中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オウム帝国の正体 (新潮文庫) 文庫 – 2002/10

5つ星のうち 3.3 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1995年5月、麻原彰晃逮捕。しかし、オウム犯罪の真相は、裁判でも決して明らかにはならなかった。だが、麻原の狂気の背後では、政治家、暴力団、ロシアンマフィア、そして北朝鮮という国家までもが確かに蠢いていたのだ。国松長官狙撃事件、村井刺殺事件、坂本弁護士一家殺害事件等、オウム事件の中でも特に闇の濃い謎へ膨大な取材が光を当て、魑魅魍魎たちの暗躍を暴き出す。

内容(「MARC」データベースより)

警察は、なぜ真相究明を諦めなければならなかったのか。国松長官狙撃、村井刺殺、坂本弁護士事件など、未解決・未解明の謎を追いながら、背後に蠢く魑魅魍魎を炙り出す。『新潮45』連載に加筆修正を加える。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 435ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101426236
  • ISBN-13: 978-4101426235
  • 発売日: 2002/10
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 351,280位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
最初に読んだ「三億円事件」の偏執的なまでの執念の取材と読み物としての文章構成力の的確さから、随分期待して購入したのですが、率直に言って期待外れでした。様々なエピソードにしても、何かお座なりな印象を受けますし、構成としてもかなり散漫な印象です。裏返せば、登場人物の数にしても、事件の舞台にしても、規模が違い過ぎて、それだけにオウムという存在の正体が化け物のように巨大で計り知れないということの裏付けなのかもしれませんが・・・。とはいっても、ランナーズハイにも似た状態を経て、ひとつの到達点として「闇に消えた怪人」や「三億円事件」を世に出した後の執筆で、ある種の達成感・虚脱感の中で物された作品と言っては穿ち過ぎでしょうか。最初にページを繰った時に、活字サイズの大きさがやけに目に付いたのも、そう感じる一因なのかもしれませんが、やはり本人にもこの作品には突き詰めた感覚はないのではないかと想像します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 私は、かなりオウム真理教については調べました。
 実際にアーレフの人とメール交換をするぐらい、いわゆる「悪趣味」な人間です。
 そこで、一橋文哉の、この著作について、正直な感想を言わさせていただきます。
 あの地下鉄サリン事件に至るまで、どう考えても、ロシア・北朝鮮の人々との交流があったとしか考えられないことが多すぎます。
 単純にサリンを作るだけなら、理系で博学の人なら作れると聞きました、でも、あのようなサリンを生成するプラントは果たして、そのような大学を出たような若者たちでできるのでしょうか?
 また、オウムとロシアのただならぬ関係。製造しようとした銃はロシア製でした。ヘリコプターも、ロシアから購入しています。
 彼らが、海外に進出して、知識を入れているのは間違いないのに、裁判ではそれを矮小化していることが、本書を読んで、そのあとに「オウム裁判」を読めば明らかです。
 この間、国松長官を狙撃したとして、オウムの幹部が逮捕されましたが、結局不起訴になりました。普通に考えれば、二十五メートル離れた部分から、あれだけ正確に撃てる人間が、オウムにいるとは考えられません。サリン事件でもあれほどずさんな集団が、そんな正確な狙撃ができるならば、もっと狙撃する相手は多いと思います。
 世間が、「オウムの暴走」だけ
...続きを読む ›
1 コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 本格派 トップ500レビュアー 投稿日 2012/6/29
形式: 単行本
神奈川県警と警視庁が事件の真相に迫りながらも諸々の事情により追求を諦めざるを得なかったオウム真理教の裏にいた勢力を、著者の豊富なネットワークと国境を越えた聞き込み取材により見事に浮かび上がらせている。

オウムのまわりには暴力団に始まり、ロシアの武器商人、北朝鮮政府、統一協会、日本の政治家など様々な勢力が蠢いていた。それらをつなげていたのは"利権"である。

根っこにあるのはおそらく宗教団体に絡む利権だ。
原則的に宗教活動は非課税であり、葬儀や法要の収入、お守りやおみくじや信者からの寄付金などがすべて非課税の上、宗教活動目的での土地購入時の不動産取得税、教団研修施設名目で建てたマンションの固定資産税などが非課税となり、さらには宗教法人の経済行為は「教団維持のため」として許され、一般企業の法人税率に比べ10.5%も低い。

このため、このおいしい利権の分け前にありつこうと、暴力団や政治家が食い込んでくる。

さらにオウムの場合は、クーデターのための武装化を計画したため、拳銃から戦車、戦闘機、化学・生物兵器、果ては核兵器に至るまで、ロシアの武器商人やロシアンマフィアたちや北朝鮮勢力も絡んでくる。

オウムがロシアに武器を求めて接触する中で、ロシア側は旧式武器の売却で暴利を貪ろう
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 サンデー毎日2000年3月26日号に、驚くべき記事が載って居る。題名は、「驚愕スクープ!!ACIA(オウム秘密組織)メンバーの証言・北朝鮮に『サリン製造文書』が渡っていた」(同誌同号20ページ~23ページ)と言ふ物で、オウムと北朝鮮の「社会安全部」の間の接触を脱会した信者が証言する内容と成って居る。この記事の一部を以下に引用しよう。--「ボスが北朝鮮に渡したのは、当時、教団が取り組んでいた兵器開発の資料に間違いありません。当然、サリンの製造・実験データも入っていると思います」衝撃的な証言の主はかつてオウムの秘密組織メンバーだった元信者、X氏だ。氏は1990年前後、オウム真理教に入信して出家した。もともと「超能力やヨガに興味があった」というX氏だが、出家後所属した教団の秘密組織「ACIA(AUM・CIA)」で目の当たりにした教団の実態は、宗教活動にはほど遠い非合法活動のオンパレードだった。・・・(中略)・・・X氏は教団の建設班などに所属後、後に教団の自治大臣となる新実智光被告の指揮で非合法活動に従事した。95年3月、捜査当局による教団への一斉強制捜査を契機に、「教義に疑問を感じて」教団を脱会した。そのX氏が、地下鉄サリン事件直前、極秘で行われた教団幹部と北朝鮮工作員との密会について語ったのが、冒頭の証言である。ここでいう「ボス」とは、麻原被告ではなく、新実被告を指す。・・・(中略)...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー