オクタヴァリウム がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,485
通常配送無料 詳細
発売元: machan78♪
カートに入れる
¥ 2,485
通常配送無料 詳細
発売元: EC工房
カートに入れる
¥ 3,080
通常配送無料 詳細
発売元: ステップREIKODO
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 900MP3アルバムを購入

オクタヴァリウム

5つ星のうち 4.5 52件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,654
価格: ¥ 2,485 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 169 (6%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Abo Co., Ltd.が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 1,979より 中古品の出品:22¥ 4より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ドリーム・シアター ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オクタヴァリウム
  • +
  • Systematic Chaos
総額: ¥3,399
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/6/8)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 75 分
  • ASIN: B0009EOZYO
  • JAN: 4943674057078
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 92,092位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
8:07
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
5:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
6:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
7:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
6:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
10:43
アルバムのみ
8
30
23:58
アルバムのみ

商品の説明

内容紹介

名盤伝説の最後は、我らがドリーム・シアターが飾る! ニューヨーク・ヒット・ファクトリー・スタジオ最後の栄誉あるスタジオ・レコーディング・アルバム! 名実ともにプログレッシヴ・ヘヴィ・メタルの頂点に立つドリーム・シアターの、1年半ぶり8枚目のオリジナル・スタジオ・アルバムがついに登場。

今作は、ドリーム・シアターのさまざまな面を併せ持つ、まさにドリーム・シアターの真骨頂的アルバム! 5分弱の短いポップな曲から、24分間の大曲(タイトル曲の「オクタヴァリウム」)まで実にヴァラエティに富んだ内容に仕上がっている。プロデューサー:ジョン・ペトルーシ&マイク・ポートノイ、日本盤解説:伊藤政則。

メディア掲載レビューほか

名実ともにプログレッシヴ・ヘヴィ・メタルの頂点に立つドリーム・シアターの1年半ぶり8枚目のオリジナル・スタジオ・アルバム。5分弱のポップな楽曲から24分に及ぶ大作までバラエティに富んだ内容に挑んだ野心作!ジョン・レノン他、数々のアーティスト達が使用した`ニューヨーク・ヒット・ファクトリー・スタジオ`の最後のスタジオ・レコーディング作品。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 koppagure トップ1000レビュアー 投稿日 2016/3/3
形式: CD Amazonで購入
普段はツェッペリン、ディープパープル、ジェスロタル、ブラックサバス、フロイドやクリムゾンと言った70年代のハードロック、プログレを好んで聴いているが、このドリームシアターもまた良い。何せ音が新しい。メタル然としたサウンドを背景に聴き方によってはゲームサウンド的とも言える混沌と破壊、創造を連想させる展開を見せ、時にピアノをフィーチャーしたスローな曲で美しいメロディを聴かせ、とにかく飽きさせない要素が満載。ヘビロテするようなジャンルではないが、時々無性に聴きたくなる類の音楽だ。なお、マスタリングは職人ジョージ・マリノ。音圧高めで音はよく分離している。残響も控えめで極めて2000年代的なバランスになっている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/3/10
形式: CD Amazonで購入
 2005年、DREAM THEATERの作品です。

 PINK FLOYDを思わせるジャケット、GENTLE GIANTを思わせるアルバムタイトル、
ケースを開けディスクを取り出すとYES「Close to the Edge (危機)」のようなグリーンが。。。
 と、CDを聴く前から、オマージュのにおいがプンプンしている作品です。

 楽曲は、オマージュとDTらしさが、バランス良く配合された感じです。
 また、DTのもつ「へヴィ」&「メロディアス」の側面、「楽器」&「歌メロ」の側面もバランス良くなってます。
 
 作品全体としては、
METALLICAやIRON MAIDENのようなへヴィさや、インストパートのゴツゴツ感をもちながら、ゆるやかにメロディが展開していく作風で、
他レビューにあるとおり、(リリース当時の)DTの集大成的な作品であると思います。

 (1)(3)(6)あたりが、へヴィで緩やかに展開する、この作品の雰囲気を良く伝えています。
 ほか、DTの名バラードの1つ(2)、アグレッシヴで壮絶なインストパートをもつ(5)、24分にも及ぶ大曲(8)も、聴きどころです。

 ただ、「☆-1」させていただきました。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 ドリーム・シアターの発表するアルバムに関していつも問題となるのは、メロディとヘヴィネスのバランス(振り子がどちらに振れているか)であると思います。
 『Train of Thought』や『Awake』をヘヴィネスの、『Metropolis』や『Images and Words』をメロディのそれぞれ両極に配置すると(若干強引ではありますが)、本作品はその中間あたりに位置付けられるのではないでしょうか。いい意味で中道的な作品だと思います。
 演奏力について今さらあれこれ言うつもりはありませんし、楽曲も個人的には満足のいくものです。私はメロディもヘヴィネスも好きですが、こういった中道的な作品にこそドリーム・シアターの良さ、奥深さを感じてしまい、愛聴しています。
 
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
このアルバムは新規dream theaterファンをねらったのか、分かりやすいフレーズを初めに置いて、
終盤からはこれぞdream theaterといえるフレーズが入った曲が入っています。

最後の曲だけが以上に長かったのでマイナス1.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
昔、クィーンが大好きで、オペラ座の夜みたいな起承転結のある曲は面白いと思っていますが、このアルバムもそういう感じで、アルバム1枚で1曲という聴き方になるのかな。クィーンのほうが断然ポップでわかりやすいですが・・プログレは難しいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 主観音 VINE メンバー 投稿日 2005/6/12
形式: CD
歌メロの充実か、インストパートの充実か。DTの曲作りは、どちらかに比重を置いて練られる場合が多い。
前作は明らかにインスト中心の楽曲展開で、音作りまでもライブを意識したものだったから、かなりヘヴィな内容のアルバムだった。それを聴き応えのあるものと感じるか、聴きづらいものと感じるかは人それぞれだと思う。個人的には、どこに重心を置いた作品を発表しようと、DTの流儀が貫かれている限りは、彼らが孤高の存在であることに変わりはないんだけども…。
しかし、この8作目…とにかく、すごい。
歌メロとインストパートのバランスが超名盤とされる『イメージズ・アンド・ワーズ』にも比肩する。8曲中、前半の6曲は『フォーリング・イントゥ・インフィニティ』時のポップ感も感じられる10分以内のコンパクトな楽曲。ラストは彼らの真骨頂24分の大作で締め括られる。曲間にはSEを配して、流れも完璧。何よりもジェイムス・ラブリエの歌に、今までになかった艶やかな魅力を感じる。(もともと、ライヴでも他のプロジェクトでも、何でも歌いこなせる本当に巧いボーカリストだけどね。)
そして唯一、心配だったセルフ・プロデュースも、やるじゃん、ジョン&マイキー。適切な周波数調整、適切なフェーダーとパンの位置、適切なオーバーダブにエフェクトにと、最高のプロダクション。以前までの過度なドンシャリが嘘のよう
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー