通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エーコとサッカー (ポスト・モダンブックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は並~普通の中古本です。中古品ですので多少のキズ、オレ、ヨゴレ等ある場合がございますので状態にこだわる方はご遠慮ください。商品説明に付属品(帯・付録・特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エーコとサッカー (ポスト・モダンブックス) 単行本 – 2004/3/27

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 335
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 896 ¥ 1,271

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

なぜサッカーはあれほどまでに観衆を熱狂へと駆り立てるのか.サッカーは単なるゲームではない.生活世界の多様な意味をそこに読み取らせる文化の記号体系であり,その背後には文化産業たるメディアの介在があるのだ.記号学者エーコが文化現象としてのサッカーとサッカーをめぐる言説の解読に挑む.

内容(「BOOK」データベースより)

なぜサッカーはあれほどまでに観衆を熱狂へと駆り立てるのか?サッカーは単なるゲームではない。それは、日常世界の多様な意味をさまざまなレベルにわたって読み取らせる、記号論的なゲリラ戦の繰り広げられる場なのだ。「私はサッカーのファンが嫌いだ」と言い切ってはばからないエーコが、サッカーとサッカーをめぐる言説の解読に挑む。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 116ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2004/3/27)
  • ISBN-10: 4000270737
  • ISBN-13: 978-4000270731
  • 発売日: 2004/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 12 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,112,217位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 ウンベルト・エーコのサッカー・エッセイを通して「サッカー」という記号の意味を解読する著作。エーコは「私はサッカーのファンは嫌いだ」と語り、ファンとアンチ・ファンの間のディスコミュニケーションに目を向けるが、これはエーコの国イタリアのお国柄をある程度念頭に置く必要があるだろう。ファンとアンチ・ファンに分けてサッカーが語られるほどの熱狂は日本では想像が出来ないし、かつてはイタリアにとってのサッカーに等しい存在だっただろうプロ野球は今ではスポーツのone of themである。いや、イタリアでもサッカーの価値は相対的に下がっているに違いない。皆がおしゃべりに参加しうる絶対的なスポーツが存在する時代はある意味、幸福かもしれないが、今はそんな時代ではない。人々は好きなことについて好きな人と好きな時に好きなだけ語る。時々空しくなるかもしれないが、私たちは、いつも、いつまでも無責任に好きなスポーツについて語っていたいのだ。
 スポーツの楽しみ方も多様化している。コンピュータゲームによる選手育成、チーム経営シミュレーションやインターネット上の果てしない「スポーツをめぐるお喋り」についてエーコがどう語るのか是非聞いてみたいと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「私はサッカーが嫌いだ」とほざくエーコ先生がサッカーについて触れた文章は3篇あるわけで(いずれも短篇。日本語訳なし)、それらエーコ先生のサッカーとサッカーをめぐる言説の解読に挑んだのが本書である。
 どうやら運動音痴で街のサッカー少年たちからバカにされまくっていたトラウマをもつエーコの展開するサッカー論はアンチファン的かつアンチマニアック。
 まがりなりにもプレーするエクスタシーの経験があればまた違った視点もあっただろうが、幸か不幸かそんな気配は微塵もなく、サッカーとサッカーを取り巻く様々なシステムにおいて今なお存在する「人々の価値観を支配する強力な原理」(だからモダンサッカーはあってもポストモダンサッカーはまだないのか?)に対して痛烈に批判を加えている。
 だが、その批判の生々しさについて本書では今ひとつ迫真性が感じられなかったのは、エーコの原著そのもののせいか、はたまた訳者の問題か。いずれにせよ少々難解なコトバ使いでございました。
 今福龍太センセーの名調子による解説によって理解はずいぶん助けられますが、予備知識を持ってもう一度トライしたい一冊でありますな。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
サッカーなんてどこが面白いんじゃろ、といつも思う。2時間もかけてホンの2点か3点しか決まらないなんてさあ。後ろの方のプレイヤーなんて歩いてるときあるじゃん。・・・なあんてこと書くとサッカーファンから罵詈雑言と必殺拳が飛んできそう。これはそういうサッカーファンに対するエーコのエッセイをもとに著者がそれを改めて記号論的に解釈しなおした本なのです。
 エーコによれば、サッカーファンの行動はフロイト流の「死の本能」をなぞったもので、その点からすると戦争行為と基本的には同じなのですって。つまり「記号論的なゲリラ戦」とも解釈できるわけ。社会現象としてのサッカーファンの行動は、確かに他のスポーツファンにはあまり見られないもので、特にイタリアの場合はそれが資本や政治権力ともかなりタイトに結びついているためにいっそうコトがややこしくなるらしい。エーコはそれを笑い飛ばすがごとくに分析していて、非イタリア人は笑っちゃう。「どんなに過激であっても、日曜日のサッカーがある時にピッチを占拠しようとする革命家などいるはずはない。」エーコはそう言い切ったんだそうな。
この本のごていねいなところは記号論の基本概念や参考文献などもあとがきに詳しく記されているってことかな。だから記号論なんかどうでもっ、という人もけっこうわかった気になって読めると思います。
ところでサッカーの語源って「as
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告