通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オスマン帝国 イスラム世界の「柔らかい専制」 (講... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 こころの色
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【発送は24時間以内】1992年4月第1刷。カバーに若干のスレ・背ヤケがありますが、他に目立つ痛みはなく良好です。◆防水梱包の上、(こころの色)事務局より<早く、安全、丁寧に>発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オスマン帝国 イスラム世界の「柔らかい専制」 (講談社現代新書) 新書 – 1992/4/16

5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オスマン帝国 イスラム世界の「柔らかい専制」 (講談社現代新書)
  • +
  • 神聖ローマ帝国 (講談社現代新書)
  • +
  • ハプスブルク家 (講談社現代新書)
総額: ¥2,527
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

西欧人の見た「残虐な征服者」は、西欧をはるかにこえる先進国だった。羊飼いでも大臣になれる開放的な社会。キリスト教世界で迫害されたユダヤ難民を受け入れた宗教的寛容性。多民族・多宗教の超大国を支えた「柔らかい専制」の秘密に迫る。

ユダヤ難民を保護した寛容性――近代西欧を見なれた我々にとって、西欧社会は開放的で合理的な社会だというイメージが定着している。そして、キリスト教も、合理的で寛容な宗教とイメージされがちである。これに対し、イスラム世界は閉鎖的で非合理的な社会であり、イスラムは不寛容な宗教だというイメージが強い。しかし、少なくとも中世から初期近代までは、実態はむしろ逆であった。……15世紀以降になると、それまではムスリムの支配下に安全に暮らしてきたスペインのユダヤ教徒も、(キリスト教徒に)厳しく迫害されるようになった。この時、迫害に耐えかねた彼らが安住の地として大量に移住した先が、オスマン帝国だった。ノーベル文学賞受賞者であるオーストリアのエリアス・カネッティも、彼らの子孫の一人である。かつてはオスマン領だったブルガリアのルスチュクに生まれ、ユダヤ人差別の存在をまったく知らずに育った。スイスの学校に入ってはじめて自分が差別される存在であることを知ったと、その自伝で述べている。――本書より

内容(「BOOK」データベースより)

西欧人の見た「残虐な征服者」は、西欧をはるかにこえる先進国だった。羊飼いでも大臣になれる開放的な社会。キリスト教世界で迫害されたユダヤ難民を受け入れた宗教的寛容性。多民族・多宗教の超大国を支えた「柔らかい専制」の秘密に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 254ページ
  • 出版社: 講談社 (1992/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061490974
  • ISBN-13: 978-4061490970
  • 発売日: 1992/4/16
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 91,315位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
新書という形式から仕方ない部分はあるが、内容は、時代でいえば、オスマン帝国の成立とメフメット2世によるコンスタンチノープルの征服、スレイマンまでを中心に紹介。
その他に、オスマン帝国の統治形態、人材登用の様子など、いくつかのトピックの紹介に留まっている。
少ない紙面に、工夫していろいろと詰め込もうとした意図はわかる。
しかし、時代の流れを追うか、トピック中心に描くか、どちらかにフォーカスして執筆しても良かったのではないか、とも思えた。
また、歴史に関する書物なので、末尾に、せめて、オスマン帝国の滅亡までの年表でもつけて欲しかった。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 θ トップ500レビュアー 投稿日 2014/12/18
形式: 新書
オスマン・トルコというと、世界史をやっていても印象が薄い人が多いのではなかろうか。
中世にかけてヨーロッパへの脅威であり、そして近代化の波に乗り遅れた、程度でさらりと流されがちである。

もちろん、実際にはそんなに簡単な話ではない。
オスマン・トルコは優れた多民族共生と人材登用システムを備えており、一方で中世ヨーロッパが封建的で分権的だったのに対し危機に対する集権力は圧倒的にオスマン帝国の方が上であった。

・・・という話は確かに書かれており、そういう面は非常に面白いのだが、そのような話は最後の二章ぐらいで、その章の中でも統治体制への洞察というよりただの史実紹介はわりと多い。
確かにオスマン帝国の歴史は長いので理由はよく分かるが、しかしかなりの部分がひたすら歴史を追っていく感じで、いささか疲れてしまう。
また、オスマン帝国の上り坂の部分の歴史のみが取り扱われており、後期にあたる衰退から滅亡に至る歴史はほとんど書かれていないと言っていい。
サブタイトルがいささかミスリーディングで「前期オスマン帝国史」を知りたい人が読むべき本という感じがする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
オスマン帝国は「民族も宗教も異とする多種多様な人々を、ゆるやかに
一つの政治社会の中に包み込む、統合と共存のシステムであった」という記述は衝撃的であった。
もちろんそれは強い軍事力によって保証・強制された平和だったのかもしれないが、
キリスト教徒社会で迫害されて逃げてきたユダヤ人が保護されたり、
後に民族紛争のるつぼと化すバルカン半島もほとんど平和に統治されていたという
歴史的事実を踏まえると感嘆に値する。

また宮廷奴隷からスルタンの側近、一般徴募されたイェニチェリから軍の幹部へと
門閥にとらわれず能力主義のみで政治の中枢に上り詰めることができたというのも驚きである。

こうした合理的なシステムとゆるやかな統治によって、オスマン帝国は六百数年にわたり
広大な領土を治めることに成功した。それがどう綻ぶことによって帝国が衰退していったかと
合わせて学ぶことは、現代にも大いに参考になることと思われる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
図版と地図が多く、とても読みやすいオスマン帝国史だと思います。

「民族も宗教も異にする多種多様な人々を、ゆるやかに一つの政治社会の中に包み込む、統合と共存のシステム」、というオスマン帝国の様子が非常に詳しく書かれています。「多様極まる人間集団」だったオスマン帝国の歴史は、現代の私たちにとっても、「社会における多様な要素の統合と共存の問題を考える時、こよなき示唆を与えてくれる」ものだと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
西洋史に毒されている私には、中東の歴史がよく分からんので読んでみたのだが、結局よく分からなかった。もちろん、いわゆる歴史の事象の連続や人名は沢山出てきて、歴史書として文句があるわけではない。しかし、これを読むとオスマントルコの帝室や政府は奴隷ばかりからなっているように思えて、それが、いくら専制皇帝でも、それだけで機能するとはなかなか信じがたい。

現代のイスラム社会は部族社会であるように見える。それは、オスマン朝時代だってそうだったに違いないのだと思えば、ここに書かれている帝室+政府と別に部族社会があって、お互いに適当に不可侵な関係があったのじゃないかと想像を廻らせてみても、具体的な関係までは想像もつかない。経済的な両者の関係も、体制の安定には重要であったはずだが、本書では、東西貿易を押さえたことがオスマントルコの繁栄をもたらしたとの記述があるのみである。

一つ、納得したのは、奴隷が中心の政府であり、軍隊であることで、出世が出自より才能による面が西洋より大きかったことがオスマントルコを強くしたという記述だ。ただ、スタートが才能主義でも、すぐに体制となって、保守化するのが普通なのは世界の歴史の教えるところだ。オスマントルコが才能主義を続かせることが出来た理由については、本書は何も語っていない。

イスラム世界の香りもイマイ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー