通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エンバーミング 3―THE ANOTHER TALE OF FRANK (ジャンプコミックス) コミック – 2009/8/4

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エンバーミング 3―THE ANOTHER TALE OF FRANK (ジャンプコミックス)
  • +
  • エンバーミング 1―THE ANOTHER TALE OF FRANK (ジャンプコミックス)
  • +
  • エンバーミング 2―THE ANOTHER TALE OF FRANK (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,419
ポイントの合計: 23pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 212ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/8/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088747216
  • ISBN-13: 978-4088747217
  • 発売日: 2009/8/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
第2巻で活躍したアシュヒトとエルム、第1巻で活躍したDr.ピーベリーとヒューリーがいよいよロンドンに到着します。
アシュヒトは人造人間であるエルムを人間に戻すため、
Dr.ピーベリーは究極の8体の人造人間を破壊するため、それぞれ暗躍を始めます。
ところが、ロンドンでは「切り裂きジャック」の凶行が噂になっています。
貧民窟イーストエンドでエルムちゃんとヒューリーが人助けのため行動しますが、そこにはかつてヒューリーが守りきれずに亡くしてしまったヴァイオレットと瓜二つの少女の姿が?!
究極の8体の内の一人エルムとそれを壊すべく生み出されたヒューリーの共闘が始まります。
霧のロンドンで、運命は彼らの行く先をどう照らし出すのか?!
切り裂きジャックはどう関わってくるのか?!
・・・などなど先が楽しみな、運命が大きく動く第3巻です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主要キャラや新キャラが入り混じって話が進みます。ピーベリとアシュヒトの思惑やもう一人の主人公ジョン・ドゥとの因縁やら人造人間の組織登場などかなり面白かった。
ヒューリーの仇討ちなどピーベリーのジャックを解き放つシーンやら色々印象的な場面が多かったです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
3巻は作者が、出し惜しみせずに主人公の敵役(8人中4人)をホイホイと出演させたセンスがテンポ良くて実にイイ。個人的には本当に面白くて、一度読み終わった後に4回連続で読み返すほど面白かった(5回連続です)。
 しかし、和月ファンとしては、やはりダメ出しせずにはいられない(笑)。
ネタバレですが、泥ヒバリ達が残念な事になってしまう絵を作者自身が、”胸にしこりが色々と残る、ウーン”って、オイ、そりゃぁ作者和月が直接描写しすぎるからだろ(笑)。この作者は、前々から漫画と玩具オタクだなとは思っていましたが、チョットいい加減、小説とか色々と法律・規制が厳しくて間接的表現でしか残酷性(と血)を再現できないアメリカドラマとか映画(今時の)、もしくはネオジオ好きだった作者だったら360のアメリカ製ゲームを研究して勉強した方が良いぞ(笑)。
 物語の盛りあげ方とか魅力的なキャラクターを生み出す能力を持っているのに非常に残念。
ズハリSA社よりSG社とかK社の編集部に移籍した方が、本当はイイかもよ(笑)。とは言っても、”敵の女幹部ってイイと思いません”には、激しく同意(笑)。もっと彼女の活躍を期待(笑)、だけどあくまで後方支援で、直接戦闘は絶対無しの方向で(笑)。
 という事で、”基本的に面倒見のイイ田舎の兄ちゃん”ファンな自分は当然☆5です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告