無休24時間営業中
カートに入れる
¥ 8,328
通常配送無料 詳細
発売元: ◆すぐる書店◆ コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー決済が利用できます。
カートに入れる
¥ 8,330
通常配送無料 詳細
発売元: ◆◆BOOK-SHO◆◆迅速に発送致します◆◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

オペラ座の怪人 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.4 419件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 8,327 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、南出蛇郎商店(神戸本店)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 8,100より 中古品の出品:12¥ 460より

この商品には新しいモデルがあります:

オペラ座の怪人 [Blu-ray]
¥ 2,035
(419)
在庫あり。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • オペラ座の怪人 [Blu-ray]
  • +
  • オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [Blu-ray]
  • +
  • レ・ミゼラブル ブルーレイ [Blu-ray]
総額: ¥11,109
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェラルド・バトラー.エミー・ロッサム.パトリック・ウィルソン
  • 監督: ジョエル・シューマッカー
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ギャガ・コミュニケーションズ
  • 発売日 2007/12/21
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 419件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000W72OXM
  • EAN: 4571147372023
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 33,615位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

仮面の下にひそむのは、愛か憎しみか。世界で一番有名な、哀しくも美しい愛の物語。
<商品仕様>
16:9(スコープサイズ)1080p High Difinition/カラー 本編:143分 2層ディスク
2)) 1.英語ドルビーTrueHD(5.1ch)2.英語リニアPCM(5.1ch)
1)) 1.日本語字幕
<ストーリー>
世界中を魅了した不朽の名作ミュージカルを絢爛豪華に映画化したラブ・ストーリー。舞台版を手掛けた天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作で、男女3人の哀しき愛の物語を壮大なスケールで描く。監督は「依頼人」「フォーン・ブース」のジョエル・シューマカー。
1919年のパリ。今や廃墟と化したオペラ座で、かつて栄華を極めた品々がオークションにかけられていた。そして、謎の惨劇に関わったといういわく付きのシャンデリアが紹介された瞬間、時代はその悲劇をもたらした1870年代へと舞い戻る――。当時、華やかな舞台でにぎわうオペラ座は、一方で、仮面をかぶった謎の怪人“ファントム”の仕業とみられる奇怪な事件の頻発に揺れていた。そのファントムを、亡き父が授けてくれた“音楽の天使”と信じ、彼の指導で歌の才能を伸ばしてきた若きコーラスガール、クリスティーヌ。彼女はある時、代役として新作オペラの主演に大抜擢され、喝采を浴びる。幼馴染みの青年貴族ラウルも祝福に訪れ、2人は再会を喜び合う。だがその直後、ファントムが現われ、クリスティーヌをオペラ座の地下深くへと誘い出すのだった…。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ヴェロニカ・ゲリン』のジョエル・シュマッカー監督が不朽の名作ミュージカルを映画化。クリスティーヌはファントムの悲しみであふれた地下迷宮で、彼の孤独と自分に対する恋心を知る。一方、オペラ座ではついに殺人事件が起きてしまい…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
どんなに映像と音が良くなっても、字幕に何の修正も無いので、内容を誤解してしまう可能性は変わりません。ですから、この作品を初めて観る方は、まず「字幕改善連絡室」のサイトで正しい翻訳を確認して欲しいと思います。
その上で、補足を1点。
クライマックスの洞窟でのシーン。ファントムに花嫁のベールをかけられた後のクリスティーヌの台詞“Your haunted face holds no horror for me now. It's in your soul that the true distortion lies.”は、字幕や改善委員会訳では、まるで「あなたは魂から歪んでしまっているのね!」と言っているような感じですが、クリスティーヌの表情はそんな身も蓋もないことを言ってはいません。自分の顔が全ての原因だと嘆くファントムに、「あなたの顔、私にはもう怖くないわ。本当の醜さは心が産むものなのよ。(だからこんなことやめて、優しいあなたに戻って)」と説得しているのです。“in your soul”の“your”はこの場合、ファントム個人を指すだけではなく、一般論を述べる時の不特定代名詞の役割もしていると考えられます。少なくとも、この映画のクリスティーヌはそういう言い方をしています。だからこそ、次のカットでファントムは悔悟の表情を見せるのです(そこにラウルが来てしまうので、狂
...続きを読む ›
4 コメント 494人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
◇この映画を楽しむためのポイント◇
1・劇団四季の『オペラ座の怪人』のCDを聴いて話の筋をつかんでおく。
 (すでに内容を知っている、あるいは英語で平気、という方には不要)
2・字幕はオフにし、画面に集中できるようにする。
 (これは必須! 字幕の出来がお粗末なので、逆に邪魔。それより、役者の細かい表情や動きをよく見るべき。)
3・スーザン・ケイ著『ファントム』を読み、怪人の生涯に思いをはせる。
 (ガストン・ルルーの原作よりも、ファントムの苦悩やクリスティーヌとの心の交流がより深く理解できるし、ジェラルド・バトラーのファントムはこちらのファントムにイメージが近い感じがする。)

