通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エンジニアのための時間管理術 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エンジニアのための時間管理術 単行本(ソフトカバー) – 2006/10/19

5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1,405

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エンジニアのための時間管理術
  • +
  • プログラマが知るべき97のこと
  • +
  • リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 215pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (ビジネス本)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

エンジニアのための時間管理術
OSのパッチ適用に技術調査、SOX法対応と、日々仕事に追われるITエンジニア。その限られた時間を有効活用するためのテクニックを解説する。手帳やPDAでスケジュールを管理する方法やタスクリストの書き方など、ビジネス全般に共通するトピックが多いものの、ITエンジニアの視点から、システムの開発・運用管理業務に即したノウハウも盛り込んでいる。面倒な管理作業をスクリプトで自動化する方法などを、サンプル・コード付きで紹介しているところもユニークだ。


(日経コンピュータ 2007/01/22 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

内容(「MARC」データベースより)

システム管理者、ネットワーク管理者を中心にしたエンジニアのための実践的な時間管理術を紹介。作業リスト、スケジュール、さらに仕事とプライベート双方の長期的な目標を管理する方法を解説する。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: オライリー・ジャパン (2006/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873113075
  • ISBN-13: 978-4873113074
  • 発売日: 2006/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,082位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
本書はオライリーシリーズだし、ということで購入。
が、これをぜーんぶ守った場合、どうなっちゃうんでしょうね?(笑)

実例チックなトピックスがいろいろ出てくるのですが、事例が極端すぎて参考になりません。それはまだ自分が本物の修羅場を知らないだけかもしれないしれませんが。

で、とにかくすべてを計量化するわけですよ。
1時間毎に自分のPCからビープ音が鳴るように設定し、音の都度、自分の活力と気力を0から10の段階で数値化。両方の数値が高い時間帯にあわせてスケジュール調整。
これは・・・(笑)
この本の筆者の場合は若い時は午前2時、今では午後2時が頭が冴えているそうです。

最終的に掲げた目標に一歩でも近付く、そのために何でもする、という場合はいろいろと参考になりそうです。個人的に「おわりに」にあるあいた時間の有効利用、という箇所に心を打たれました。地域に還元するさまざまな提案があったからです。

自分だけが良ければいいのではなく、自分がまず何らかの生活の基盤なりパワー(地位、お金、立場等)なりを確立し、最終的に余力を使って人助けに向かうという健全な姿勢。すばらしいと思います。体力は相当いりそうですが(笑)
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルには「エンジニア」とあるが、実際にはいわゆる「システム管理者(しかも専属)」の業務を対象に書かれている。と聞くとタイトルに惹かれたエンジニアの方は「役に立たないのでは?」と思われるかもしれないが、ある程度経験を積み「腕っこき」と頼りにされ始め、「掛け持ち業務」が常となりつつあるような「普通のエンジニア」を脱皮し始めた人に取っては役に立つ内容が結構あると思う。

一通り読んで振り返ってみれば書かれている内容は有能なシステム管理者に従事していれば自然と身に付くであろうモノが多いのであるが、そういった「師匠」となる上司や先輩に出会えず、悶々とただ忙殺されてしまっている人にとっては是非本書を読んでもらいたいと思う。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
オライリーの本にしては珍しいタイプの本なので、興味本位で購入しました。
結果、非常に良い本に出会えたと満足しています。

本書ではサーバーの管理者(エンジニア)が直面するタスクについて、どのように管理していくべきなのか、そしてどのタイミングでタスクを処理していくべきなのかについて書かれています。
「これでもか!」と言わんばかりに様々な手法が掲載されていますが、正直全て使用する必要はないと思います。
まずは、使えそうなポイントから導入していければ良いのではないでしょうか?

エンジニアとしてのエピソードがベースとなって書かれていますが、エンジニアでない方でもエピソードを読み替えて利用できるタイプの本だと思います。
また、配属1年目くらいの新人(何かしらの作業を任されるようになったくらいの若手)に読んで欲しい本と言えます。
自身が抱えている作業を「ルーチン」、「突発的な作業」、「ミーティング(もしくはその準備)」と分類出来るだけでも、スケジュールの組み立て方が変わり、優先するタスクとは何かを再考するキッカケになってほしい。そんな書籍です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
確かにエンジニアに特化した内容も一部ありますが、事務系のサラリーマンにも役に立つノウハウが一杯です。対人関係や調整の多い仕事では、自分の時間は人任せと考えがちですが、逆説的に自分で時間を管理する効率化の余地は大きいと思います。

「自分の記憶力を信用しない」、「ルーチンとは、一度だけ考え、何度も実行するための手段である」、「この世には優先順位は3つしかない」など、簡潔で鋭い指摘がいいですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「エンジニア」となっていますが、機械系と言うよりはSEやSAの方向けの本です。

私は社内の情報システム部門に在籍していますが、本書は具体例も多く、非常にためになりました。

紹介している方法も、決して奇をてらったものでなく、

「デジタルツールの駆使」

というより

「アナログツールも活用した時間管理と仕事の進め方」

と言った内容が多いです。「これならすぐに始められる」といった方法も多いです。

プロジェクトマネージャが「多くのメンバーを管理」するには向かないですが、プロマネ自身の時間管理、そしてメンバー自身の時間の管理などには充分参考になると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック