エミュア『ルック・アット・ユアセルフ』【CD(日本... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

エミュア『ルック・アット・ユアセルフ』【CD(日本語解説書封入)】

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,700 通常配送無料 詳細
ポイント: 270pt  (10%)  詳細はこちら
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 2,340より 中古品の出品:3¥ 2,550より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の エミュア ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • エミュア『ルック・アット・ユアセルフ』【CD(日本語解説書封入)】
  • +
  • ヴェノマス
  • +
  • ムーンループ『ディヴォーション』【CD(日本盤限定ボーナストラック2曲収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き)】
総額: ¥7,992
ポイントの合計: 350pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2017/3/10)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワードレコーズ
  • 収録時間: 32 分
  • ASIN: B01N14K4MN
  • JAN: 4562387202829
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 107,128位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
1:32
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
2
30
3:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
3
30
2:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
4
30
2:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
5
30
3:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
6
30
2:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
7
30
3:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
8
30
2:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
9
30
1:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
10
30
2:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
11
30
2:32
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
12
30
1:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
13
30
3:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 

商品の説明

内容紹介

エミュアの新章がいま開かれる! ニューヨーク市クイーンズ区を拠点に活動しているデスコア+ラップメタルバンド、最新作『ルック・アット・ユアセルフ』でついに日本デビュー!

2013年5月には初来日し東名阪でのツアーを実現させるなど、日本においても知る人ぞ知る存在だったエミュア。いま、アメリカではメタルコア/デスコアにニューメタルをクロスオーバーさせるシーンが確実に成長を続けている。このシーンの先駆者であるATTILAと肩を並べる程の勢いを誇るのがエミュアだ。現代のヘヴィネスを代表するメタルコア、デスコアに、SlipknoTの混沌世界、KoRnが持つ深い苦悩、そしてLimp Bizkitが放出する怒りとヒップホップ・ビート、その全ての遺伝子を受け継いでいる。

さらに“Vans Warped Tour"、 “Rockstar Mayhem"、そして “Ozzfest meets Knotfest"といった世界的なメタルフェス。さらにFIVE FINGER DEATH PUNCH、KILLSWITCH ENGAGE、AUGUST BURNS RED、PARKWAY DRIVEなどといった猛者たちとのツアーも経験済みである。ファン・ベースを地道に着実に積み上げていった結果、前作のチャート記録は全米TOP50目前まで迫るなど、いま最も期待されているメタルコア/デスコア・バンドにまで成長を遂げている。

エミュアといえば前作『Eternal Enemies』(2014年4月)発表後、2015年9月に予定されていた来日公演がヴォーカル、フランキーの喉の不調により直前になってキャンセル、さらにフランキー以外4人全てのメンバーがバンドを去るといった非常事態が発生していた。現在のエミュアはフランキーの他に、元Glass Cloudのジョシュア・トラヴィス(ギター)とジョシュ・ミラー(ドラムス)、そしてTHE TONY DANZA TAPDANCE EXTRAVAGANZA でもプレイしていたフィル・ロケット(ベース)という実力者たちが新メンバーとして加入しており、2016年春からライヴ活動を本格再開。2016年10月には、ATTILAの“THE CHAOS TOUR"にChelsea Grin、Sylarという強力ラインナップと帯同。

さらに同時期には今作に収録されている「トーチ」、「ロシアン・ホテル・アフターマス」をWebで先行公開。これまで以上に高いテンションの楽曲、多彩なテクニックと情念宿るフランキーのヴォーカルがガッツリと絡み合いながら巨大音塊となり襲いかかってくる2曲は、ファンの不安を期待へとシフトチェンジさせるに十分なチカラをもっている!

新生エミュアの新作はメンバーが変わろうとも全く軸にブレはない。作品全体に立ち込める不穏な空気感と張り詰めた緊張感、さらにとてつもない熱量には、脱退したメンバーが居なくても俺にはこれだけのモノができるんだ! というフランキーの意地がひしひしと伝わってくる。

シンプルすぎるアートワーク、そしてグロテスクな写真と意味深なメッセージを表示したスクリーンショットなど、これまでのエミュアとは違う世界観にも注目だ。2017年1月から予定されていたUK、ヨーロッパ・ツアー参加を断念して完成にこぎつけた妥協なき『ルック・アット・ユアセルフ』、日本デビューに相応しい内容である。

ちなみに今作からバンドはVictory Recordsを離れ、話題の新レーベル=Sharptone Recordsと契約を結んでいる。Sharptone Records は欧州最大のメタル・レーベル"Nuclear Blast"のCEOであるMarkus Staigerと、PERIPHERY、Asking Alexandriaなどが所属する米国のSumerian Records元副社長のShawn Keithが共同設立したレーベルだ。昨年の時点でWE CAME AS ROMANS、ATTILA、MISS MAY I、LOATHE、DON BROCO、WORLD WAR MEが所属契約を果たしており、ATTILAが2016年11月に『CHAOS』をリリースしたことでも知られている。【日本語解説書封入】

【メンバー】
フランキー・パルメリ(ヴォーカル)
ジョシュア・トラヴィス(ギター)
フィル・ロケット(ベース)
ジョシュ・ミラー(ドラムス)


【収録予定曲】
01. ユー・アスクド・フォー・イット
02. シンジュク・マスターロード
03. スモーキー
04. ナチュラル・ボーン・キラー
05. フラッグ・オブ・ザ・ビースト
06. アイス・マン・コンフェッションズ
07. ロシアン・ホテル・アフターマス
08. コール・ミー・ニニブ
09. メジャー・キー・アラート
10. タートル・イン・ア・ヘア・マシーン
11. トーチ
12. デレリクト
13. グッチ・プリズン

メディア掲載レビューほか

エミュアの新章がいま開かれる!ニューヨーク市クイーンズ区を拠点に活動しているデスコア+ラップメタルバンド、エミュアが『ルック・アット・ユアセルフ』でついに日本デビュー! (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
アメリカはコネチカット州で2003年に結成されたメタルコア/ニューメタルバンド、EMMUREが2017年にリリースした7thアルバム。
本作で初の国内盤リリースとなった。最初のEPから11年目にしてついに日本デビューだ。おめでとうFrankie。

EMMUREはメンバー間のいざこざがあって2015年にバンドメンバーがVo.であるFrankie Palmeriに愛想を尽かすような形で全員脱退、バンドの存続も危ぶまれる最悪の状態になってしまったが彼はめげずにGLASS CLOUDのGt.であるJoshua Travisをはじめ強力なメンバーを揃えてシーンに復帰した。調べてわかったのだが楽器隊は全員GLASS CLOUDのメンバーのようだ。

本作では、4th~6thまでのプロデュースを担当していたJoey Sturgisから離れ、新進気鋭のWzrd BldことDrew Fulkが手がけている。レーベルも長らく所属していたVictory RecordsからSharpTorn Recordsに移った。
余談だがJoeyのプロデュースを離れ、SharpTornへ移籍という流れはメタルコア/ニューメタルバンドであるATTILAも同じで新作リリースのタイミングも近い。カッチカチに整えられた作風からより生々しい作品にしたいという気運が高
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告