映画ならではの醍醐味は、細かい演技まで見られるところ。特に、目の表情はどの登場人物も素晴らしく、歌詞として制限されてしまっている台詞の行間を補って余りある豊かさです。特にファントム! 『ミュージック・オヴ・ザ・ナイト』では、目で魔法をかけようとしているかのように、クリスティーヌを見つめたままほとんど瞬きしません。官能的と思っていた『ポイント・オヴ・ノー・リターン』後半、ファントムは絶望しているのです。また、オペラ座屋上で宣戦布告した後、3度(仮面舞踏会・『ドン・ファン』舞台上・地下の邸宅で)クリスティーヌに救ってもらえそうにな
...続きを読む ›
コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
「オペラ座の怪人」を最初に観たのは1925年のR・チャニー版。ホラーの中にもユーモアがあって、後味の残るサイレントだった。2回目はマンハッタン・マジェスティック劇場での本作オリジナル版。震えが来るほどの素晴らしさであり、カーテンコールで舞台奥行きから飛び出してくるクリスティーヌに対する拍手喝采はいつまでも鳴りやまなかった。そんなブロードウェイ版の映画化である。映画館で観るチャンスはなかったが、DVDの高画質でしばらくは堪能していた。ブルーレイは特典映像が付いていないことが分かったので、ちょっと買い替えに躊躇していたが、ここでのレビューを観て決断した(笑)。本ソフトのクォリティは別格である。HDが綺麗なのは当然だが、アンドリュー・ロイド・ウェーバーが描いた世界観が丸ごと収められている、という感じだ。特にマスカレードのシーンなどはパンフォーカスで撮っており、奥行き感が抜群。3Dかと思うくらいの見事さである。それから配色も全編に渡り素晴らしい。このあたりDVDでは辛かったところだが、HD収録でJ・シュマッカー監督の意図通りの絵になっていると思う。派手なアクション映画に於いて、ブルーレイの音と絵は特に際立つが、ブロードウェイミュージカルもまた然りだ。とにかく「超絶」のソフトなので、本作が好きな方はぜひブルーレイで観て欲しい。ジェラルド・バトラー&エイミー・ロッサムの掛け合いも実際の「生声」であり、こちらもお聴き逃しなく。星は何の疑念もなく5つです。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazonのお客様 VINE メンバー 投稿日 2007/10/16
形式: Blu-ray
ついに登場した国内盤Blu-ray『オペラ座の怪人』

待ちきれずUS盤を所有していたが、そちらも上々の画質。
国内盤DVD-BOXと同様の特典映像(舞台版のメイキングなど)、舞台版ファンには涙ものの特典も全て収録されてい。惜しむべき点は、1層仕様の為か音声がDD5.1chのみであった事。
折角100人体制で収録したオーケストラも迫力に欠けていた。

しかし、今回の国内盤Blu-ray『オペラ座の怪人』は、ギャガコミニケーションズからの発売で
2層 AVC リニアPCM&ドルビーTrue HD 収録。
同ギャガから発売されている『バベル』の音質が素晴らしかったが、期待以上の広がりのある
サウンドに生まれ変わった。
非圧縮のPCM5.1chとロスレスTrueHD5.1chの鳴り方の違いも楽しめる。

映像面も一枚薄い膜が取れたかの様な鮮明さで、「Think of Me」を唄うクリスティーヌのメイクが
パール系のものを使っている事すら判別出来た。

残念ながら特典は予告編集のみであったが、本編のクオリティは極上のもの。
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック