中古品
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 てろーさ@
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に少スレ・少シワあり。ページは使用感少なく、きれいな状態です。丁寧に梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


エリック・サティ (白水Uブックス) 新書 – 2004/5/1

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 7,802 ¥ 282
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

天才か奇人か? とかく誤解されがちなサティを生涯と作品の両面から解き明かした評伝。ピカソ、ピカビア、コクトーたちとの共同作業も丹念に辿られ、当時のパリの精神的雰囲気の証言でもある。

出版社からのコメント

 エリック・サティは、19世紀末から20世紀の前半にかけてめざましい開花をみせたフランス近代音楽の流れのなかで特異な位置を占めた存在であった。『ジムノペディ』や『グノシエンヌ』といった感性ゆたかで比類なきピアノ曲は大衆に愛され、コクトーの台本とピカソの舞台装置と衣装によるバレエ『パラード』ではスキャンダラスな成功を収める。その仕事は死ぬ直前まで専門家の同僚たちから冷笑の対象だったにもかかわらず、サティは生涯自らの内なるものを音で表現することを決してやめなかった。死後、サティの作品は再評価をうけ、のちにジョン・ケージをはじめ国際的な前衛運動から最も尊敬されるフランスの音楽家となる。

 本書は、こういった生涯をたどりながらも、サティの像を歴史の流れのなかで捉えるというやり方から離れ、サティの作品を作曲年代順に丹念に分析し、サティに対する評価の微妙なかげりと再評価された賛仰の念との間の横ゆれとでもいったものを、当時の資料に照らしあわせながら、この音楽家の生涯と創造の真実を改めて掘り起こしている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 226ページ
  • 出版社: 白水社 (2004/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560073716
  • ISBN-13: 978-4560073711
  • 発売日: 2004/5/1
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 749,947位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件中1 - 3件目のレビューを表示

2011年1月6日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年2月21日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年5月14日
形式: 新書
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告