中古品
¥ 1,000
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【送料完全無料・毎日発送!!】状態良好です。有難うございます太陽堂です。お急ぎ便・コンビニ受取・クレジットカード・ネットバンキング・電子マネー・代金引換にも対応しております。こちらはAmazon専用在庫です。お客様よりご注文を頂き次第、Amazonより迅速に発送がなされます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オケ老人! 単行本 – 2008/10/1

5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 649
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 751 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

平均年齢世界最高齢!梅が岡交響楽団!!
平均年齢世界最高齢のアマ・オーケストラ「梅が岡交響楽団」(略称・梅響)が、
エリートアマオケ梅フィルに挑むなか、日本・ロシアの国家レベルの情報戦にまで
話が飛躍する、全く新しいエンターテインメント!

内容(「BOOK」データベースより)

平均年齢世界最高齢(?)の梅が岡交響楽団が贈る、笑い、涙、サスペンスありの世界にひとつの交響曲。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 354ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/10/1)
  • ISBN-10: 4093862338
  • ISBN-13: 978-4093862332
  • 発売日: 2008/10/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 451,604位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 30代半ばの高校の男性数学教師がとんだ勘違いから高齢者だけのオーケストラに入団することになったことからさまざまな事に巻き込まれるが、大人として成長していく様子が楽しい。
 笑いあり、涙あり、サスペンスありで楽しめるが、こんな偶然ってなかなかありえないというような無理やり感が若干ある。
 総合的にみては、読んで損はないと思うし、他の作品もぜひ読んでみたいと思えた。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久しぶりにこんな上質のコメディーを読みました。
ミステリーの部分はちょっと強引な展開ですが、
涙あり、笑いあり、高齢化社会にエールを送りたくなる
すてきな本です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず書名でウケました。著者については何も知りませんでしたが、書店店頭で見つけ、
内容をパラパラと見、即書いを決めました。

アマオケ経験者はうなずくところ多し。読むべし。
著者もオケ経験ありかな?

個人的には、せっかくうまいシチュエーション(老人オケ)を思いついたのだから、
その設定内でエピソードを増やし、話を広げてほしかった。
ロシアの事件との絡みは、どうもうまくこなれていないような気が。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
出演者は皆どこかで結びつくという有り得ない話、
でも同じオケ老人としては身につまされるところもあり、一気に読みきった。
しかし筆者はファゴットを吹くらしいが、クラリネットをなめている、
クラリネットの楽器を忘れたからといって、急遽大根をくりぬいて作った楽器で
エグモント序曲を完璧に吹くことなど有り得ないから、物語のスタンスが一定でないところが不満
まあ再読することは無い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
梅響と梅フィルー対象的な方針で運営される二つのアマチュアオーケストラを舞台に、フツーの日本人たちとロシア人指揮者や背後に暗躍する諜報機関(!)まで絡んで繰り広げられる奇想天外な物語には、オケ関係者ならたちまち惹きこまれるでしょう。作者はゼッタイにオケ経験者(Violin?)と断言できるくらいに、場面描写にはリアリティがあります。

「参加することに意義あり」のオリンピック精神と「アマチュアであっても技術向上のための競争原理も必要」という、スポーツや吹奏楽の世界では古くからあって永遠のテーマ。しかしこれは、おそらく作者も意識したと思いますが、現在の日本社会の縮図なのでしょう。「格差」や「少子高齢化」という難題を抱えた日本社会。崩れ去りつつある「一億総中流意識」や「地域社会」の微温的な人間関係に守られてきたこの国のセーフティネットと、これを冷やかに見つめ「自己責任」に基づく「普通の国」にならねばならないとする主張。一気に読み切れる爽やかな物語ですが、投げかけているテーマは案外大きいと思います。

そう思って読むと評価は分かれそうな結末ですが、アマオケに永く関わってきた私自身も作者同様に、この社会の将来が「梅が岡」の街のようであって欲しいと願う一人です。
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
カラオケ×老人?かと思ったらオーケストラ×老人!
音楽に目覚めた主人公が誤って入ってしまったのは棺桶に片足突っ込んでいるような老人しかいないアマチュアのオーケストラ団体。当然まともな演奏などできるはずもなく主人公は何度も退団しようとしますがその都度邪魔が入り…という導入から始まる、コミカル色の強いストーリー。音楽一本で通すのかと思いきや国を跨いでのスパイが絡んできたりと意外にスケールが大きい。
音楽にまったく興味がない人間なので楽しめるか不安でしたが、物語として面白いのでいらない心配でした。笑いも涙も挫折もカタルシスも適切な分量だけ綺麗に整えて詰めてあるという印象。バランスはいいのですが、優等生な仕上がりすぎて「普通に面白い」以上の感想にはならなかった。だれる部分はいっさいないので一気に読めます。青春小説としてはかなりクオリティ高め。
音楽に興味ゼロの私でも楽しめたので音楽に精通している方・オーケストラ経験のある方はいっそう楽しめるかも。ストーリー的には都合のいい部分も多々見られましたが一応伏線は綺麗に張ってあるので無理やり感も薄かったです。総合して☆3.5。音楽を愛する人には特におすすめ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー