エル・スール HDマスター [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,900
20pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: 麻布セール本舗
カートに入れる
¥ 2,979
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: green land
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エル・スール HDマスター [DVD]

5つ星のうち 4.7 38件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,880 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,224 (30%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、雪加書店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • エル・スール HDマスター [DVD]
  • +
  • ミツバチのささやき HDマスター [DVD]
  • +
  • サクリファイス 【DVD】
総額: ¥9,230
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: オメロ・アントヌッティ、ソンソレス・アラングーレン、イシアル・ボリャン、ロラ・カルドナ、ラファエラ・アパリシオ、オーロール・クレマン、マリア・カロ、フランシスコ・メリノ
  • 監督: ビクトル・エリセ
  • 形式: Color, Subtitled, Widescreen
  • 言語: スペイン語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: IVC,Ltd.(VC)(D)
  • 発売日 2015/06/19
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 38件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00VRGXLU2
  • JAN: 4933672246031
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,862位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『ミツバチのささやき』から10年。ビクトル・エリセ監督の長編第二作。監督自らが監修したHDマスターを使用。

【内容】
1957年、秋。ある朝、少女エストレリャは目覚めると、枕の下に父アグスティンの振り子を見つける。エストレリャは父が死んだことを悟る。彼女は回想する。内戦下のスペイン、<南>の町から<北>の地へと引っ越す家族。8歳のエストレリャが過ごした“かもめの家”での暮らしが語られる…。父アグスティンを演じるのはスペインの名優、オメロ・アントヌッティ。

【作品情報】
監督:ビクトル・エリセ
監督:ビクトル・エリセ/製作:エリアス・ケレヘタ/原作:アデライダ・ガルシア=モラレス/脚本:ビクトル・エリセ/撮影:ホセ=ルイス・アルカイネ
出演:オメロ・アントヌッティ、ソンソレス・アラングーレン、イシアル・ボリャン、ロラ・カルドナ、ラファエラ・アパリシオ、オーロール・クレマン、マリア・カロ、フランシスコ・メリノ

【スペック】
製作国:スペイン、95分(予定)、カラー、日本語字幕、スペイン語音声、製作年:1983年
封入リーフレット(映画評論家・遠山純生氏による解説文他収録/予定)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ビクトル・エリセの長編第2作。1957年、秋。ある朝、少女・エストレリャは目覚めると枕の下から父・エストレリャの振り子を見つけ、父が死んだことを悟る。彼女は内戦下のスペインを、南の町から北の地へと引っ越して行く家族の姿を回想する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
20年ぐらい前に初めて見たときには、娘の繊細なまなざしに感情移入して、父の秘密を知ってしまい、大人の世界を覗いてしまったドキドキ感や父も恋をする一人の男だったのだ、と気づいてしまった複雑で切ない主人公の気持ちに痛いほど感動しました。父親を映画館に探しにいくシーンには胸が締めつけられます。
数年前に娘が生まれ、最近この映画を見直したとき、断ち切れない過去の愛情を引きずる父親の気持ちに感情移入していました。そして娘に注ぐ静かで暖かいまなざしに感動しました。レストランでの父と娘のシーンは何度見ても泣けてきます。
この映画を毎年1回は見ていてすでに20回以上見ていますが、一向にこの映画の魅力が衰える事はありません。
この映画の背景になっているスペインのムヅカしい事情は一切分かりませんが、父娘の繊細で切ない関係がすばらしく、一生つきあっていきたい映画です。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
△「小さかった頃にお父さんのことが分かっていたかい?」と父は娘に静かに語りかけます。大好きな父。自分を宝物のように大切にしてくれた父。だがその父の真の姿を知るには少女エストレージャ(スペイン語で「星」)はまだ幼すぎたようです。

 突然姿を消した父には悲しい過去があったようだ。あの長距離電話は誰に対して何の目的でかけられたものなのか。父が書いた手紙の相手は誰なのか。父と祖父との間の確執とは一体いかなるものだったのか。父が自分の初聖体拝受の日に教会の後ろで見守ったのはなぜなのか。そんな数々の疑問に対してこの映画は明確な答を与えることなく幕をとじます。あまりにも唐突な幕切れかもしれません。

 エストレージャは父にまつわる多くの謎を、この映画の後日談となる「南(エル・スール)」での新生活の中で明らかにしていくことでしょう。父の真の姿を探す中で必ずや彼女が目にするのは内戦が引き裂いた人々の絆のはずです。身をもって祖国の悲しい歴史を学ぶ中で、少女は大人になっていくわけです。
 大人への階段は痛みを伴うものであることを、この映画を見る者の多くは思い出すことでしょう。自分自身の成長の物語に照らしながら。

△父親の乳母であるミラグロスの話すスペイン語についてエストレージャが「話し方が違う」と言う場面があります。耳をすますとミ
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
現在(2008年1月16日)、中古市場で34,800円などという途方も無い価格になっています。
発売元の人たちは知っているのでしょうか。
各レビューを見ると名作との評価が多い作品です。
「どうせ、一部のマニアの作品だから」、「商業ベースに乗らないから」。そういう理由で発売をしないとしたら、情けないことです。
映画は文化です。「優れた作品を、多くの人たちに。」そういう気概を持ってもらいたいものです。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
公開当時も語り草になった秀逸なカメラワーク。これだけでも素晴らしいのですが、色彩、画格、台詞、構成、役者、どれをとっても本当に素晴らしい映画です。
父と娘の物語として単純に見ることもできますが、スペインの近代といえば人民戦線とその敗北、フランコの軍事独裁政権です。「ミツバチのささやき」同様、重く横たわるのはこの事実。どうして父は南へ行けなかったのか、祖父と確執があったのか、かつての同志への思慕が残ったのか、鑑賞後でもよいので背景はちょっと調べた方がよいと思います。その方が物語の奥行きの深さを感じることができ、二度おいしいですよ。

公開時は高校生。関西初公開だわ「ミツバチ」と二本立てだわで、小さな劇場は大盛況。立ち見をするはめになりました。しんどいなあと思いながらものめりこみ、親というものはいちばん身近な謎の人だな、と考えたものです。生まれた時から親ですから、彼らに青春時代があったなんてあまり実感がわきません。
当時、人民戦線の知識はなかったのですが、パンフレット等を読み、興味を持つきっかけになりました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
スペイン北部に住む父と母そして少女、この少女が父親との思い出を語りながら少女から女性に成長していく様を描いていく。
そしてスペイン内戦からその後の社会が人にどのように影響を及ぼしているかをも浮き彫りにする。
それだけでも素晴らしいが、なんといっても秀逸なのは映像。
光と影の絶妙な使い方、セピア色を基調としたどっしりと落ち着いた質感、なんとも独特の時間感覚を生む編集、こういうもので言葉というストーリー展開以上の何か、観客に想像と言う楽しみを植え付けてくれる作品でしょう。
主体は映像、最小限の言葉だけで綴られた映画だ。
絵画的といってもいいかな。
すぐにでももう一度観たくなるような感性研ぎ澄まされた美がここには存在していると思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す