Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 165 (10%)
Kindle 価格: ¥1,485

(税込)

獲得ポイント:
15ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[豪田 トモ]のオネエ産婦人科

オネエ産婦人科 Kindle版

5つ星のうち4.4 38個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,485
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

主人公は、人とのコミュニケーションが苦手だが、「胎児の声が聴こえる」という特殊能力をもった産婦人科医師・橘継生(たちばな・つぐお32歳)。勤めていた総合病院で担当患者が“産後うつ”で自殺してしまったことをきっかけに、ドロップアウトしてしまう。心機一転、地方の小さなクリニック・尾音産婦人科でやり直すことになったものの、そこは、人情味溢れる「オネエ」の助産師や筋肉マニアでノリのよいゲイの院長、とても男性だったとは思えない美人心理士など、さまざまなジェンダーかつ強烈で愛すべき個性をもった人たちが働いているクリニックだった。思いもよらない環境にショックを受ける継生だったが、自分の中に無意識にもっていた偏見に向き合いながらも、自身が抱えたトラウマを乗り越え、医師として、人間として成長していく…。たくさん笑えて、ホロリと泣ける“命と家族の物語”。 --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

豪田/トモ
1973年生まれ。東京都出身。中央大学法学部卒。6年間の会社員生活の後、29歳でカナダへ渡り、映画製作の修行をする。帰国後はテレビのドキュメンタリーやPV映像などを制作し、株式会社インディゴ・フィルムズを設立。2010年にドキュメンタリー映画『うまれる』を公開。2014年に公開した2作目の『ずっと、いっしょ。』と合わせ、累計90万人以上を動員(文部科学省選定・厚生労働省社会保障審議会特別推薦)。2019年に初の書き下ろし小説『オネエ産婦人科』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B07PHP5PKG
  • 出版社 ‏ : ‎ サンマーク出版 (2019/2/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/2/26
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 9137 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 296ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 38個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
38 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年3月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 とにかく、まぁ、泣きますッて!!!そして、ぜひ映画化して欲しいですッ!!!
ユーザー名: ちゃき、日付: 2019年5月10日
ボクは、【うまれるシリーズ】の自主上映会を3回させて頂きました!
そのくらい、本当に【うまれるシリーズ】大好き人間なんです!!

それだけにこの『オネエ産婦人科』も大いなる期待を持って読み始めました!

2時間ちょっとで「アッ」と言う間に読み終えた感想・・・。
「期待以上!!!!!!!!」

4回も泣いてしまいました、、、
。゚(゚'Д`゚)゚。

しかもコメダで・・・(笑)
コメダで男泣きですヨ・・・(笑)×100

・産後うつ
・産後の夫婦関係
・親子の愛着トラウマ
・緊急帝王切開
・身近な人の死
・その他いっぱい…

結構なボリュームのテーマを取り上げつつ、そのバックボーンにLGBTの人たちがはたらく産婦人科でのお話。

他の方も書いてらっしゃいましたが、軽やかな構成で話が進み、かつ会話が多いのでマンガを読んでいるような感覚で、本当に読みやすかったです。

女性の方には共感できる部分が多いと思いますし、男性にもぜひ読んでもらいたいです!
この本に出てくる『あるキャラクターの男性』のように、女性の心に寄り添える男性が今よりももっともっと多くなれば、社会がより円滑になっていくと思うので。
(※自分自身は、まだまだなところが多いですが、、、)

写真の本は【自分の分】も含めて8冊ですが、これまでに15冊購入して、7冊は自主上映会メンバーや大切な人にプレゼントしました☆

もっともっとたくさんの人に読んでもらいたい1冊です!
そして豪田カントク、映画化をぜひよろしくお願いいたします~!!
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年6月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告