オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様) Original recording remastered

5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,567 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より年中無休で発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,567より 中古品の出品:6¥ 1,796より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の JAPAN ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様)
  • +
  • Tin Drum
  • +
  • Gentlemen Take Polaroids
総額: ¥9,330
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/7/2)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 72 分
  • ASIN: B0019N1RA4
  • JAN: 4988006864047
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 617,968位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
1:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
4:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
6:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
3:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
6:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
6:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
5:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
6:07
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
4:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
5:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
14
30
5:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
15
30
1:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

『錻力の太鼓』発表後の1982年のファイナル・ツアーの中から、ロンドン・ハマー・スミス・オデオンでのステージを収録。一風堂の土屋昌巳がギタリストとして参加。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
 2枚組LPの時には、見開きのダブルジャケットで、全体の色はグリーンだった様な記憶があります(間違っていたらごめんなさい)収録曲数ももっと有った様に記憶しております。この作品は解散ツアーで、土屋まさみ、も参加していましたね! また、レーザー・ディスクもあったのですが、ミック・カーンがベースを弾きながら横歩きをしていたのが、印象にのこっております。何時になればDCDになるのか、期待しています。
 さて、この商品ですが、日本製で、ハイビット・マスタリングは、オリジナルのマルチトラック・マスター・テープから行っている様で、他のレビュアーさんも書かれている様に、演奏している時には、聴衆の声は、全く聞こえません。スタジオ録音の曲間に拍手を入れたような、不自然さを感じました。ライブ盤らしいミキシングの方が迫力あると思います。なお、「日本製」なのですが、「録音データ」等は、何処にも記載されておらず、せめて簡単な物で良いので、「解説書」が欲しかったです。裏に3ケタのナンバーが金文字で書かれており、私が購入したものは、No.0428 となっていました。何枚かの限定生産品なのでしょうか? 
 音質は、上記の様に、演奏の迫力を感じ、流石にSACDだと思いました。ジャケ裏にライブを行った「ハマースミス・オデオン」の写真があり、「JAPAN」の下に、「サンディー・アンド・サンセッツ」という懐かしい名前が書かれていて、時代を感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
当時のレコードではブックレットも付いていた。勿論、土屋昌巳も写っていた。
このアルバムだけでは土屋昌巳の存在感が半減してしまう。
ぜひDVDを再発してほしい。
土屋昌巳のギターをぜひ観たい!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
このアルバムは、観客のリアクションを極力排除しているところが、ライブ盤ぽくないし、彼らの作品らしさを感じさせる。でも当時、ツアーのステージで演奏していた、「エイリアン」、「フォール・イン・ラヴ・ウィズミー」、「ライフ・イン・トウキョウ」も収録してほしかった....。(音源はあるはず....。)私も、ファン歴25年。しかし、音源のみでの再発は飽きた!。映像を!、DVDのリマスターを早く頼む!。ヴァージングループ代表、リチャード・ブロンスン様にもの申す!。DVD を早く頼む!。(どうして発売されないのでしょうか?。メンバーたちが許可しないのかな~?。)オークションでの高いものや、ブート物も「もういやです!」。生きているうちに早く!。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
これはライブアルバムであるが、オーディエンスが熱狂するでも無く、MCも無くきわめて淡々とプレイが続いて行く。それはPILのライブアルバムと似た印象である。誤解と偏見の上に晒されたデビューから徐々に自分達の世界感を作り上げ、大傑作アルバム「ブリキの太鼓」でそれを極めた彼らの集大成と言うべき2枚組ライブがこれだ。冒頭「エリックサティ」を思わせるピアノによるタイトルチューンから、まさにうねると言った表現そのものである「ミックカーン」のベースに付き従って無機的にプレイされる「サンズ・オブ・パイオニアーズ」をはじめ、オリエンタルでエキゾチックな旋律の上を「デビッドシルビアン」のまるで呪文のようなヴォーカルが漂って行く。脱退したギターの「ロブディーン」に代わり本物のジャパニーズである「一風堂」の「土屋昌巳」が参加、彼らの世界に見事に溶け込むエモーショナルなプレイを聴かせてくれる。
なんだか、ずっと聴いていたいような、この雰囲気にずっと浸っていたいような、そんな気がしてくるアルバムである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
名曲のオンパレードです。しかし観客の拍手とか声援は殆どなし。しかしもの凄いライブ演奏を聴くことができます。時々あっライブだったと気が付きます。大音量できけばわかるのでしょうが。まずジャパンを聴くならこのアルバムからというのもありです。とにかく素晴らしい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
パンク・ロックが席巻し、ロックが商業化されて混沌としていた80年代に、デュランデュランのようなビジュアルロッカーとして登場。その後、坂本龍一、ホルガーシューカイ、ロバート・フリップらとの親交を深め、その音楽性を花開かせてゆく。特に「Quiet Life」以降のアルバムは退廃的な雰囲気を漂わせ、ジャンセンのたたき出すポリリズム、シルビアンのエスニックなメロディとロキシーミュージックばりのVo, 奇才パーシー・ジョーズを彷彿とさせるミック・カーンのフレットレスベース、坂本龍一の影響を受けたバルビエリのキーボードがJAPAN独特の音楽へと消化されている。このライブは彼らのラストツアーをおさめたもので、曲は後期の3枚からのみ選曲されていて、ベスト盤ともいえる内容なので、JAPANを知らない方の入門版としてもオススメ.土屋正己がサポートギタリストとして参加しているが、あくまで控えめで、ライブとは思えぬ完璧な演奏と構成力にメンバーの実力の高さを感じた。スタジオ版以上にエスニックなアレンジ、音色を多様しているバルビエリの力によるものが大きいと思われるが、これ以降、アンダーグラウンドな現代音楽へと傾倒してゆくシルビアンの最後のロックライブとしても感慨深い。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー