中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オジいサン 単行本 – 2011/3/10

5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

益子徳一、七十二歳、独身。定年後の人生を慎ましく過ごす独居老人の大真面目で可笑しくて少しだけせつない日常。じんわり沁みる老人小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

京極/夏彦
1963年生まれ。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1996年『魍魎の匣』で第四九回日本推理作家協会賞(長編部門)、1997年『嗤う伊右衛門』で第二五回泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で第一六回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第一三〇回直木三十五賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 362ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2011/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 412004209X
  • ISBN-13: 978-4120042096
  • 発売日: 2011/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 139,630位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
生真面目で理屈屋の益子徳一さん(72歳独身)が主人公。取るに足りない思考を繰り返す日々、ほとんど変わり映えしない慎ましい毎日、波瀾万丈とは程遠い平坦な日常。それにも関わらず4日・5日目くらいになると、自然と涙が流れるではありませんか。自分でもどの一節で、どんな内容に涙腺が刺激されたのか、まったく分かりませんが、6日目ではこめかみが痛くなる程涙腺を刺激され、最後の7日目ともなると嗚咽をあげて号泣。と、ここまで書いたところで、ふと他の方はどうなんだろうと思い、ブログ検索をし感想を読んだところ、びっくりするくらい誰も泣いていませんでした!皆様とても冷静でいらっしゃいました!という訳で星5つは「おすすめ度」ではなく「個人的嗜好度」です。京極作品を読んだことが無いという方には、百鬼夜行シリーズや巷説百物語から読むことをオススメします。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
至極真っ当な老人小説である。実際にその年齢に達していない作家の手になる老人小説としては、私は筒井のカリチャライズ小説しか知らないが、本作は(そこまで独走していない)枯淡とした味わいを感じさせる中々の出来栄えだと思う。主人公の独居老人の徳一の人物像は作者の創造・想像による架空のものであろうが、読み進めて行く内に次第に親近感が湧いて来た。

これと言ったエピソードも無い独居老人のさりげない日常を淡々と綴ったものだが、その侘しさ、虚しさ、自由なるが故に感じる不自由さ、偶に世間と繋がる時の煩わしさと言った事が、世相に対する皮肉と共に語られる。特に、"時間"に対する考察が興味深く(見開き左頁の下に時計の表示がある)、徳一が「一年が過ぎるのは速いが、一分が過ぎるのは遅い」と感じた時に発した「若者は各駅停車の電車に乗っているが、我々は新幹線に乗っている」との言辞は含蓄がある。また、徳一を律義・頑固で理屈好きな性格に設定している点がユーモア味を醸し出している。紆余曲折した経緯を経て徳一がある事を"理論的に"思い出す描写が何度も出て来る点に思わず微笑んだ。これが上述の侘しさ、虚しさ等をカバーしている。また、各頁の最終行を文の終りと合せる作法はいつも通り。

これと言ったエピソードも無いのに"大円団"と言うのは何だが、きちんとシミジミとした大円団を用意してある辺りも心憎い。作者の他の作品群とは作風が異なるが、読み応えのある作品に仕上がっていると思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
何とも形容しがたい小説。独居老人の、本当に平凡な日常をおなじみの京極節で描いたもの。強いていえば、京極堂シリーズから関口のパートだけをもってきたような感じか。煮え切らず、思考が堂々巡りするさまがよく似ている。読んでいると、自分の老親を思い出したり、自分も年を取ったらこんな感じになるのかなぁと思ったり。山も谷もない小説だし、何かテーマがあるとも思えないのだけれど、不思議と共感できる。でも、すごくおもしろいかといわれれば、いやつまらなくはないけどと答えるしかないような。そんなよくわからない感じの「老人小説」です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
京極夏彦の本を初めて読みましたが、とても面白かったです。独身で身寄りのない独居老人の生活が淡々と書かれているのですが、全く悲壮感はありません。ただ、何が面白いかと聞かれると、明確に答えることは出来ず、これは好みの問題なのだという気がします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
独居老人の一週間を描いた作品

京極氏の描くキャラクターには、思考がループする人が多い気がする
本著の主人公もその一人だ

平凡な日常が、ふり幅は少ないながらも喜怒哀楽と共に描かれる
不思議な味わいがあり、なかなか良かった
ハッピーエンド(?)なラストも好きだ

京極氏の作品のなかでも、特に何も起こらない日常を描いた本作は珍しいのでは!?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
若い方が読まれてもわからないと思う。
対象年齢は高いと思います。
身体と脳が少しずつ思うように働かなくなる、
そう感じたことの無い人が読んでも退屈なだけです。
人生面白いことばかりではありません。
でもつまらない事ばかりでもないんです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告