中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エマ (3) (Beam comix) コミックス – 2003/11/25

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

エマ 3 (ビームコミックス)
¥ 670
在庫あり。
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

月刊コミックビーム連載作品、人気沸騰の単行本第3巻! 貴族ウィリアムとメイドのエマ、かなわぬ恋と知り、ロンドンを去ったふたりは、それぞれの階級から緩やかに時代を変えていく……。19世紀末、華やかなりし英国ヴィクトリア朝を舞台にした、伝統と革新のブリティッシュロマンス!!


登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2003/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757716427
  • ISBN-13: 978-4757716421
  • 発売日: 2003/11/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/5/27
形式: コミック
3巻では、ロンドンを出た後、大きなお屋敷で働き始めたエマが描かれます。
これまでもエマの魅力は作中で描かれてきてはいたのですが、ケリー先生やウィリアムといった身内のような人たちを除いては、上の階級や異性からの、思いこみや色眼鏡めいた一方的な評価が多数をしめていたわけです。
が、これまでの限られた世界から出て、新たにメイドや使用人、同世代、同性、そして異国からの移住者という、立場も出身も考え方も異なる大勢の人々のなかで暮らすエマ。ここにきて改めて、使用人仲間や、既成概念にとらわれていない上流階級の年上の女性から見ても、彼女が十分に有能であり魅力的な女性であることが丁寧に描かれていきます。
周りからは、何かわけありに違いない、と思われてはいますが、それとは別に彼女の能力と人柄は認める使用人たちの気質も嬉しいお屋敷です。
ついでに、エマの資質を見抜いてここまで鍛え上げたのは故ケリー先生ですから、先生の教育者としての素晴らしさも実感。
めったに表に出さない彼女のウィリアムへの想いが、実は簡単には忘れられない深いものであったことが垣間見える印象的なエピソードもあり、理想然として遠い存在だった彼女のことが、身近に感じられるとともに応援したくなりました。
エマとの仲を家族中から否定されたウィリアムも、上流階級という壁に人生をかけた長期戦
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ウィリアムとエマが同じイギリスにいるのに全く違う空間を生きているという描写が延々と続きます。
忘れようとする2人の苦悩と逃げられない日常。
時代・場所は違えど、純愛ドラマは変わりありませんね。
色々な複線をはっているようなので、次の巻あたり物語が動きそうです。
期待できます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ロンドンを出て、新しい生活を始めるエマ。
やっぱりまたメイドさん。
エマはできる人だよね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/8
形式: コミック
 3巻では「なんでこうなるの!?」と絶叫しながら読む場面が何処かにある(笑) これがまたエマとウィリアムの関係に壁を作ってしまうのかと不安になるのですが、作者は読者をハラハラさせる事に喜びを感じるのでしょうね(笑) そう、こうやってどんどんはまっていくのでしょう。
 エマが新しい勤め先のお屋敷でのカルチャーショック的なものは、ドラマ「おしん」でおしんの二度目の奉公先でのカルチャーショックに似てるかも・・・・ 本当余談です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
新しいお屋敷のメイドの名前にアデーレとイーダ。これってオペレッタの「こうもり」の登場人物?と思ったらやはり作者はヴィクトリアン・ガイドに「こうもり」が好きと書いてました。メイド長のアデーレさん、きりっとして好きです。この巻では、セリフの噴出しの形に注意してください。映画やアニメだと簡単に表現できることもマンガだといろいろ工夫が必要です。恥ずかしい話ですが、最初読んだとき、この形の違いに気づきませんでした。だから19話でエマが気づいて初めてわかったときちょっとびっくり。気がついてからもう1度読み返すと、セリフ回しに深みがわきました。奥様も旦那様もヴィークさんもアデーレさんもハンスさんも・・・だったのですね。ターシャがあまりにも能天気だったためそのことに気がつきにくいようにした作者の演出力に感服。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告