エルム街の悪夢2~フレディーの復讐~ [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エルム街の悪夢2~フレディーの復讐~ [DVD]

5つ星のうち 2.8 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,250 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,854 (70%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、星乃堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 900より 中古品の出品:10¥ 225より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でエルム街の悪夢2/フレディの復讐 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • エルム街の悪夢2~フレディーの復讐~ [DVD]
  • +
  • エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア スペシャル・エディション [DVD]
総額: ¥3,619
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マーク・パットン
  • 監督: ジャック・ショルダー
  • 形式: Color, Mono
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 1998/09/25
  • 時間: 86 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005G0LW
  • EAN: 4949478081097
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 239,847位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   前作から5年後の物語。女子高生ナンシーが死んだエルム街1428番の家に、ウェルシュ一家が引っ越してきた。やがて17歳の長男ジェシーは、夜ごと不気味な夢に悩まされるようになる。夢の世界に現われる、謎の殺人鬼フレディ。右手に光る不気味な鉄爪と、醜く焼けただれた顔のフレディが、なにも知らずに引っ越してきたジェシーを恐怖に陥れる。そんなある日、1冊の日記帳を発見する…。
   日本中に「ナイトメア・ホラー」ブームを巻き起こした『エルム街の悪夢』を、さらにパワーアップさせた第2弾である。監督は、快作『ヒドゥン』を放ったジャック・ショルダー。ロバート・イングランドが当たり役フレディに扮し、懐かしいクルー・ギャラガーとホープ・ラングが特別出演している。
   どの作品を見ても確かなレベルに達している、貴重なホラーシリーズだ。(アルジオン北村)

レビュー

大ヒットスリラーの続編。エルム街に引っ越してきたジェシーは、前の住人ナンシーの日記を見つけるが…。監督は、『ヒドゥン』のJ・ショルダー。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

監督: ジャック・ショルダー
脚本: デヴィッド・チャスキン
撮影: ジャック・ヘイトキン
出演: マーク・パットン/キム・マイヤーズ/ロバート・ラスラー/ロバート・イングランド
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
どうしてこうなった…? 本作を観終えたほとんどの方がこう思うであろう、「エルム街の悪夢」シリーズの黒歴史である。

前作「エルム街の悪夢」のヒットを受けて製作されたに違いない作品。製作サイドも単なる前作の焼き直しではいけないと思ったのか、色々と新しい要素を加えてみたは良いものの、その全てが裏目に出てしまい、その結果は想像以上の出来となった。前作の監督ウェス・クレイヴンやナンシー役のヘザー・ランゲンカンプ、フレディ役のロバート・イングランドを含め「最後まで観たか覚えていない」「残念だった」など酷評されたのも納得の内容。

私が微妙と思う部分を挙げると以下の通りになる。
1.主人公が男。少女がフレディに戦いを挑むという前作の肝の部分を真っ向から否定。しかもキャラクターが全く冴えない。それにプラスアルファとしてヒロインが不細工。
2.フレディの目的が主人公ジェシーの身体の乗っ取りにシフトチェンジ。現実世界に現れたらただの変態のはずだが…。何故か様々な超常現象を巻き起こしたり人面犬を召喚したりする。おかげで「エルム街の悪夢」独自の夢の中の殺戮という要素が無くなり普通のホラー映画になってしまった。恐怖感も大幅減。
3.微妙に持ち込まれた同性愛描写。公開当時、アメリカではゲイ映画とも称されたらしい。主人公がナヨナヨしたタイプ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
殺人鬼ではなく「狂人」の恐怖を描いたサイコホラー「ジャンク・イン・ザ・ダーク」。
問答無用の傑作「ヒドゥン」。
TVムービーの佳作「ラスト・カウントダウン/大統領の選択」。
異色のSF作品「タイムアクセル12:01」。

それらは全て、本作の監督ジャック・ショルダーが手掛けた作品です。
全部大好きです。

そんなワケですから、本作も贔屓目に評価したいのですが・・・。

本作のフレディは前作のような「夢魔」ではなく、
「怨霊」や「亡霊」であるかのように描かれています。

かつてナンシーが暮らしていた家に引っ越してきた、
本作の主人公であるジェシーの家族。
その家に巣くっていたフレディの怨霊が、ジェシーに憑依し、
精神ばかりか、果ては肉体をも支配してしまい、
ついには実体となって現実世界で大暴れします。

正直、別にフレディが登場しなくても成り立ちそうなストーリーだと思います。
ジャンル的には「狼男映画」のバリエーションに近いかもしれません。

フレディのキャラクターが、前作同様、
残忍でクールなサイコキラーのままなのは良いんですが・・・。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
確かに、ストーリーはダメなんだけど、フレディが恐怖心の幻影であり、恐怖心を克服すればフレディは何も出来ない事をちゃんと描いてるんですよね。
これ以降、その点が薄れてたり、描かれなかったりします。
そう言う意味では、評価できます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
フレディに乗っ取られた事で、夢でも現実でもフレディの悪夢に襲われ、何度も人殺しをさせられてしまうという設定は、より逃げ場のないスリリング性を強めるには良いと思います。
健気に主人公を想うヒロインの存在も、個人的にはお気に入りです(笑)。ラブシーンもちょっぴりエロいですwww(AVと比べれば大した事ないでしょうけど……)

ただ、エルム街の悪夢の怖さって、誰にも助けてもらえず、回避のしようもない「眠りの世界」で襲われるのがミソだと思うんですが……そう考えると今作は、現実世界で暴れる描写ばかりで、悪夢の世界における恐怖は皆無になってしまってるのは否めません……。
思うに、やはりメインの舞台は夢の中にして、現実の悪夢(フレディに乗っ取られてる事を匂わす描写)はスパイス程度にチラチラ出すって形にした方が、まだ酷評の嵐を浴びずに済んだのではないかと思います。

良い意味でホラー描写ですっ飛ばしまくってた前作と比べると、日常描写が長くなってて、少々中だるみしてしまう感もあります。
そして、ラストのオチはどうも理不尽で意味不明に思えます。とにかく怖い雰囲気にしたかったから、そうした……という、製作者の趣味で持ってってしまってるような気がします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック