通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 ~渡米・... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 ~渡米・面接・転職・キャリアアップ・レイオフ対策までの実践ガイド 単行本(ソフトカバー) – 2015/10/8

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,030
¥ 2,030 ¥ 1,046

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 ~渡米・面接・転職・キャリアアップ・レイオフ対策までの実践ガイド
  • +
  • SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル
  • +
  • プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則
総額: ¥7,430
ポイントの合計: 224pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界のソフトウェア開発の本場で働けたら ―― エンジニアならば一度は考える可能性を実現するにはどうすればいいか?

アメリカで職を得るために必要なこと、レジュメを書くときの注意点、面接官の前で実際にコーディングをする面接を突破するためのコツ、日本との仕事環境の違い、転職やレイオフとの向き合い方までを具体的に教えます。

シリコンバレーやシアトルで計15年、従業員数十人のスタートアップでも10万人以上の大企業でも働き、面接する側も数多く経験した著者だからこそ書けるリアルが満載。

内容(「BOOK」データベースより)

「世界のソフトウェア開発の本場で働けたら」―そんな可能性を実現するにはどうすればいいか?アメリカで職を得るために必要なこと、レジュメを書くときの注意点、面接官の前で実際にコーディングをする面接を突破するためのコツ、日本との仕事環境の違い、転職やレイオフとの向き合い方までを具体的に解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2015/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774176567
  • ISBN-13: 978-4774176567
  • 発売日: 2015/10/8
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 154,071位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本書は基本的にはソフトウェア技術者の米国企業への転職、もしくは米国での転職について、著者の観察による普遍的な特性をまとめた、読みやすい良書です。私は日本にて外資系で営業職に就いていますが、はたと膝を叩く事項が多数あるという意味では、転職の参考本として多くの人にオススメできます。これは外資系への転職本が少ないか、一部の優秀な方のみに当てはまる偏った内容の本が多いのではないかという推測を促します。その意味でも本書は良書ではないかと思います。
著者の次作を期待します。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
筆者の経験によるものと思うが、具体的な事例で紹介してあるので面白い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者の竜さんは、以前ネットで「がりゅう日記」を公開されていた事があり、昔から知っている。私のアメリカ駐在中にも、ドクター・エンドーと一緒にシリコンバレーでお会いした事もある。懐かしいなあ。

この著作は、海外駐在からアメリカのIT企業に転職し、ソフトウェアエンジニアとして、Amazonを含む複数のIT系企業でエンジニアとして働いて来た現役ITエンジニアである竜さんが、アメリカで職を得るにはどうするか、面接を切り抜けるには、コーディング面接を切り抜ける具体的なコツ、日米で働くことの違いやそのメリット・デメリットなどを自分の具体的な経験から極めてフェアにかつ詳細に指南するというもの。

高度成長期の昔から、生半可な海外体験を引き合いに出して「海外では~」「アメリカでは~」と上から目線で外国礼賛し日本を卑下する手合は「出羽の守」と呼ばれて陰で馬鹿にされて来たが、この著作にはまったくそんな胡散臭さが無いのが驚異的。

ハッタリも自慢話も、上から目線もアメリカ礼賛も一切無く、アメリカでソフトウェア・エンジニアとして働く良い点も悪い点も、実体験を引いて、率直にリアルに語られているのが実に読み応えのあるところ。ちょうど部活の優しい先輩が、後輩に問わず語りに自分の知っている事を教えているような印象さえあるが、これはやはり、著者の温厚で誠実
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
知人が本を出したのは知っていましたが、自分自身の転職で忙しく漸く読めました。渡米のチャンスの掴み方、アメリカ企業での働き方、シリコンバレーの生活、レイオフ対策、インタビュー対策、全ての記述が具体的且つ論理的でしかも実践的でした。
エンジニア以外のサラリーマンにも当てはまる内容も多く、40代以上の転職ノウハウ本としても大いに有効です。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
わたしはIT技術者ではありませんが、大きな会社のとても小さな日本支社で働いて、アメリカで仕事らしきことをしたことが3ヶ月だけあります。ですが、それでも、本書の内容は面白かったです。これからアメリカで働くことを考える人は、職業の違いにかかわらず、ぜひ読むと良いと思います。ちょっと残念なのは、著者の年齢が正確にわからないことと、家族や職場以外での様子です。それらが書かれてあれば、ふさわしいエッセイ賞を受賞するのではと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
米国で長年ITエンジニアとして働き、何度も転職やリストラを経験している著者が、エンジニアとして米国で働きたい人のために必要な情報を面接の受け方からリストラに備える対策まで詳細に解説している。自分の経験だけでなく周囲の人の話も沢山書かれているので、これを読めば米国ITエンジニア事情が完全に理解できるだろう。米国での仕事に興味ある人にはおおいにおすすめである。

米国で頑張ってみたいと考える人に対して惜しげもなく情報を提供してくれているのは実に貴重でありがたい話である。実際、自分が渡米する前にこれを読めていたら良かったなぁと思った。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
シリコンバレー界隈で働くことの素晴らしさだけだけでなく、
デメリットも書かれているのがためになった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
縁あってこの本を読む機会に恵まれました。私はドメスティックな企業でドメスティックな論理で普段働いています。残業、飲み会、ゴルフありのウエットな世界ですが、まあ性に合っています。この本を読んだ感想としては、著者の言う「やはり自分は日本で働くのが合っている」ということかと思います。しかし、著者のように世界で働くことをとても尊敬します。後に続く人もたくさん出てきて欲しいと思います。著者はこれまでもウェブでいろいろな発信をされており、あとがきを読む限り、発信を続けてくれると思われます。著者とは出身地が同じで年齢も近いようであり、興味を継続していきたいと思います。
1 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー