通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オオカミ王ロボ (シートン動物記) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なしです。カバーに軽度のスレキズあり。本文ページ良好。迅速丁寧に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

オオカミ王ロボ (シートン動物記) 単行本 – 2010/2/1

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 297

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オオカミ王ロボ (シートン動物記)
  • +
  • わたしの愛犬ビンゴ (シートン動物記)
  • +
  • 銀ギツネのドミノ (シートン動物記)
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 86pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

シートンがアメリカ・ニューメキシコのクルンパを支配するオオカミのロボに挑んだ壮絶な物語。シートンは、メスのオオカミ・ブランカに対するロボの深い愛情に感動と後悔を抱く。新しいシートン動物記第1弾!

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ、ニューメキシコに君臨した巨大なハイイロオオカミ―「キング・ウルフ」ともよばれたロボは、どんなハンターにも屈しませんでしたが、愛するブランカをうしなって…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 175ページ
  • 出版社: 童心社 (2010/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4494009903
  • ISBN-13: 978-4494009909
  • 発売日: 2010/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 19.1 x 13.5 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 413,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「動物誌」を翻訳したりシートン協会を立ち上げたりと、尊敬すべき活動を盛んに行っている今泉吉晴さんだが、このシリーズの訳文には感心しない。
大人から子どもまで分かりやすくしようとか生物学的に正しくしようとか、きっと工夫に工夫を重ねたのだと拝察するが、それが裏目に出てとても読みにくい文章になってしまっている。
一言でいえば、リズムとスピード感がない。ですます調なところも、野生の厳しさと美しさをうたい上げた作品には相応しくないと思う。だいたいにおいて、分かりやすいことと面白いことは直結しないのである。
藤原英司さんの名訳全集が品切れになって久しく、シートンといえば子ども向けの訳本ばかりという残念な状況がつづく。そんな中で、作者自身の挿絵を鮮明な印刷でたくさん入れた意欲的なシリーズなだけに、残念である。
それにしても、どうしてシートンの著作はなかなか本来の姿で出版されないのだろう。「わたしが知っている野生動物」「動物の英雄たち」・・・。どれも短編集としてまとまりがよく、分量も丁度いい。わざわざばらして再構成する必要があるとは思えないのだが。誰か内山賢次さん藤原さんに続いてくれないものだろうか。というより、どこか今泉さんに完全な形で大人向けのシートン全集を出版させてあげる会社は現れないものだろうか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タッキー トップ1000レビュアー 投稿日 2012/8/24
形式: 単行本 Amazonで購入
オオカミのロボはアメリカの人たちのオオカミを見る眼を変えたと言われています.著者のシートンはこれを書くまでオオカミのワナ漁師でしたが,ロボをワナで捕らえて,殺し,自分の生き方を変えました.とんでも無いことをしてしまったと悲嘆し,懺悔の意味をこめて「オオカミ王ロボ」を書きました.そんなシートンのことを今泉吉晴さんは温かい筆致で紹介しています.ご本人も動物学者で,シートンと同学です.子供向きに書かれていますが,大人ももちろん楽しめます.絵や写真が豊富でとてもいい本です.
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
◆本書の特色

 長年にわたってシートンの研究を重ねている動物学者・今泉吉晴氏が訳した。解説が70ページもあり、物語がより深く理解できる。

◆狡猾な狼

 100年以上前のアメリカで、牧場の牛が狼に襲われることが続いていた。群れのリーダーは狼王ロボと呼ばれていた。ロボたちによって2千頭もの牛が襲われていた。ロボには賞金がかけられ、オオカミ猟師が次々にやってきたが、全員が失敗する。

◆都会での仕事に疲れていたシートン

 シートンはカナダのトロント、パリ、ニューヨークで絵を描く仕事をしていた。友人の父親の牧場から狼退治を頼まれる。ロボは人を避けているので銃で狙えない。猟犬より強い。襲った直後の牛しか食べないので、毒エサを無視する。罠を見破る。

◆シートンの策略

 ロボの伴侶である雌狼のブランカをおびきだす罠をしかけ、殺す。ロボはブランカを探しまわる。狼のつがい(夫婦)は生涯続く。共同で子育てをして、強固な家族を持つ。犬のように相手を選ばずに交尾するようなことはない。ブランカの臭いを付けた130個の鋼鉄製の罠を仕掛けた。策略とおりロボは罠に挟まれてしまった。いつもの用心深さがなくなっていた。

◆ロボの最後
<
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
使用感が残っているかと思いましたが、とても綺麗でよかったです。帯も同様でした。この本は、今までのシートン動物記にはないシートン自身による挿絵があり、驚くのはシートンが実際に撮ったロボやその妻ブランカの写真が載っていることです。後半からのQ&Aの解説も子ども向けですが詳しくておもしろく読めます。ぜひ、小学生(4年生以上でしょうか)に読んでもらいたいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tandy 投稿日 2014/10/21
形式: 単行本 Amazonで購入
娘が小学1年の時に図書館で借りて、何度も借りたので、購入しました。
シートンの話で、一番おもしろいようです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告