通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯あり】『営業所留』は可能です。漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、他社の値札シール、細かい傷や日焼け等がある場合がございます。特典や付属品はメールにて問い合わせ下さい。ゆうメールで配送できる商品はゆうメールです。ゆうメールで配送できない商品は宅急便にて配送させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史 単行本 – 2006/8/9

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,598
¥ 1,598 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
  • +
  • キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)
総額: ¥2,462
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

現在、全米で爆発中の日本製オタク・カルチャー。その知られざる現地裏事情を奥の奥まで大公開。アメリカは萌えているか?

★『セーラームーン』はポルノもどきと弾劾されて打ち切られたがファンの署名で復活!★日本直輸入の同人誌即売会にアメリカ女性400人が殺到!!★「ビジュアル・ケイ」は「アニメみたいなルックスのバンド」という意味で英単語になっていた!★『百獣王ゴライオン』がギャングスタ・ラッパーたちに崇拝されてるYO!★『ウルトラセブン』は英語版ではコメディに吹き替えられた!★『キカイダー』はハワイ限定で大人気だった!★『宇宙戦艦ヤマト』から大和魂が骨抜きに!★低迷するアメリカ出版業界を救う日本製少女マンガ・ブーム、その性描写の過激化はいつ米国の表現規制と衝突するか?★「萌え」を理解しようとするアメリカ人の前に立ちふさがるチャイルドポルノの恐怖!★リン・ミンメイでアメリカ人、初めて「萌え」を知ってカルチャーショック!・・他

内容(「BOOK」データベースより)

全米で爆発する日本製オタク・カルチャー、その知られざる裏事情を奥の奥まで大公開。アメリカは萌えているか?!アメリカン・オタクの世界にようこそ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 太田出版 (2006/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778310020
  • ISBN-13: 978-4778310028
  • 発売日: 2006/8/9
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 311,258位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
こんなに面白いオタク本って、しばらくなかった。

80年代以降のアメリカのこどもが日本のアニメにはまっていく様子を、自分の体験を通じて瑞々しく語っている。

一貫してアメリカの子ども(消費者)の視点で書かれていて、そこが他の同類の書籍とは決定的に違う点。

本書はアメリカに於けるオタク・クロニクルになっている。

超マイナーだったアニメ・まんがを渇望した80年代の黎明期から、商品の流通量が増えていく成長期の90年代、そして日本のポップカルチャーが立派なビジネスになった現在までを一気に語っている。

大変だったんだあ、向こう(アメリカ)は、とつくづく思う。

アメリカン・オタクの障害を乗り越えて燃え上がる愛のような熱意を感じた。

作者は、しかしオタクの限界、ダークサイドも自覚している。どことなく醒めている。現状を手放しに喜んでいる訳ではない。それはお祭りの終わった後のちょっと寂しい感じににているかなと思う。

好著です。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
なんでこんなにいろいろ知ってるの…というのが最初の印象。
素直に面白かった。そして、漠然と知りたいと思っていたことを
次々教えてくれて、まるで1問1答しているようだった。

これは数年前の出版ですよね。
また最近の情報についてもこの著者の目線でいろいろ書いてもらいたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
70年代生まれのアメリカの少年が、立派なボンクラ・オタク青年になった。彼の半生とオーバーラップして語られる、アメリカン・オタク・カルチャーの歴史。
本書には、ゴジラ、ウルトラマン、宇宙戦艦ヤマト、マクロス、ガッチャマン、子連れ狼、島田陽子のショーグンなどの古典的なオタクコンテンツがいかにしてアメリカに侵入し、彼の地のオタクたちがそれらをいかにして解読していったか(解読が必要なほど歪曲されてたのです)、そして今、彼らがどれほどオタク文化に熱中しているかが、現在進行形のレポートでまとめられています。
そう、細かく項目分けされた本書は、時々時制が2004になったりするんでちょっと混乱するんです。「フィギュア王」「映画秘宝」などに連載されたものに大幅加筆したらしい。でも、それが良い意味でライヴ感を出している。こうして日本で翻訳が読まれている間にも、アメリカンヲタの間では熱心に研究やら消費やらが進んでいることでしょう。その模様はcosplay.コムなどでリアルタイムで確認できます。

怒濤のように流れるオタク市場の変化についてゆけず、足を洗って久しい私ですが、「興味を持ったものを徹底的に調べる」「欲望し、渇仰するものに忠実である」というオタク原理主義的な生き方はやはり素晴らしいと思う。てんこ盛りすぎて腹一杯になる本書ですが、青春の血がたぎる一冊です。ア
...続きを読む ›
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 構成タイトルのつけ方とか写真の入れ方なんかが町山著の「USAカニバケツ」とほぼ同じ。ああ、こういうところも「町山超訳」っぽい感じがするのかな。これは編集者村上清氏の手柄?視覚的に読みやすいので問題なし。というか好き。

 日本のアダルトアニメ、マンガがHENTAIと呼ばれるようになった経緯とか、「萌え」が世界進出する際のリスクというか、「萌え」が外圧で禁止される可能性がある理由なんかが見えて興味深い。

 そして、なんというか、「オタ」がつまんない田舎からの現実逃避として共通の一手法である、という共通点が・・・ちょっと個人的にイタかった。

 文句無くお勧め。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 ムチャクチャ面白い。傑作。

 つい先日、草薙某の『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか』を読んで、情報は詰まっているけれど本質的なところには手を突っ込まない、どっかのシンクタンクのレポートみたいなヌルい内容に欲求不満を募らせていた。で、もっとナマな現場の空気に触れられるかと、本書に手を出したワケだ。

 実は本の現物が手元に届くまで、町山智浩の著作と思い込んでいた(町山の本なら面白いだろう…)。表紙に「パトリック・マシアス著、町山智浩編・訳」とあるのを見つけてショックを受けたのだが、気落ちしつつページを開いたら、後はもうジェットコースターに乗ったみたいなモンだった。

 「あとがき」で著者は町山との関係の一端に触れている。そこから推測するに、町山は著者の原文にかなり手を入れ、いわゆる「超訳」しているのではないか。とにかく日本語がイキイキしていて、町山本人の筆遣いを感じさせる。

 「はじめに」で著者は、海外のオタクたちが日本のオタク文化に惹きつけられるキッカケとか背景について考察している。その一方、本文は「はじめに」の打ち出している解釈の枠内に留まるものでは全然なくて、むしろそんな内省をブチ壊すようなパワーに溢れている。「オタク・イン・USA」の姿をイキイキと描き出すことで、米国が抱え込む人
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー