通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エマニエル夫人 (二見文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★帯なしです。★表紙に、スレ等若干の使用感が見られます。★中身は、書き込みや破れ等もなく、状態良好です。★発行年等により、表紙がアマゾンイメージと異なる場合があります。★ご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。★ご注文後、防水のためクリスタルパックにて梱包し、ゆうメールにて迅速に発送いたします。★Amazon専用在庫ですので、ご安心してお買い求めください。☆コンビニ決済可能。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

エマニエル夫人 (二見文庫) 文庫 – 2006/8/25

5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 895
¥ 895 ¥ 542

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。10/31まで


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エマニエル夫人 (二見文庫)
  • +
  • O嬢の物語 (河出文庫)
総額: ¥1,500
ポイントの合計: 47pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

20世紀官能文学の最高傑作 !
性の悦びとは、エロチズムとは ?
エマニエル夫人の官能は花開き、昇華していく。
あまりにも官能的で大胆な現代の抒情詩 !

パリから夫の待つバンコックへ向かう飛行機内の隣席の男とのひそやかなセックス。
また、ギリシャ彫刻のような逞しい男とのめくるめくような快楽。
バンコックの自宅に招いたマリー・アンヌの自慰を目にし、みずからも自慰するエマニエル。
やがて、マリー・アンヌの自宅で会ったアメリカ人のビーと、女同士の愛に耽るようになる。
イタリア人の侯爵マリオによってエロチシズムの3法則 「 異常であること 」 「 不均衡の必要性 」 「 数の法則 」 を教えられ 、
エマニエルは性の不可思議な世界へと迷い込んでいく……。
発表当時、その強烈な描写と衝撃的な性哲学が世界じゅうの話題をさらった傑作 !

内容(「BOOK」データベースより)

パリから夫の待つバンコックへの機内での2人の男との異常なセックス。また、バンコックでの女同士の愛やイタリア人侯爵との性問答で、エマニエルの官能は花開き、昇華していく。発表当時、その強烈な描写と衝撃的な性哲学が世界じゅうの話題をさらった傑作。


登録情報

  • 文庫: 358ページ
  • 出版社: 二見書房 (2006/8/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4576061313
  • ISBN-13: 978-4576061313
  • 発売日: 2006/8/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,868位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
映像の方のを先に観たからなのかな?映画ほどのインパクトは無かったです。

本の方は書かれた年代もあるし国民性もあるから一概に、どう とは言えないけど、小さな個人的な事を御大層に大きく言っているなと、日本人なら個人的に仲間を作って密かに楽しんだりして済むような事を、人間なんだからこうあらねばならない!!みたいな、世間に広めようとでもしているかのように感じました。
感じましたと言っても、何だか着いて行けなくて他の本を読むので中断中だけど。

この作品は映像の方が理解はしやすいのかも?死んじゃったけどシルビア・クリステルの魅力勝ちって所かな?

チャタレイ夫人の恋人の方は圧倒的に書籍の方が良かったから興味がある方はそちらをどうぞ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/16
形式: 単行本
夫人が様々な出会いから性の喜びに目覚めて行く様を描いた有名な官能文学です。
名前だけは知っていたのでどんなものかと思い読んでみたのですが、これはどちらかというと思想書なのかもしれません。とにかく長セリフが多く、登場人物はひたすらエロチシズムとはなにかという哲学を語りまくります。
常識の枠に縛られない奔放なものではありますが(人によっては背徳的に映るでしょう)、全編にわたってしつこいくらい非凡な性行為の崇高さを語らせすぎているので、読んでいて書き手との温度差を感じました。エロってそんな大層なものなんかなあ、と。
それが駄目だと作者は言ってるんですけどね。
我こそはエロの求道者なり、という方は読んでみても良いかもしれません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一八世紀末の以来のフランスの洗練エロ小説。映画もいいけれど、文字だと余計に想像力をかきたてられる。むっつりエッチ向きの本。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック