中古品
¥ 258
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 真ん中本舗
コンディション: 中古品: 非常に良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える 単行本 – 2005/12

5つ星のうち 4.6 112件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2005/12
"もう一度試してください。"
¥ 1,607 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

Jリーグ屈指の美しい攻撃サッカーはいかにして生まれたのか。ジェフ千葉を支えた名将が、秀抜な語録と激動の半生から日本人に伝えるメッセージ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

木村/元彦
1962年、愛知県生まれ。中央大学文学部卒。ノンフィクションライター、ビデオ・ジャーナリスト。独立映画制作会社「疾走プロダクション」を経てフリーに。アジア、東欧の民族問題を中心に取材・執筆活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2005/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797671084
  • ISBN-13: 978-4797671087
  • 発売日: 2005/12
  • 梱包サイズ: 19.7 x 14 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 112件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 474,793位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
今ならマーケットプレイスでずいぶん安く買えます。送料の方が高いくらいです。

脳梗塞から復帰し、とりあえず日本サッカー協会のアドバイザーに就任しましたね。協会としても、日本のサッカー界に引き止めておきたかったのでしょう。「ベンチに座りたいが、ベンチで死にたくもない」とオシム節は健在のようです。 また、昨今の日本代表の試合を見る限り、最近のヨーロッパのスピードと運動量と戦略で魅せるサッカーには依然ほど遠い現実であることに気づく。日本代表の監督ではなくなったが、日本はまだオシムを必要としているように思われます。

本書は元々ベストセラーを狙って書かれたものではなかった筈ですが、オシムの代表監督就任と共に一気に有名に。しかし、発売から2年以上経ち、当のオシムも倒れて代表監督を辞めることになってしまい、この本も注目を浴びることは無くなった。でも、興味深い内容であることには変わりなく、一時印税狙いでたくさん出てきた他のオシム本に比べても、この本は依然ベストの一冊だ。

本書を読む限り、ヨーロッパでも幅広い人脈を持ち、尊敬を集めている人柄や理由があらためて良く伝わってくる。これだけ多くの苦難や数奇な運命を乗り越えて独自のサッカー理論と練習方法を確立して若手を育ててきた人だ。オシム・ブームは去っても、この人はこのままでは終わらないと思う
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
評価が遅れてすみませんでした。ゆっくり読んでいたので。
品は新しく良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
勝ったのにうれしそうではない発言をするし…

ナビスコカップで優勝しても胴上げは遠慮する。

あげくのはてには、年間を通して攻撃的なサッカーをしていたガンバこそ優勝にふさわしいと、まだリーグ優勝の可能性が残っているのに、そんなことを言う…。

サッカーにそんなに強い興味があるわけでもないのに、いつの間にか気になる存在として、新聞のスポーツ欄の片隅に載る彼の言葉を追うようになっていた。

そういえばジェフっていつの間に、こんなに強くなったの?

むかしはJ2への降格争いで盛り上がってたチームだったはず。

オシム。何者?

そんな興味で買ったこの本。

参りました。

読んでて何度も目頭が熱くなりました。

オシムさんの発する言葉と言葉のあいだには、修羅の世界がありました。

修羅場を乗り越えた人だからこその叡智!

と思ったらこの人は、こんなことを言います。

「そういうものから学べたとするのなら、それが必要なものになってしまう。そういう戦争が…」

年末になって出会った今年ナンバー1の本です。
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 未希 投稿日 2005/12/5
こんなに素晴らしい監督の元でサッカーができる選手、
そして応援しているサポーターは幸せだと思いました。

阿部勇樹選手がこの本で
「僕たちがこれだけ世話になったオシム監督に何が
 恩返しできるかって言ったら、優勝しかないと思うんです。
 監督が喜ぶ顔、その顔が見たいから。」
と言っていました。ナビスコ杯の決勝戦、そんな思いで
あのボールを蹴ったんだ…と思うと目頭が熱くなりました。

ドラガン・ストイコビッチのメッセージの最後に書いてあった言葉。
この本を読んだ後、よく分かりました。
「彼は偉大であり、また偉大であり続けるのだ!」
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
オシム語録でたびたび注目される監督ですが、

あの時の言葉にはどういう意図があったのか、という謎がいくつも解明されていてとても興味深かったです。

相手に何かを伝えようとする際に、ダイレクトに物を言うのではなく、

相手に考えさせるようにする言い回し、まるで謎解きのようですが素晴らしいです。

「リスクを冒して攻める。その方がいい人生だと思いませんか?」

僕が好きな監督の言葉です。サッカー関係ない人にもやる気が出てくる言葉ですよね。

監督として素晴らしいのはもちろん、人間的にも素晴らしい人ですね。

旧ユーゴ監督時代のミヤトビッチやサビチェビッチのエピソードが泣かせます。。

彼に指導してもらった選手はプレイヤーとしてだけではなく、人間としても成長できるのでしょうね。

是非ジーコの次はオシム監督で!日本代表もたくさん走らせて欲しいです。

「走りすぎて死ぬことはない!」
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す