通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバーに日焼け・ヨゴレ・キズ・イタミがあります。ページ周辺と中身に日焼けがややあります。ページ側面にヨゴレとスレがあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する 単行本 – 2001/12

5つ星のうち 4.2 49件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 303

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する
  • +
  • ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 166pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

この世界の物理法則はどのように決まったのか?宇宙はなぜ存在するのか?究極の問いに対する究極の答えを求めて、物理学者の探究はついに超ひも理論へとたどり着いた!

11次元のひもが宇宙をつくる!

この本は、物理学が味わった挫折からはじまる。

物理学の歴史のなかでも華々しい成果として語られることが多い、相対性理論と量子力学。現代物理学の柱とも言えるこの二つの理論が、実は両立しないということをご存じだろうか。この両方が完全に正しいということはあり得ないのである。これは、物理学が宇宙の本当の姿を映し出す根本の理論を手にしていないという証拠だった。

数多くの天才たちがこの対立を解消しようと試みたが、挫折した。そのため、物理学は半世紀もの間、この難問を抱えたまま前進しなければならなかったのである。

しかし、今や私たちには、超ひも理論がある。本書の主題である超ひも理論は、この物理学最大の難問を解決する。そればかりではない。宇宙の本当の姿を映し出し、万物を説明し尽くす根本の理論、究極の理論であると考えられている。

宇宙の本当の姿とは?第一線の研究者である筆者が、巧みな表現で描く超ひも理論の最新成果から、驚くべき宇宙の姿が明らかになる!

内容(「BOOK」データベースより)

本書の主題である超ひも理論は、相対性理論と量子力学の対立という、物理学最大の難問を解決する。そればかりではない。宇宙の本当の姿を映し出し、万物を説明し尽くす根本の理論、究極の理論であると考えられている。宇宙の本当の姿とは?第一線の研究者である著者が、巧みな表現で描く超ひも理論の最新成果から、驚くべき宇宙の姿が明らかになる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 574ページ
  • 出版社: 草思社 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794211090
  • ISBN-13: 978-4794211095
  • 発売日: 2001/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,986位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
現在の素粒子物理学を支える2つの支柱である一般相対性理論と量子力学を自然な形で統合する「超ひも理論」を、コロンビア大学の数学・物理学の現役教授である著者ブライアント・グリーンが、非専門科にも分かりやすく数式を一切使わずに解き明かしていきます(ただし、アインシュタインの有名なエネルギーと質量の関係式だけは例外です)。非専門科にも分かりやすくと言いましたが、決して気楽に読み流して理解できるわけではなく、十分に理解するためには読者にはそれなりの集中力が要求されます。

本書の最初の3分の1で現代物理の基礎となっている「特殊相対性理論」「一般相対性理論」「量子力学」に関して、身近な例を挙げて説明されています。それはかなり成功していると思います。そして本書の本題である「超ひも理論」に入る前に、いかに一般相対性理論と量子力学が相容れないかと言う事に言及し、20世紀後半に物理学者によって費やされたの数多の努力が紹介されます。本題の「超ひも理論」の解説でも身近な例を挙げて説明しようと苦労していますが、著者の力量をもってしても「相対性理論」の説明ほどには成功していません。やはり10次元や11次元などの高次時空間を直感的に理解することの困難さ、および超高度な数学によって記述される「超ひも理論」を直感的に理解する事の困難さの現れでしょう。それでも、現代の最先端の素粒子物理学理論が立ち
...続きを読む ›
1 コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/1/25
形式: 単行本
この本は、一般の物理を学ばなかった方にも直観的な方法で、現在の最先端の物理(相対論・量子論・弦理論・M理論etc..)を極めて明快に知ることが出来る。ユーモアたっぷりの軽快な言葉で書いてあるが、本質をきちんと突いている。一方物理を学んだことのある学生には大変わかりやすく、すらすらと読み進むことが出来るだろう。また歴史背景に沿って書かれているため、史実的な理解の混乱もなく読み進めることが出来、まさにエレガントな一冊。またこれから素粒子・重力理論の研究を志望する人にとっても、概要を知る上で大変面白い。物理を学ぶ者は是非一読と言っても過言ではない。ただ、ケーラー多様体をカーラー多様体と表記したり、訳的にちょっと嫌な所を感じる方はいるもしれないが、そこは訳本の性なので気にするなかれ。(ちなみに、読み物なので勿論数式が展開してないのでどんな方でも気楽に読めます)
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
超ひも理論について、素人にもわかるように書いた和書は少ないが、その中でもこの本が飛び抜けて詳しい。他の本で物足りないと感じた人にお勧めだ。
なぜひもなのか、膜や立体でもいいのではないか、なぜ10次元や11次元なのか、もっと詳しく知りたい人に懇切丁寧に説く。数式をまったく使わず、言葉だけで説明するのは、超ひも理論の最先端で実際に活躍する著者でなければ、できないことだ。
1 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書を読むことで,現代物理学の双璧を成す「相対論」と「量子論」の対立を解消する「超ひも理論」について(なんとなく)理解することができます(本当に理解するためには数式は必須).

最初に,本書の前半で「相対性理論」及び「量子力学」について,発見の過程と理論の概要が説明されています.続いて,この二つの理論がなぜ対立するのかについて,数多くの物理学者の半世紀にわたる挫折をもとに説明されています.最後に,本書のメインテーマである「超ひも理論」について,できるだけ解かり易く説明しようとしているのですが……やはり文章のみで「11次元」という高次の理論を説明するのは無理があります.しかし,著者の熱心な文体から,「超ひも理論」の概念,難しさを窺い知ることができるとともに,「数式による理解をしてみよう!」という気にさせてくれます.本格的に宇宙論を学ぶ前の入門書として最適です.

ちなみに,「多重空間」についてより突っ込んで書かれている同著者による"The Fabric of the Cosmos",及び,リサ・ランドールによる『ワープする宇宙』もオススメです.
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 garao 投稿日 2002/1/23
形式: 単行本
数学や物理に関して専門的な勉強は一切したことはないが、相対性理論・量子力学・ひも理論への興味はなぜかもっていた。これまでも、宇宙論関係を詳述した一般書を何冊が読んだが、いまいち理解したと自分で納得できることは無かった。
 しかしこの本は違った。式等難解な表示はほとんどないが、豊富な例により素人の頭にもイメージを沸きやすく展開されている。
 もちろん、実際に数式を解き、物理学に精通しないと本当の理解はできないであろうが、宇宙論にかかる理論がそんなに怖いものではないことがよくわかる。
 この本のおかげでもっと宇宙関係の書籍を読んでみようという勇気がついた。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー