この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(13) (モーニング KC) コミック – 2010/5/21

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 950
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

君たちの「転職」は間違ってないか!?
メディアに騙されるな、イメージに惑わされるな。
今度は社会人のための『ドラゴン桜』だ!!

国の根幹は「医療」。「医療」の充実がなければ経済活動すらも停滞する! 今日本で「医療」の崩壊が始まっている!! 現代の「医療」の問題点を知れ!!

著者について

三田 紀房
1958年生まれ、岩手県出身。一般企業に就職した後、漫画家へ転進。モーニングで連載し、社会現象を巻き起こした『ドラゴン桜』で2005年に第29回講談社漫画賞(一般部門)、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他に、『エンゼルバンク』『透明アクセル』『マネーの拳』『銀のアンカー』などのビジネス漫画、高校球児を描いた『クロカン』『甲子園へ行こう!』などがある。


登録情報

  • コミック: 216ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063729125
  • ISBN-13: 978-4063729122
  • 発売日: 2010/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

投稿者 lexusboy トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/10/2
形式: コミック
 2つのテーマを扱っている、土地神話の崩壊と医療の崩壊である。

 土地神話も崩壊しているのに、今でも、家賃を支払い続けるぐらいなら、資産が残る持ち家・マンションを買う方がいいという判断は本当に妥当かという問題提起であるが、現時点では、読むまでもなく結論は自明であろう。
 家も車も買った瞬間に値段が下がり、付随する出費や税金に押しつぶされるのが関の山であろう。
 しかし、現実には、家を買ってローンを地道に返していくという生活が、むしろ堅実なものと見られているが、実は、少ない元本で信用取引をしているようなリスクの高いものだとの見立てはおもしろい。

 むしろ、「医療崩壊」が個人では対応できないので重要な問題であると感じる。本巻ではその問題が現実生活に与える影響を正面から取り上げている。
 本巻で本田さんに語らせているのは、医療過疎が都会でも起こるということだ。人口に対して医師数が少ない千葉と埼玉が厳しいそうだ。
 最近の厚労省の調査でも、「勤務医数の地域差2倍」という結果が出たようだ。多いのが高知、徳島、少ないのが埼玉、三重だそうだ。

 なお、巻末に、脈絡は不明だが、「現役官僚の言い分」として、本音ベースの話が出ている。おもしろいと感じたのは、
 ・官僚批判の一部が正しいこ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
11巻までのコラムはタイアップ的なものばかりだったが(12巻はコラムなし)、この13巻では匿名の官僚から寄せられたコラムが巻末に掲載されている。そしてこれがなかなか読み応えある。

12巻同様、このシリーズの本題だった筈の「転職」よりも、「起業」さらには「資産形成」の話題が多い。「資産形成の法則」、「マイホームより賃貸」、「リスクに対する世間の勘違いを利用する」など、近年のビジネス書や自己啓発書で既にとりあげられている事柄は、今更と感じる読者もいるだろう。

また、三田紀房作品全般に言えることだが「絵」が綺麗と言い難い。しかし、発しているメッセージ自体をむしろ受けとめるべきであって、とやかく言うことではないかも。

一方で、桂木の人間的成長、保守的な妹夫婦と安易な金儲けに走ろうとする転職希望者のいずれにもしっくりとこない主人公の葛藤など、物語としての面白さも(次の巻でこの「葛藤」に何かの決着がつきそうな予感を匂わせて本巻は終わる)。

アメリカのサブプライムローン問題と医療崩壊の関係を知っていた読者はあまりいないかもしれない。

また、これまでの全巻を通し「日本社会の暗黙のルール」や、海老原言うところの「モヤモヤ神話」に気づかされたり、考え直させてくれる、という意味で、若手社会人や大学生にはおおいにすすめたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ポノ VINE メンバー 投稿日 2010/6/27
形式: コミック
巻末に、匿名官僚による(おそらく30歳前後の方の)投稿コラムがあり、
それがとても興味深い内容となっています。
官僚の意見をダイレクトに聞く機会があまりないので、
楽しく読ませて頂きました。
日本の大きな問題の一つに、ジャーナリズムの未成熟を
あげておられましたが、まったく同感です。

こういった機会を官僚に与えるのもとても大事な事です。
講談社、及び作者の三田さんに賞賛の声を送りたいです。

漫画自体の内容もとても面白いです。前巻より見出がありました。
特に、リスクの考え方は共感するものがあります。
自己責任社会である現代において、本当のリスク回避は、
自己のポリシーを信じる事であると感じています。
実際、私の友人においても、リスクの高そうな芸術の分野に
飛び込んだ人たちがいますが、強い信念の元に次々に結果を出しています。

世の中のもやもや神話なんて「くそくらえ」ですね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回は、資産形成の話がメイン。サラリーマンは金持ちになれない、とか家は買っちゃダメとか、刺激的なセリフが飛び出してくるが、それほど特別なことは言っていない。むしろ今や常識。
参考になるのは、リスクの考え方。世の中の常識では、ハイリスクなものとされているものが本当にハイリスクなのか、逆にローリスクなものが本当にローリスクなのか、著者が言う「モヤモヤ神話」を信じず、リスクの見極めを行い、それに従って行動することが大切。
よく分かるんだけど、その一般論を信じず、見極めることが難しいのであって、著者が最後に言う医療への投資がローリスクっていうのも、本当なのかなって思ってしまう。
世間の常識の反対を行け、みんなが張るのとは逆の目に張れっていうことなの?
世間の一般論がすべて「モヤモヤ神話」であるわけではないだろうし。でも、そういう著者の言葉を信じられないから、自分は金持ちになれないのかな。お金持ちになる人って自分の判断を信じて、目標を立ててそれの実現に向かって邁進することができる人のことをいうのかもしれない。だとしたら、表に張るか裏に張るかってことはあまり問題にならないのかも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック