中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

オカマだけどOLやってます。 単行本(ソフトカバー) – 2006/9/27

5つ星のうち 3.7 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2006/9/27
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

能町みね子、2X才。オカマだけど都内の某会社でOLやってます。こっそり働きはじめて約3年。会社の人は誰もその正体を知りません。アメブロで圧倒的支持を集める脱力系イラストブログを発単行本化。女子よりも女子らしい…のか?どきどきスローOLライフ☆

内容(「BOOK」データベースより)

能町みね子、2×才。オカマだけど都内の某会社でOLやってます。こっそり働きはじめて約3年。会社の人は誰もその正体を知りません。アメブロで圧倒的支持を集める脱力系イラストブログを初単行本化。女子よりも女子らしい…のか?どきどきスローOLライフ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 129ページ
  • 出版社: 竹書房 (2006/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812428912
  • ISBN-13: 978-4812428917
  • 発売日: 2006/9/27
  • 梱包サイズ: 19 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 489,813位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ブログを見つけてからはや6ヶ月。

ついに「オカマOL」が書籍化されるんですね。

能町さんのアップテンポなストーリーと、独特なイラストが素敵なサイトなので、書籍も期待が持てます。

追加で書いたイラストの出来が楽しみです。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
思いのほか発見があった。
読み始めのうちは、
「へー、ネクタイにスーツがそんなにイヤだったんだ〜。
でもわかるなぁ。ワタシもフリルとかピンク色とかキライだし、
そういうのってあるよね。」
などと、軽い気持ちでうなづいていた。

が、最後の方で、
『「オカマ」という人種が異常に大好きな方々、いますよね。』
『彼女ら、私がオカマだというだけで、いきなり仲良しモード』
『私のオカマな部分しか見てないんだろうなあ、って。』

(能町さん風にいえば) うわーん、まさにそうだったよ。
今まで、友達にゲイの人とか紹介されて、“それだけ”で浮かれてたワタシ。
その人らの性格とか趣味とか以前に、「お近づきになれて、ウレシイわ♪」
みたいなノリで接してた。

すごく理解あるような態度で仲良くしていたけど、いくら好きといっても、
はじめから特別視している時点で、差別だったのかもなぁ...と、反省。
たしかに、こういう方たちのことがキライとか苦手という人より、
タチが悪いかもしれない。

障害とは思っていなかったが、世間の荒波にもまれて生きてるのかな、
という意識はあった。
...続きを読む ›
1 コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
でも単行本の方が横書きでブログっぽくカラフルで可愛いし読みやすくて好きです。
リアルタイムでブログ読みたかったです。
最近の能町さんのご活躍応援してます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
散文にもほどがあるというくらい、それぞれが短い内容。
「オカマ」という言い方はあまりお好みではないそうですが、「性同一性障害」も
いやだそうで…。この本の中では、手術を受けるために「性同一性…」の診断を
受けたとのことです。ブラジャーのきつさや、チークがものすごく長持ちするとこ
ろなど共感できるところもありました。今は、すっかりリフォームも戸籍も変わら
れて女性です。続編もゆるーく拝読したいと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
能町みね子さんのとっても素敵な人柄の解る本でした!女性として生まれついた方々、年齢問わず、楽しめると思います。古き良き日本女性の姿(誠実で賢く心優しい)を実践で体験し、身に付けた事をびっくりするほど、正直に書かれていて、素敵な女性になるためのマニュアルがあると思いました。

あとがきで「障害を持つ人をかわいそうだと思わないで欲しい」って感じの文面に はっ としました・・・

きっとその気持ちって すべての障害を持つ人達への差別に つながってしまいますよね?
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
男の頃のみねこちゃんに会ってみたかった。それはそれは美少年だったに違いない・・・・。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
迅速なる対応、商品も大変満足しています、今後もよろしくお願いいたします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ずっと面白いです
作者の人間性が感じられる大事な部分を除外したような内容
という印象でした
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
もっと濃い内容を期待していましたがそれほどでもありませんでした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本は、新書とかでもっと重く難しく書いても売れそうな話を、ゆるーく脱力して、しかもユーモアをふんだんに交え、読み手がリラックスして読めるように書いてくれてるところが本当にすごいです。

また、筆者のキャラや強さがなせるわざだと思いますが、「私ってこんなに辛かったの!」「世間ってこんなにひどいの!」というアピールや愚痴が全く感じられない。むしろ妙な腰の低さすら感じられる(笑)
人徳だなぁ、と思います。

完全に興味本位で、軽い気持ちで購入したんですが、語り口が軽いだけに入りやすかったので、かえって考えさせられました。

自分を振り返ってみると、色々反省すべき点があるように思います。
性同一性障害(筆者はこの言葉に抵抗があるようであまり使っちゃ申し訳ない気がするのですが)の芸能人を評し、「女より女らしいよね!」とほめるつもりで言っちゃってたなとか。
性同一性障害の人はみんな美容に強い意識があって、ヘアメイクやファッションを極めている人ばかりという偏見、ステレオタイプがあったなとか。
「性同一性障害の人は、世間の偏見と戦って強く生きている」という、勝手な同情心があったなとか。
よく考えればどれも本当に勝手な思い込みですよね。

以前、能町みね子さんについては
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー