中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オバマ現象のカラクリ 共感の戦略コミュニケーション(アスキー新書) 新書 – 2009/2/11

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 3,161 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

2008年11月、米大統領選でオバマ氏が勝利し、米国初の黒人大統領が誕生した。これは、単に積年の人種的対立を超えただけでなく、“何か”が米国民を動かした、別の大きな革命であった。本書は“何か”を解く鍵がオバマのコミュニケーション戦略にあると捉え、その“チカラ”を、ビジネスパーソンが使いこなせるよう、考え方を紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田中/愼一
フライシュマン・ヒラード・ジャパン代表取締役社長。1978年、本田技研工業入社。83年より米国での政府議会・マスコミ対策を担当。94年、セガ・エンタープライゼスの海外事業展開を担当。97年、フライシュマン・ヒラード日本法人を立ち上げ現職

本田/哲也
ブルーカレント・ジャパン代表取締役社長。セガ・エンタープライゼスの海外事業部を経て、1999年、フライシュマン・ヒラード日本法人に入社。同社バイスプレジデントを経て、2006年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2009/2/11)
  • ISBN-10: 4048677462
  • ISBN-13: 978-4048677462
  • 発売日: 2009/2/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 565,028位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
民主党の選挙コンサルタントをして一躍有名になったPR会社フライシュマン・ヒラードの田中社長と、日本のインターネット系PRの第一人者で大ヒットした「戦略PR」の著者でもある本田さんが、オバマの勝利のプロセスの内幕や仕組みを解説するのかと、大変期待して読んだが、少し期待とは違った。内容的には「オバマの勝利プロセスの解説」ではなく、「オバマの選挙戦を例に、著者のコミュニケーション・広報戦略を解説」した本。

内容的に、コミュニケーションン戦略の一般的な参考になる箇所は多くある。途中のコラムにある「小泉流メッセージ力学の本流」は、小泉現象をメッセージという視点で解説していた面白い内容だし、第5章の「戦略コミュニケーションの発想」は、社内・社外を問わず、メッセージをより多くの相手に、またはより効果的に伝えたいと願う人には意義がある内容だと思う。実際、「自分が発信したものではなく、相手に伝わったものがメッセージである」などの基本だが忘れられがちな内容には、誰もが反省させられるものと思う。

しかし、全239ページ中、オバマのコミュニケーションの内容等に割かれているのは全体の約4分の1の61ページでしかなく、そこで解説されているオバマの選挙活動の内容も、たいていは一般的に公開されている内容であり、「オバマ・モバイル」という住所録をアドレスでソートできるソフ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
見た目やタイトルに騙されて政治関連の本と思ったら大間違いだ。また、英文で得られる情報をただ日本人向けに説明しただけの、昨今ブームの一連のオバマ本とも一線を画する。

著者も本の中で言っているが、本書は、あらゆるビジネスパーソンに役立つスキルが得られる、ヒントに富んだ本だと思う。
さらには、ビジネスだけでなく、世界を股に活動するあらゆる日本人、そして特に日本の外交政策にかかわる人たち(外交官や政治家)らに読んでもらいたい。

今、日本で「コミュニケーションが力(ちから)」だと認識している人がどれくらいいるだろうか。

日本と異なり、山本七平が言うような「空気」を共有できていないアメリカでは、人間相互の意識の確認がたえず求められ、自己の生存や成功に直結する。その訓練は初等教育から始まり、日々の生活環境の中で、自然とコミュニケーションの力を意識せざるを得ない環境が続く。その中で、最も切磋琢磨されたコミュニケーション技術の頂点にアメリカ大統領選挙のコミュニケーションがあるのだろう。

著者は、その最も洗練され、力としても意識して活用されているアメリカのコミュニケーションが、オバマをきっかけに、「説得」から「共感」のコミュニケーションに舵を切ったという。これは日本にとっても脅威だと思う。本当にアメリカ人
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
“説得”じゃなくて、“共感”。
オバマのコミュニケーションは
土俵の違うところで行われていたんですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
こんな人におすすめ:

・なんでこんなにオバマが騒がれているのか知りたい人
・アメリカの選挙戦の仕組みについて軽く勉強したい人

オバマの就任演説を生放送で見ましたが、観衆の規模が半端なかったです。
「なんでこれほどまでに注目を浴びているのだろう・・黒人だからだろうか・・。」
と、その時はオバマに対してそんな程度の印象しか持っていませんでした。

そこでこの本のタイトルをどこかで見かけ、
「え、カラクリなんてあったの!?どんなもんじゃい。」
と興味を持ったのがきっかけです。

いやぁ、勉強になりました。

アメリカの未来に、希望を抱きたくなりました。
初めて、政治を応援したい気持ちになりました。
今後のオバマの行動には注目しておきたいと思います。

しかし日本は「アメリカの犬」とよく言われてますが、オバマが大統領になったからには
思う存分彼を見習って真似てほしいものです。
そういえば去年、木村拓哉がひょんなことから首相に任命されちゃう『CHANGE』という
ドラマがありましたよね。
オバマと共通するところが多くて、なんだか偶然とは思えないですな。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告