この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エリザとエリック [DVD]

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 6,000より 中古品の出品:1¥ 5,890より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: ミリアム・ダヴィッド, ガエル・スガン, ドミニク・グールド, アリエル・ドンバール, クロード・シャブロル
  • 監督: ヴィルジニー・テヴネ
  • 製作者: クロード=エリック・ポワルー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 1999/02/25
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005G0O9
  • JAN: 4949478082063
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 170,860位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

母親を亡くし、パリのアパートで暮らす二人の姉弟の奇妙な共同生活を描いた異色青春ドラマ。ミリアム・ダビッド、ガエル・スガンほか出演。

レビュー

ネオ・ヌーベルヴァーグの旗手、ヴィルジニー・テヴネ監督のドキュメンタリー。エリザとエリックという美しい姉弟の、パリでの孤ドイツな生活を描いた異色作。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作: クロード・エリック・ポワロー
監督・脚本: ヴィルジニー・デヴネ
撮影: パスカル・マルティ
音楽: アンドレ・ドゥメ
出演: ミリアム・ダヴィッド/ガエル・スガン/ルドウィック・アンリ/ドミニク・グールド/アンドレ・プットマン/フリケット・テヴネ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

封切り当時、これはコクトーの小説「恐るべき子供達」現代版と思い、何度か観に行きました。
(この小説を かつて萩尾望都がこれ以上ないほど過不足なく見事に漫画化したのも名作なのでお勧めしておきます)

親から見捨てられた捨て子のようなの姉弟の、近親相姦的な愛が根底にうっすらと流れているのですが 
二人きりの世界が成長とともに少しずつ他人の介入などによって崩れ変化してしまう。
変化を受け入れ、姉から自立しゆく弟と自分のアイデンティティが喪失し文字どおりこの世から消えてしまう姉の対比。
姉妹を演じた二人は他人のそら似で顔立ちも たよりなげでつかみどころのない夢の中に居る様な雰囲気もよく似ています。
この後、俳優を続けているのでしょうか。
パイプオルガンのテーマ曲が気に入ってサントラを購入しました。
フォーレの歌曲のはかない感じが映画の雰囲気をよく表しています。

引きこもった姉弟が仮装して写真を撮って遊ぶところがちょっと、ピエールとジルみたいで面白いです。
私も10代の時、似たような事をして遊んでおりましたので共感を覚えました。
こういう細部のディティールに女性監督らしさが現れているといいましょうか。
フランス趣味というかフランス好きの女性なら、ピンと
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず美しい思春期の姉弟の共同生活というあたりからして、この映画の性別不明瞭性を象徴するスタートである。新たに構築される人間関係の中で二人の近親相姦的な感情に微妙にズレが生じ始め、クライマックスではエリザは愛するフィアンセと弟の両方を同時に失う。その影にはどうやら同性愛の匂いが。全篇を通してモノセクシュアルな雰囲気が一貫して流れている。母親の形見のカメラでいろいろな写真を撮影するくだりが楽しい。異色だが、お洒落な映画でもある。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告