通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エリア別だから流れがつながる 世界史 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 300 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 概ね良好です。通常、発送後1-3営業日でのお届けになります(日、祝を除く)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

エリア別だから流れがつながる 世界史 単行本 – 2017/8/21

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,167

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エリア別だから流れがつながる 世界史
  • +
  • 「世界史」で読み解けば日本史がわかる
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 68pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

オールカラーのMAP×写真×図解で世界史を立体的にとらえ、
現代社会への理解を深めるための本。
文明の起こりからISやトランプも完全カバー!
東アジア/ヨーロッパ/イスラーム……など
エリア別の章立てだから流れがよくわかる。
学び直したい社会人や学生に。


はじめに
もくじ
地図で見る人類史――時代を動かした出来事――

【第1章】文明の興り
●700万年前に誕生した人類はどのように文明を築いたのか
●民族が入り乱れたメソポタミアで生まれた現在にもつながる文化
●2500年もの長きにわたってエジプトが繁栄を続けた理由とは
●統一されるオリエント世界と苦難の道が生んだユダヤ教
●紀元前のインドで発展した二つの宗教とカースト制度
●黄河に芽生えた中国発の王朝は占いや祭祀で統治する王国だった
●世界が近代へと向かい16世紀にアメリカ大国は制服された

【第2章】中国と東アジア史
――中国と東アジア史エリアマップ――
●各国が雄を競う春秋戦国時代に思想や農業も発展を遂げた
●始皇帝が最初の中国統一王朝秦を築くことができた理由
●漢王朝の政治システムが中国の統治機構の原型となった
●武将が活躍する三国時代は庶民には苦難の時代だった
●動乱を経て到来した南北朝時代に仏教と貴族文化が広まる
●中央アジアまで進出した大帝国唐の発展と衰退
●南宋と金の間で結ばれた知議がもたらした繁栄
●世界帝国となったモンゴル帝国は東西交易ネットの掌握を狙った
●領土を拡大させたフビライ=ハンは海のモンゴル帝国を目指した
●明王朝の永楽帝が推し進めた鄭和の大遠征は何を意味したか
●なぜ豊臣秀吉は朝鮮半島に大軍を派兵したのか
●満州族の清が中国を統一し2億人もの漢人を支配した
ほか

【第3章】ヨーロッパ史
――ヨーロッパ史エリアマップ――
●都市国家ポリスが繁栄しアテネに民主政が敷かれた
●大王の死とともに瓦解した古代世界屈指の大帝国
●幾度も危機を迎えながら地中海の覇者となる
●ローマ帝国を衰亡へと導いたゲルマン人の大移動
●ローマ教皇から西ローマ帝国の冠を授けられたカール大帝
●ビザンツ帝国の滅亡後に東ローマを継承した意外な国
●封建社会の中で権威を高めた教会が政治的権力をもつようになった
●なぜスペインやポルトガルは海へと乗り出したか
●ルターによる宗教改革はなぜドイツから始まったのか
●絶対王政の君主たちは現代の国家に何を残したのか
●なぜ太陽の沈まぬ国スペインはイギリスに敗れて没落したのか
●ピューリタン革命と名誉革命はなぜイギリスで起こったのか
ほか

【第4章】イスラームと西アジア・インド史
――イスラームと西アジア・インド史エリカマップ――
●アラブ帝国が発展した背景にはイスラーム教があった
●ウマイヤ朝とアッバース朝二つの王朝と運命を分けた税制度
●ヨーロッパによる十字軍遠征はイスラーム世界にどう影響したか
●オスマン帝国はどのように国を広げて安定させたのか
●なぜヒンドゥー教徒の多い地域にイスラーム教国が成立したのか
●なぜ巨大なムガル帝国がイギリスの植民地になったのか
●強大だったオスマン帝国はどうして衰退してしまったのか
●イギリスの傲慢外交に振り回されるイスラーム世界
●西アジア地域を独立に駆り立てた理由とは何だったのか
●インド人の闘争が自治から独立へと移行したのはなぜか
●迫害を受け続けてきたユダヤ人が安住の地として求めたイスラエル
●ユダヤ人国家イスラエルの独立はアラブ諸国との戦争を引き起こした
ほか

【第5章】アメリカ合衆国と南北アメリカ史
――アメリカ合衆国と南北アメリカ史エリアマップ――
●大航海時代を先導するスペインはアメリカ大陸へ侵略の手を伸ばした
●なぜアメリカはイギリスからの独立を望んだのか
●西武開拓が始まり経済的自立を果たすと民主主義や孤立主義が進んだ
●農業の南部と商工業の北部が奴隷制をめぐって南北戦争を起こす
●孤立主義の下でアメリカは第一次世界大戦に参戦した
●提唱国のアメリカを欠くなど問題を残し成立された国際連盟
●ニューヨークから始まった世界恐慌でとらえた不況政策
●日米間の緊張の高まりがアメリカの第二次世界大戦参戦につながった
●アメリカは戦後にとった戦略により国際社会のリーダーとなった
●あわや米ソ全面戦争となるところだった平和共存下の緊張
●東西の代理戦争になったベトナム戦争が残した傷跡
●公民権運動やベトナム反戦運動など国内運動はなぜ起きたのか
ほか

【第6章】アフリカ史
――アフリカ史エリアマップ――
●貿易で発展を遂げたアフリカには商人がイスラーム教をもたらした
●奴隷貿易の発展後列強の植民地となったアフリカ
●各地域で部族独立の気運が高まりアフリカの年には17ヵ国が独立
●民主化へ向かう中で進められた人種隔離制度の撤廃
●植民地時代の弊害と現代のアフリカが抱える課題

【終章】これからの世界と日本の課題
●世界史・日本史比較年表
●世界史用語・人名さくいん

などなど


登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/8/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023331643
  • ISBN-13: 978-4023331648
  • 発売日: 2017/8/21
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 38,209位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年9月2日
形式: 単行本
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告