中古品:
¥ 351
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.9 107件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:10¥ 2,500より 中古品の出品:36¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ローラ・リニー, トム・ウィルキンソン, ジェニファー・カーペンター
  • 監督: スコット・デリクソン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2006/07/19
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 107件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FEI4RW
  • JAN: 4547462029782
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 93,923位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   2005年9月に公開されると驚きのヒットとなった『エミリー・ローズ』は、魅惑的なホラー映画で、宗教と精神についての信念という大きな問題に取り組んだ内容だ。実話に基づくストーリーで、1976年にアンネリーゼ・ミシェルというドイツ学生が悪魔に憑依されたと信じられ、悪魔祓いを試みた最中に亡くなり、神父二名が怠慢による故殺の罪で有罪となっている話を題材にした。監督であり、ポール・ハリス・ボードマンと共同で脚本を執筆した映画製作者のスコット・デリクソンは、この事実を緊迫した法廷ドラマに仕立て、信仰の問題や悪魔つきの可能性を探っている。映画では、トム・ウィルキンソンが見事に演じるムーア神父の裁判が描かれる。小さな町のカトリックの神父であるムーアは、エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)が悪魔祓い後に死亡した事件で裁判にかけられている。エミリーは霊感の強かった大学生で悪魔に取り憑かれたと信じられていた。懐疑論者の弁護士(ローラ・リニー)はメソジスト派の検事(キャンベル・スコット)と議論を戦わせる。フラッシュバックで悪魔祓いの儀式とエミリーの死に至る究極の試練が明らかになり、カーペンターの演技があまりにも真に迫った効果をあげており、見ていると痛々しくなるほどだ。ここから、この映画は故意に曖昧となる。見る者に、超自然現象に対する自分の信念、あるいは信念が欠けている点について考えさせる。『エクソシスト』のような過激な衝撃には欠けるが、法律の文脈に疑問と信念の余地を残すことで、『エミリー・ローズ』は『エクソシスト』と同じように長く生き残っていくことを保証する深みと余韻を獲得している。(Jeff Shannon, Amazon.com)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

全米を震撼させた実話を元に、ホラーと法廷劇という異色の組み合わせで描かれた衝撃作。19歳の女子大生、エミリーは突然恐ろしい幻覚に襲われ、凄まじい痙攣を起こす。自分に何かが取り憑いていると確信した彼女は、ムーア神父の下へ駆け込むが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
悪魔に憑依された少女を死なせてしまった神父の裁判という程度にしか知らなかった私は、正直、ビクビクしながら観ました。エクソシストやポルターガイストのようなものを想像していたからです。でも、まったく違いました。夜中にひとりで観ることが出来ましたし、裁判が進んでいくにつれて、19歳という若さでこのような辛い経験をし、死ぬことになってしまったエミリーという少女の決意や、その真実を伝えようと、信仰と信念を曲げなかった神父、そして、弁護人の姿勢に感動しました。そして、迎えた最終判決には私も満足しています。悪魔が実際に存在するか否か、それは私にもわかりませんが、でも、エミリーも、家族も、エミリーのBFも、そして神父も、充分苦しみ、頑張った結果なのだということだけは伝わったのだと思いました。ホラーではありません。これはメッセージです。そういう意味で、大変興味深く、素晴らしい作品でした。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 min 投稿日 2010/1/22
形式: DVD
これはとても考えさせられる映画です。
恐怖だけを求めるなら、この映画はおすすめではありません。
DVDを買おうと思っている方、映画のみを楽しむのならノーカット版を。
実際に行われている悪魔祓いのドキュメント(?)付がデラックス・コレクターズ・エディション。
寝ながらでも手軽に楽しめるUMDもオススメです。PSPをお持ちの方はこちらでもいいかなと思います。

エミリーという少女に、恐ろしい現象が次々と襲います。
そして次第にエミリー自身の言動も、恐ろしいものに変わっていきます。
エミリーは死んでしまいますが、はたして彼女を襲ったものは悪魔によるものなのか、それとも精神病によるものなのか。

本編は、裁判がメインです。
彼女の死を、「悪魔」「精神病」の両面から冷静に追っていきます。
彼女が「悪魔に憑かれた」とされる言動は、全て医学で証明できるものでした。
しかし「悪魔はこの世にいない」というのは証明できないのです。
裁判に関わる者たちは、皆戸惑いながらもエミリーに向き合おうとします。

豹変してしまったエミリーを、最後まで支え、守ろうとした家族。
悪魔祓いの際の、家族の悲痛な顔と、エミリーの名を叫ぶ声は、とても悲しく、
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
最近、RECを見てジェニファー・カーペンターのファンになった。

やはり、彼女の演技は天下一品だと思う。
特筆すべきは、「恐怖」だ。

彼女の恐がる表情や声は、ダイレクトに響いてくる。
また、悪魔に憑依されたときも、実に悪魔らしい演技を見せてくれる。
思わず振り返って、後ろに何者かがいないか確認してしまうほどだ。
それほどまで、演技に熱がこもっているといる。

彼女の演技を見るためだけにDVDを購入したわけだが、意外にもストーリーに驚かされた。

エクソシスト的な展開がなされるかと思いきや、メインは裁判なのだ。
回想として、エミリーが悪魔に浸食されていくシーンがところどころで映し出される。
このおかげで、よりいっそう恐くなっているだろう。

そしてなにより、この映画が「実話」だということが、本当に恐ろしい……。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
まさしく”法廷サスペンス”ものであり、オカルトホラーではない。

かつて、エンターティメント性を重視しつつも、”悪魔”の存在そのものへの懐疑を全面に押し出し、秀逸の人間ドラマとして成功した”SFホラー大作”「エクソシスト」が、そうであったように、本作もまた、「エミリー・ローズ恐怖のイナバウアー」が主題ではなく、法廷という狭い空間の中で、新しいアプローチの中、繰り広げられる真摯なテーマの作品である。

弁護士として出世のみに固執し「裁判に勝てばいい」と、ある意味汚いことでもやってのける女性弁護士エリンが、ムーア神父の裁判を通じ、”正しいこと””正しい場所に立つこと”へ目覚め、荒唐無稽とも思える「悪魔祓い過失致死事件」をきっかけに成長する過程を描いききっている点は、目新しく、特筆に値する。

単純に本作を、そのまま”法廷サスペンス”として捉えれば、あまりに筋書き通りの演出で、何がなんだかさっぱりであるし、異端オカルトホラーとして捉え、悪魔憑きのシーンにばかり目がいくと、驚異のメイクアップがあるわけでも最新VFXが活躍するわけでもなく、物足りない。が、”悪魔”の存在について争われているという、ある意味、特異な裁判であることを考慮すれば、この平々凡々とした演出のおかげで、事件そのものを、まさしく観客が陪審員の一員として、原告(国民
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す