中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ff1315_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オスティア物語―古代ローマの謎ときアドベンチャー 単行本 – 2003/3

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他(12)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 11,099 ¥ 1,717
単行本, 2003/3
¥ 1
CD, Abridged, Audiobook, CD
"もう一度試してください。"
¥ 6,372 ¥ 1,499
カセット, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 9,152
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『ハリー・ポッター』を生んだ英国で話題のファンタジック・ミステリー。古代ローマを舞台に、少女達が難事件を解決する手に汗握る小説。
世界12カ国で熱読! イギリスが生んだ、ファンタジック・ミステリーの傑作。
 舞台は、なんと<古代ローマ>。帆船の港、広場、共同墓地、赤レンガの灯台……、古代の港町を舞台に、フラビア・ジェミナと3人の友達が活躍する、今までになかったスリリングな冒険ミステリー。ファンタジーファン、ミステリーファン、古代史ファンにおすすめの第一級エンターテインメント小説。
 著者は、ロンドンの小さな小学校でラテン語とフランス語と美術を教えていた元女性教師。古典文学・古典美術・考古学の知識をフルに生かして本書を執筆した。
 謎解きの名人である、少女フラビア・ジェミナが解決したはじめての難事件。友情、秘密、活劇、そして愛がいっぱいの、冒険ミステリーをどうぞ。

内容(「BOOK」データベースより)

フラビア・ジェミナがはじめて謎を解決したのは、ヴェスパシアヌスが皇帝の位についてから十年目の、六月十三日だった。もともとフラビアは、父のなくした物を見つけるのが得意だった。いちばん上等な外衣や羽根ペン、それに儀式で使う短剣まで見つけてあげたことがある。けれども、今回は本物の犯人がいる、本物の事件だった。時は、AD79年。古代ローマ。帆船の港、広場、共同墓地、赤レンガの灯台…港町を舞台に、フラビア・ジェミナと3人の友達が活躍するスリリングな冒険ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2003/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569627315
  • ISBN-13: 978-4569627311
  • 発売日: 2003/03
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,203,058位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 確かに、大人向け小説と考えると、特に違和感がないが、子供が読むとなると、共感しにくい訳文と言えるかもしれない。古代ローマの日常生活を舞台にした娯楽小説は少ないため、私も含めて、大人の読者にとっても、読みたい分野である。とはいえ、同じ古代ローマを舞台とした、サトクリフ作品と比べると、もう少し低学年向けという感じなので、筋立ては若干物足りないところがある。
 
 しかし、町の風景や、主人公の家、子供にとってはかなり物騒だった当時の町の様子などが生き生きと描かれていて、このあたりはサトクリフ以上だといえよう。(これは、町が殆どそっくり遺跡として残っているオスティアを舞台とする本作と、規模の大きい町遺跡のないイギリスを舞台とするサトクリフ作品の相違に過ぎないが)
 オスティアは、一度旅行したことがあるので、映画を見ているように、リアルな感じがした。これからオスティアを訪れる方は、是非一読をお薦めします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 時代は帝政ローマ、ヴェスパシウス10年(西暦79年)。港町オスティアの少女フラビアの父は有能な船長ですが、なくしものの名人。上等のトーガ、ペン、飾り短剣...いつもフラビアが見つけてあげるのです。しかし今日は封印用の指輪が盗まれた、と父が言います。犯人がカササギであることを突き止め、巣のある木に登って指輪を取り戻したばかりでなく、他の装身具も見つけましたが、野犬に取り囲まれてしまいました。危ないところを助けてくれたのは、最近隣家に引っ越してきた少年ジョナサンでした。
 フラビアは父と、見つけた装身具をお金に替えに行きましたが、市場でアフリカ人の女奴隷が売られているのを見つけ、同じ年頃の少女ヌビアを父に買い取って貰います。
 新しい友人2人と、航海に出る父を波止場に見送りに出かけたフラビアは帰り道、ジョナサンの家の近くに血痕が続くのを発見します。彼の家の番犬ボバスが殺され、首を持ち去られていたのです。3人はその謎を解こうと行動を開始し、聞き込みの結果、近くに住むアヴィタが最近娘を犬に殺され大変嘆いていることを知ります。アヴィタが犬を憎むあまりボバスを殺したのでしょうか?途中オスティアの町で乞食をしている孤児ルーパスも仲間に加わり、手分けして事件を追います... 
 巻頭にはフラビアとジョナサンの家の間取り、オスティアの町の詳しい地図が掲載され、巻末には
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒロアン 投稿日 2012/5/10
形式: 単行本
面白かった!歴史ミステリーと言うより児童書として、適度なドキドキ具合かと…笑。でも、薄めたワインやお菓子類を始め、町並みの描写等、細かな時代考証がシッカリしてあるみたいで、未来の歴史オタクを育てるためにも、こういう読みやすい児童書は、魅力的な訳でドンドン出してほしいものです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告