この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オウム-なぜ宗教はテロリズムを生んだのか- 単行本 – 2001/7/30

5つ星のうち 3.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,660

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

オウム事件は宗教の問題であるとともに、日本的な組織の問題でもある。
高い教育を受け、理想を求めた若者たちが、なぜあれほど凶悪で悲惨なテロリズムに走ったのか?個別審理では明らかにならない、事件の深層構造とは?
メディアによるバッシングで職を追われた著者が困難と痛みをバネに、日本の組織が抱えている、根本的な矛盾を露呈することになった史上まれな事件の全貌を全精力を傾けて解明。
<各紙誌の書評より>「信仰と暴力の関連について詳細に解明。」(日経新聞2001/7/29・島薗進氏)「宗教の本質に触れる迫力がある。」(朝日新聞2001/8/5・与那原恵氏)「解明への粘り強い姿勢に敬意を表する。」(共同通信2001/8・芹沢俊介氏)「オウムの底なしの宗教性を切り出す。」(信濃毎日新聞2001/9/2・森岡正博氏)「著者の誠実さと苦悩の貴重な成果。」(週刊文春2001/8/30・有田芳生氏)など絶賛。

◇2001年7月刊行・現在(◇2009年8月)第3刷◇

著者からのコメント

見落とされた可能性 島田裕巳 ――PR誌「トランスビューNo01」より

 オウムの存在が広く知られるようになった一九八〇年代末から一九九〇年代はじめにかけて、「宗教ブーム」ということが言われた。

 しかし、私を含め宗教学の研究者は、世間で言われる宗教ブームに実体はなく、決してブームではないという分析を行なった。たしかに、戦後高度経済成長時代に、創価学会をはじめとする日蓮系の教団が急速に勢力を拡大したのとは様相を異にしていた。

 だが、今から振り返ってみると、その認識には誤りがあったように思われる。私たち宗教学者は、その時点で、日本が情報化社会に突入していたことを十分に認識できていなかった。情報化社会では、仮想現実の世界が現実の世界以上に重要な役割を果たす。そうした社会においては、ブームと言うに値する実体が存在するかどうかは問題ではない。ブームであるという情報が存在するのであれば、それは間違いなくブームなのである。

 実際、宗教ブームと言われた時代、マスメディアにおいては、宗教にまつわるさまざまな現象が取り上げられた。自己啓発セミナーのように、宗教に類似した現象も注目を集めた。宗教教団の側も、情報戦略を展開した。そして、宗教学者という存在が脚光を集め、社会的に発言する機会を与えられた。

 それまで、宗教学という学問領域は、社会的に認知されているとは言えなかった。中沢新一が登場するまで、一般にも名前を知られた宗教学者は、ほとんど存在しなかった。わずかに、岸本英夫の名前が知られていたかもしれないが、それも、宗教学の業績を通してではなく、先駆的なガンの闘病記『死を見つめる心』の著者としてだった。

 二十世紀の終わりに宗教ブームが生まれたのは、経済至上主義を追求してきた戦後の日本社会が、バブル経済へと向かわざるをえなかったことの反映である。経済の発展だけで、本当に人間は幸福になれるのか。そうした疑問が生まれたからこそ、宗教が注目され、宗教について語る宗教学者にも発言の機会が与えられた。

 その際に宗教学者は、ただたんに宗教ブームの実在を否定するのではなく、宗教のもつ可能性について、徹底的に考え抜くべきだった。ここで言う可能性ということばには、必ずしも肯定的な意味はない。宗教という現象がいったいどこまで現実の世界を、現実の常識や良識を超越していくのかということこそが、宗教の可能性ということばの意味するところである。

 オウムの事件はまさに、この宗教の可能性の一つの極限を、私たちに下す結果となった。ヨーガ教室としてはじまった集団は、仮想現実の世界にとどまらず、社会全体を破壊するテロリズムへと発展し、現実に多数の人間を殺傷した。振り返って見れば、宗教ブームは、冷戦構造の崩壊とともに活性化した、宗教原理主義の台頭という世界史的な出来事の一環だったのである。

 宗教学者が宗教ブームの一端を担ったのだとすれば、宗教ブームから生み出されたオウムとその事件について徹底した分析を加えることは、宗教学者に課せられた責務であろう。

『オウム―なぜ宗教はテロリズムを生んだのか』で私が行なった分析によって、そのすべてが解明されたわけではないであろう。しかし、少なくとも分析を進めていくためのきっかけと、全体の見取図を作ることはできたのではないかと思う。
(しまだひろみ/宗教学)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 541ページ
  • 出版社: トランスビュー (2001/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4901510002
  • ISBN-13: 978-4901510004
  • 発売日: 2001/7/30
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15.8 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 743,005位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.2

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 6件目のレビューを表示

2013年3月15日
形式: 単行本Amazonで購入
2008年9月9日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年5月17日
形式: 単行本
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年10月16日
形式: 単行本
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年6月6日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年11月17日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告