通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エンデュアランス号漂流記 (中公文庫BIBLIO) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 ブリエ書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。本文に強めの焼けがありますがその他は外観中身とも良好です。書き込み等もありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エンデュアランス号漂流記 (中公文庫BIBLIO) 文庫 – 2003/6

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 843
¥ 843 ¥ 540

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エンデュアランス号漂流記 (中公文庫BIBLIO)
  • +
  • ハーバード流ボス養成講座―優れたリーダーの3要素
  • +
  • 人事屋が書いた経理の本
総額: ¥4,261
ポイントの合計: 129pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

初の南極大陸横断を企てた英国のシャクルトン隊長みずからによる探検記。壮図なかばにして船を氷に砕かれ遭難するも、氷海に投げ出されて孤立無援となった探検隊を率い、全員が奇跡の生還を果たすまでを描く。シャクルトンのリーダーシップと隊員の団結心、深い友情と信義、大自然との死闘、そして彼らの不撓不屈の精神…数ある南極探検のなかでも傑出した冒険記として読み継がれてきた、感動の記録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

シャクルトン,アーネスト
英国の極地探検家。1874年生まれ。1901年予備海軍中尉に任ぜられ、同年スコット大佐のディスカバリー号南極探検に参加。1908年極点へ120キロ余りに迫り、前人未到の新記録をたてたが、飢餓と猛雪で引き返す。その功績でナイトの名誉称号を受ける。ついで本書にある南極探検を経て、第一次大戦には陸軍少佐として参加。戦後クエスト号による南極遠征の途についたが、1922年1月5日、南ジョージア島で心臓病により急逝する

木村/義昌
1913年佐賀県生まれ。拓殖大学山岳部員として北千島アライト山に登山。日本極地研究会創設に加わる。戦後は白瀬南極探検隊記念館参与を務める。1998年没

谷口/善也
1913年愛知県生まれ。拓殖大学山岳部チーフリーダーを務めるかたわら、日本極地研究会創設に加わる。元日本学術会議南極特別委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 204ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122042259
  • ISBN-13: 978-4122042254
  • 発売日: 2003/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,964位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
1914年12月、イギリスの極地探検家アーネスト・シャクルトンは南極大陸横断をめざし、エンデュアランス号で出発するが、ウェッデル海の流氷群に完全に閉じ込められて脱出もままならない状態に。母船は沈没、ボートで脱出し無人島にたどり着く。彼は数人の仲間とともに小型ボートで荒れ狂う南大西洋の海を捕鯨基地のある島を目指し、出港する。救援船を従え、必ず救助に来ると言い残し…。
有名なサバイバル記だが、さすがに読み応え十分。読んでつくづく「よくもまぁ、助かったな」の一言。
深刻な食料不足にソリを引くイヌまで殺して食べてしまう。
そして曰く「人間という動物の味覚はなんでもおいしくたべられるようになっている」と。
統率のとれた彼のリーダーシップぶりが生還の大きなカギだろう。
不朽の名作といいたい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
~流氷によって船を砕かれ、流氷の上で生活しながら海を南下し、氷がもろくなってついに
氷を下りボートで脱出、氷に閉ざされた無人島を目指してこぎだして…。
とにかく出航してから救出されるまで22ヶ月もの間、氷との戦いです。
さすがに気軽に行けない南極の海を、隊員と一緒に切実に実感させてもらいました。
28名の隊員全員が生還したこの漂流を~~指揮したシャクルトンのリーダーシップから学ぶ
ところも大きかったです。
文庫なので抄訳、本隊と別のところで氷と戦ったロス支援隊の部分が割愛されているのは
残念だけれど、この価格で十分に堪能できます。~
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
絶望の淵に追いやられた時、斯くも彼のような冷静な判断と自らの命を賭した決断を下せるものか。
アーネスト・シャクルトンなる人物がいかにしてこのような救世主となりえたのか?
淡々と語られる記録がすべてを物語る。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/19
形式: 文庫
恐るべき食欲、体力、スタミナ!
何日も寝ずに操船したり歩き続けたり、体力をつけるために食い続けたり・・ ハイライトである助けを呼びに行く場面では「これが狩猟民族のパワーなのか!」と驚愕しました。
前半はやや単調で退屈ですが、がんばってハイライトシーンまで読み進めましょう。面白いです。
農耕民族である日本兵のジャングルでのサバイバル記「私は魔境に生きた」と読み比べてみるとまた面白いと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やす 投稿日 2016/2/17
形式: 文庫 Amazonで購入
これが実話とは信じられない、壮絶な漂流記です。
内容は勿論物凄く面白いのですが、何よりも艦が氷に破砕されてから漂流、救出に至るまでの写真が多く残されていて、掲載されていることに驚きました。
隊員に写真が得意な者がいたとの記述がありましたが、死と隣り合わせの困難な状況の中でよく撮影したと頭が下がります。後世に記録を残すという使命感があったのでしょうか、お陰でどれだけ困難な旅路だったか理解できました(救命ボートの粗末なこと!)。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
これは物凄いお話ですね。
まさに絶望の艱難辛苦・冥府魔道・無慈悲の極地を彷徨い
戦い、見事に生き残った冒険者達。
拍手喝采を贈らずにはいられません。

シャクルトン自ら、大袈裟な表現も無く淡々と語る物語は至極
説得力があり感動を呼び起こします。

絶対に損はしないお薦めの一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本は、前から読もうと思っていてやっと見つけた本です。
あらすじは書いてあるとおりですが、とにかく、生きていく上でのいろいろなことが描かれています。これが実際の話で、よく全員生還できたと思います。だまされたと思って読んでみてください。絶対に楽しめると思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック